ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「Fermi」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Fermi」に関する情報が集まったページです。

Graph500で:
スパコン「京」が1位を奪還、ビッグデータ解析能力ランキングで
富士通と理化学研究所(理研)が共同開発したスーパーコンピュータ「京(けい)」が、ビッグデータなど複雑なデータの解析処理能力を競う「Graph500」ランキングで、世界第1位を獲得した。2014年6月以来の首位となる。(2015/7/14)

一生食える「強み」のつくり方:
一生を1社、1仕事で終えるのがマイノリティになる時代
これまでプチスキルの実際の選び方や学び方などを紹介してきましたが、プチスキルをかけ算して強みをつくるにあたり、会社とどう付き合うかは重要な問題です。変化が激しい時代における「会社」との付き合い方を考えていきましょう。(2014/5/21)

新フラッグシップ「TITAN Black」も登場:
NVIDIA、Maxwell世代の最新GPU「GeForce GTX 750 Ti」を発表
NVIDIAは、Maxwellアーキテクチャを採用した初のGPU「GeForce GTX 750 Ti」および「GeForce GTX 750」を発表、メインストリーム向けに投入する。(2014/2/18)

Keplerと何が違う?:
NVIDIAの最新アーキテクチャ“Maxwell”を徹底解説
Maxwell世代初のGPU「GeForce GTX 750 Ti」が登場した。Keplerと何が違うのか。徹底解説。(2014/2/18)

NVIDIA、ビジュアルコンピューティングGPUの最上位モデル「NVIDIA Quadro K6000」
VIDIAはQuadroのフラッグシップモデルとして「Quadro K6000」とモバイル向けの「Quadro K4100M」などを発表した。(2013/7/24)

NVIDIA、Kepler世代のプロ向けグラフィックス「Quadro K4000/K2000/K2000D/K600」
NVIDIAがKeplerアーキテクチャを採用したQuadro Kシリーズ4モデルを投入。K5000に次ぐプロ向けグラフィックス製品のラインアップを拡充した。(2013/3/6)

GPU Technology Conference 2012:
「KeplerがGPUの新しい時代を切り開く」──GTC 2012基調講演
NVIDIAが開発を進めている「GPUによる仮想化」「GeForce Cloud」、そして、「Kepler II」の姿が、米国の技術会議で明らかに。その概要をまとめてチェック。(2012/5/17)

たくさんどどっと:
GeForce 600番台のバリュークラスグラフィックスカード、各ベンダーから
NVIDIAがGeForce 600番台として再利用したバリュークラスGPUを搭載するグラフィックスカードが、各PCパーツベンダーから登場した。(2012/5/16)

イマドキのイタモノ:
下位モデル? 買いモデル? ──「GeForce GTX 670」の手ごろな性能を試す
「680」「690」といった高額モデルのあとに登場したお手ごろ価格のGTX 670。GeForce GTX 670のリファレンスカードで、“チョードイイ”性能をチェックする。(2012/5/10)

ノートでゲームしようぜ!:
モンスターマシンがIvy Bridgeでさらにパワフル――「G-Tune NEXTGEAR i960」
モバイル向けでは最高峰となる「Core i7-3920XM Extreme Edition」と「GeForce GTX 675M」を搭載したモンスター級マシンが「G-Tune NEXTGEAR i960」だ。マウスコンピューターの新型は化け物かッ!!(2012/4/30)

液晶、性能、騒音をチェック:
“Z”の名を受け継ぐモンスターマシン「HP Z1 Workstation」の実力(後編)
前編に続いて、Z1のシステムパフォーマンスをチェックしていく。液晶一体型ワークステーションという、これまでに類を見ない製品だが、実際の性能はどうなのか?(2012/4/10)

オールインワン型の新ワークステーション、日本HPが発表
約10億色の表示が可能な27インチIPS液晶ディスプレイとの一体構造で、省スペースが求められる環境向けに開発されたという。(2012/4/9)

イマドキのイタモノ:
さすがカン&クリ! ブッ飛んでるね!──「GeForce GTX 680」で“Keplerの主張”を確かめる
NVIDIAが「Kepler」を採用した「GeForce GTX 680」を発表。「新世代アーキテクチャは、性能2倍で消費電力控えめ」というNVIDIAの主張は本当なのか?(2012/3/22)

KeplerでGPUが動く時代に:
大解説! 新世代GPU“Kepler”が性能2倍で省電力の理由
NVIDIAの新世代GPUアーキテクチャ“Kepler”が登場。発表当初、その急激な性能向上と消費電力削減が話題となったが、果たしてそれは実現できたのだろうか?(2012/3/22)

あの!NVIDIAが!省電力最優先!:
大解説! Ultrabookで使えるKeplerはここが偉い!
“Kepler”はノートPC向けGPUでも登場。そこで訴求するのは性能だけでない。ちょっとややこしいラインアップの紹介とともに、“もう1つ”のKeplerを解説する。(2012/3/22)

GTC Asia 2011:
「このままではエクサスケール実現にフーバーダムが必要」──NVIDIAが語る“GPUの必然性”
NVIDIAがHPCで必ず言及するエクサスケールコンピューティングについて、GTC Asiaの舞台となった北京でも、若い技術者に向けて同社のGPUが必須であると訴える。(2011/12/16)

エクサを目指せ!──「NVIDIA GTC Workshop Japan 2011」基調講演
NVIDIAが開発者向けに行うテクニカルイベントのために共同設立者が来日。エクサスケールが求められるGPUコンピューティングの未来を語った。(2011/7/22)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年6月27日〜7月3日):
なぜかランクイン、「RS-232C」増設カード──何用かは不明……
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年7月第1週版】(2011/7/12)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年6月20日〜6月26日):
直差しかWi-Fi、どちらが好み?──「iPhone用」テレビチューナーが人気
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年6月第4週版】(2011/7/5)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年6月13日〜6月19日):
AMD「Phenom II」も人気──自作PCユーザー向けのCPU売れ筋チェック
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年6月第3週版】(2011/6/28)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年6月6日〜6月12日):
「Intel Z68」マザーボードが人気、TOP10圏内に5モデル
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年6月第2週版】(2011/6/21)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年5月30日〜6月5日):
自作PCの“小いじり”、1000円台から買える「USB 3.0」増設カードはいかが?
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年6月第1週版】(2011/6/14)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年5月23日〜5月29日):
ハイクラス志向のグラフィックスカードは「GeForce GTX 560 Ti」が人気
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年5月第5週版】(2011/6/7)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年5月9日〜5月15日):
Intel Z68マザー登場で、“自作PCリプレース”需要増の傾向も
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年5月第4週版】(2011/5/31)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年5月9日〜5月15日):
Intel Z68マザーが好調、登場早々人気に
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年5月第3週版】(2011/5/24)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年4月25日〜5月8日):
「999円」のUSBワンセグチューナーがランクイン
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年5月第1、第2週版】(2011/5/17)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年4月18日〜4月24日):
連休は“自作”しましょう、AMDシステムや“省電力系”のニーズも増加
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年4月第4週版】(2011/5/6)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年4月11日〜4月17日):
「GWにPC自作」するならそろそろ準備を──CPUの売れ筋は第2世代Core iシリーズ、上位を独占
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年4月第3週版】(2011/4/25)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年4月4日〜4月10日):
人気はCore i7-2600K+Intel P67マザーの組み合わせ──自作PCパーツの売れ筋チェック
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年4月第2週版】(2011/4/18)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年3月28日〜4月3日):
CPUの売れ筋、TOP5を第2世代Core iシリーズが独占
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年4月第1週版】(2011/4/11)

ZOTAC、オーバークロックで“AMP2!”なGTX 580カード
アスクは、ZOTECのGeForce GTX 580搭載グラフィックスカード2モデルの取り扱いを開始する。(2011/4/11)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年3月21日〜3月27日):
販売再開と同時にASUS製品が急浮上──Intel 6マザーはどれが人気?
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年3月第4週版】(2011/4/4)

ゲームだけが用途じゃない!:
「GPGPU」の可能性を探る
画像処理専用の演算ユニットとして活用されてきたGPU。これまで、その主たる用途として連想されるのは、コンピュータゲームであった。しかし、「その能力の高さを、ほかの用途にも活用できるのではないか」と考えるのは自然なことだ。この「GPGPU」の具現化 /実用化に向け、ICベンダー、EDAツールベンダーらは、どのような施策を進めているのだろうか。(2011/4/1)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年3月14日〜3月20日):
再登場のIntel 6マザーが一挙浮上──ギガバイト・MSI製が人気
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年3月第3週版】(2011/3/29)

ミコッテおねえさんの、教えてあ・げ・る:
いろいろなクエストを楽しんでみよう
「ファイナルファンタジーXIV」初心者向け連載記事。第4回目は、実装されたばかりのサブクエストを中心に紹介していく。(2011/3/28)

MSIとZOTACから、GeForce GTX 590採用モデル
NVIDIAのGeForce GTX 590リリースに伴って、日本で採用モデルを投入するMSIとZOTACが製品を発表した。(2011/3/25)

イマドキのイタモノ「特別編」:
イマイタレビュー“省電力”セレクション
PCパーツレビューとなると、どうしてもパワフルなハイエンドモデルに集中してしまう。でも、こういうときは省電力パーツにも注目したい!(2011/3/25)

Fermi世代の“デュアルGPU”「GeForce GTX 590」
NVIDIAは、同社GPUラインアップの最上位モデルとなる、デュアルGPU構成の「GeForce GTX 590」を発表した。(2011/3/25)

イマドキのイタモノ:
“性能電力比”は向上したか?――GTS 450を強化した「GeForce GTX 550 Ti」を検証せよ
GeForce GTX 550 Tiが発表された。GeForce GTS 450の“500”世代でGTSからGTXとなり、さらに“Ti”となった最新ミドルレンジGPUの“効率”を計測してみよう。(2011/3/16)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年2月14日〜2月20日):
CPUの売れ筋に小変化、インテルも「Core i7-970」などで盛り返す
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年2月第3週版】(2011/2/28)

ミコッテおねえさんの、教えてあ・げ・る:
素材を集められる“ギャザラー”にチャレンジ!
「ファイナルファンタジーXIV」初心者向け連載記事。第3回目は、アイテムを集めるクラス“ギャザラー”に関してレクチャーしていく。(2011/2/28)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年2月7日〜2月13日):
Intel 6シリーズ不具合の影響続く、代わりにAMDの「Phenom II」がかなり浮上
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年2月第2週版】(2011/2/21)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年1月31日〜2月6日):
「Intel 6シリーズ不具合」の影響くっきり──CPUとマザーはランク外へ急降下
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年2月第1週版】(2011/2/15)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年1月24日〜1月30日):
通販サイトでも「この商品は現在お取り扱いできません」──Intel 6マザー“販売休止直前”の結果は?
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第5週版】(2011/2/7)

こういうときはGPUでがんばるっ:
グラフィックスカードベンダー各社から「GeForce GT 440」搭載モデル
NVIDIAが「1万円を切るFermi」となるGeForce GT 440を発表し、日本でも搭載グラフィックスカードがリリースされた。(2011/2/2)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年1月17日〜1月23日):
CPUは「Core i7-2600」、マザーは「Intel P67」──現在の自作PCパーツの売れ筋は?
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第4週版】(2011/1/31)

イマドキのイタモノ:
「GeForce GTX 560 Tiのオーバークロックモデル」は“みんなが喜ぶ”グラフィックスカードか?
NVIDIAは、1月25日にGeForce GTX 560 Tiを発表した。価格性能比でヒット製品となった「GeForce 8800 GT」の再来をねらうGPU、とNVIDIAが訴求するその実力は?(2011/1/26)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年1月10日〜1月16日):
“Sandy Bridge”旋風、今週はもっと強烈──マザーボードはすべてIntel 6シリーズ搭載製品に
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第3週版】(2011/1/24)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年1月3日〜1月9日):
“Sandy Bridge”、ホントにすごかった──「Core i7-2600K」が集計1日でいきなり首位
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第2週版】(2011/1/17)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年12月20日〜2011年1月2日):
“Sandy Bridge”待ちか、値下げ+セールの既存モデル狙いか──自作PCパーツ、年末年始の売れ筋は?
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年12月第4週、2011年1月第1週版】(2011/1/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。