ニュース
» 2010年10月05日 12時17分 UPDATE

NVIDIA、“Fermi”ベースQuadroのラインアップにミドルレンジモデル「Quadro2000」を追加

NVIDIAは、ミドルレンジ/エントリークラスモデルとなるWS向けグラフィックスカード「Quadro 2000」「Quadro 600」を発表した。

[ITmedia]

 NVIDIAはこのほど、ミドルレンジ/エントリークラスモデルとなるWS向けグラフィックスカード「Quadro 2000」「Quadro 600」を発表、本日より販売を開始する。価格はそれぞれ5万9800円/2万2800円。

photophoto Quadro 2000(左)、Quadro 600(右)

 2製品はともにFermiアーキテクチャ採用Quadro搭載グラフィックスカードの中位/下位モデル製品で、ともOpenGL 4.1およびDirectX 11に対応。CUDA数はQuadro 2000が192、Quadro 600が96。搭載メモリはそれぞれGDDR5 1Gバイト/DDR3 1Gバイトを内蔵している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう