ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「CUDA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Compute Unified Device Architecture

MipsologyとXilinxが協業:
FPGAで“GPU級”のAIアクセラレーター実現を目指す
AI(人工知能)ソフトウェアを手掛ける新興企業Mipsologyは2020年6月24日(米国時間)、Xilinxのデータセンター向けアクセラレーターカード「Alveo U50」に、Zebraが統合されたと発表した。(2020/7/1)

人工知能ニュース:
「Jetson Xavier NX」を組み込んだエッジAIコンピュータを発売
Aetinaは、NVIDIAの組み込みAIボード「Jetson Xavier NX」が動作するエッジAIコンピュータ「AN110-XNX」を発表した。併せて、ファンレスシャシーを備えたフルシステム「AN110-XNX-EN70」も提供する。(2020/7/1)

Linuxカーネルの自動更新も:
Microsoft、Windows 10 Insiderビルドの「WSL」でGPUコンピューティングをサポート
Microsoftは新たにリリースした「Windows 10 Insider Preview Build 20150」において、「Windows Subsystem for Linux」(WSL)に3つの改良を加えた。(2020/6/23)

PR:ボーナスも10万円も出た! テレワークもプライベートも快適に過ごせるワンランク上のPCを手に入れよう!
全国的な自粛期間を経て、改めて自宅で使っているPCが旧式でテレワークで四苦八苦し、ストリーミング配信の映像も満足に楽しめなかったという人が多いのではないだろうか。そこで、公私ともども快適なPC環境に生まれ変わるべく、お勧めモデルをピックアップした。ぜひ、ワンランク上のPC体験を獲得してほしい。(2020/6/19)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
SamsungがNVIDIAの7nm EUVを失注/5nmレースの行方
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2020年5月の業界動向の振り返りとして、SamsungがNVIDIAの7nm EUVを失注した話題と、5nmプロセスの各社動向など昨今のプロセス周りの話をお届けする。(2020/6/10)

他のシステムが持つGPUをプールしてAI/MLに役立てる:
VMware、GPUなどを仮想化する「vSphere Bitfusion」機能を提供開始
VMwareは、GPUを仮想化することで人工知能や機械学習ベースのワークロードをサポートする「vSphere Bitfusion」機能を発表した。2020年7月末までに提供開始する。(2020/6/5)

Jetson Nanoで組み込みAIを試す(特別編):
「Jetson Xavier NX」で組み込みAIを試す
2020年5月14日に行われたNVIDIAの「GTC 2020」の基調講演で発売がアナウンスされた、組み込みAIボード「Jetsonシリーズ」の最新製品となる「Jetson Xavier NX」。「Jetson Nano」の連載を担当した技術ライターの大原雄介氏に、Jetson Xavier NXの開発者キットをレビューしてもらった。(2020/6/2)

エッジAI:
PR:自動車部品メーカーが販売する外観検査AIシステム、その開発基盤とは
AIの活用が進みつつある製造業から注目を集めているのがエッジAIプラットフォーム「NVIDIA Jetsonシリーズ」だ。菱洋エレクトロは、開発元のNVIDIAと協力してさまざまな顧客企業のエッジAIシステムの開発を強力に支援。既に、武蔵精密工業の外観検査AIシステム「Neural Cube」や、日本ユニシスの小売店舗向けAI業務代行ロボット「RASFOR」といった実績も積み上げている。(2020/6/1)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
革ジャンおじさんは台所でもめっちゃ元気だった
革ジャンがトレードマークのNVIDIA フアンCEOが台所から基調講演。ステージ上でのいつもの講演以上にエネルギッシュでした。(2020/5/21)

Intelの10コア20スレッドCore i9+Z490:
第10世代Core×Quadro RTX 4000のパワーはいかに? マウスのクリエイター向けPCを試す
Intelが投入したデスクトップPC向け第10世代Coreプロセッサ(Comet Lake)と、Intel Z490チップセットを搭載したPCが続々と登場している。その中から、マウスコンピューターのクリエイター向けモデル「DAIV Z7-QR4」を取り上げる。新モデルの性能はどの程度のものなのだろうか。(2020/5/21)

恐るべき「Ryzen 9 4900HS」のポテンシャル ASUS「ROG ZEPHYRUS G14(GA401I)」を試す
新型コロナウイルス(COVID-19)の影に隠れているが、3月中旬にAMDから発表された「Ryzen Mobile 4000シリーズ」は、ノートPCの勢力図を大きく変えるポテンシャルを持つ、注目すべき存在だ。この記事では、ASUSのゲーミングノートPC「ROG ZEPHYRUS G14(GA401I)」を通して「Ryzen 9 4900HS」の実力をチェックする。(2020/5/7)

GTC Digital:
エッジAIを加速する「Jetson」、次モデルは「Nano Next」と「Orin」に
NVIDIAは「GTC Digital」の講演で組み込みAI開発プラットフォーム「NVIDIA Jetson」を紹介した。AIコンピュータの他、各種SDK、NVIDIAのパートナー企業の解説を行った。(2020/4/22)

電子ブックレット(組み込み開発):
Jetson Nanoで組み込みAIを試す
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、NVIDIAの組み込みAIボード「Jetson Nano」の立ち上げから、一般的な組み込みAIとしての活用までを含めていろいろと試した連載「Jetson Nanoで組み込みAIを試す」をまとめた。(2020/3/25)

頭脳放談:
第238回 AMDが狙うデータセンター市場は前門のIntel、後門のAmazon?
Ryzenで人気急上昇中のAMD。次はデータセンター市場を狙っているようだ。前に立ちはだかるのは当然ながらIntelである。安心してはいられない、後ろからも迫ってくる企業が……。(2020/3/23)

気になるニュース&ネット記事:
Colab Pro登場と、Google ColabユーザーのためのTipsトップ10
Colabは無償で使えるが、実行時間など制限もある。この制限を解除できるColab Proを紹介。さらに、Colabをもっと便利に活用するためのTips(スクラッチパッド、RAM増量ランタイムなど)を紹介する。(2020/3/17)

エッジAIの需要増を見込んで:
Turingを採用したMXM GPUモジュール、ADLINKが展示
エッジコンピューティング向けの組み込みボードやGPUモジュールなどを手掛けるADLINK Technology(以下、ADLINK)は「embedded world 2020」で、NVIDIAのTuringアーキテクチャに対応した「NVIDIA Embedded Quadro RTX GPU」を採用したMXM GPUモジュールを出展した。(2020/3/13)

自動化機能で機械学習の生産性向上 日本オラクルが「Cloud Data Science Platform」を発表
日本オラクルは、データ分析や機械学習に向けたクラウドサービス「Oracle Cloud Data Science Platform」を発表した。複数のアルゴリズムとハイパーパラメータ構成に対するテストプロセスを自動化するなど、機械学習に向けた自動化機能を備える。(2020/2/21)

量子コンピューティングにブレイクスルー、デル テクノロジーズが2020年の技術トレンド3つを予測
デル テクノロジーズは、2020年のIT業界に影響を与える大きな技術トレンドとして「量子コンピューティングのブレイクスルー」「ドメイン特化アーキテクチャの現実化「5Gによる、無線通信技術の活用に対する考え方の変化」を予測した。(2020/2/19)

PyTorch入門:
第2回 PyTorchのテンソル&データ型のチートシート
PyTorchのデータやパラメーターなどは、独自の「テンソル」形式で取り扱う。テンソルはNumPyライクに取り扱えるので難しくはない。テンソルの基本的な操作方法と、テンソル内の値のデータ型について、すばやく内容を確認できるチートシート形式で紹介する。(2020/2/13)

組み込み開発 年間ランキング2019:
ラズパイ4とJetson Nanoは大注目、パナソニックを変える“懲役5年”おじさんとは
2019年に公開したMONOist組み込み開発フォーラムの記事をランキング形式で振り返る。1位に輝いたのは、3年ぶりの新モデルが発売されたあの製品の解説記事でした。(2019/12/26)

PR:クリエイティブ向けノートPCの決定版「Endeavor NJ7000E」の性能に圧倒される
エプソンダイレクトのハイエンドノートPCがフルモデルチェンジした。新モデル「Endeavor NJ7000E」は何が強化され、どのユーザー層に適しているのだろうか。実機をチェックした。(2019/11/26)

古田雄介のアキバPick UP!:
ダメ着にフロアマット――アキバで広がるPC周辺アイテムの世界
頭から手足まですっぽり包み込める防寒着「ダメ着」が複数のショップに入荷して話題になっている。ゲーマーの枠を越えた注目を集めている様子だ。(2019/11/25)

スパコンなどの用途にも:
Armサーバ向けのレファレンスデザイン、NVIDIAが発表
NVIDIAは2019年11月18日(米国時間)、GPUアクセラレーションArmベースサーバを構築するためのレファレンスデザインプラットフォームを発表した。「Supercomputing 2019」で発表されたもので、NVIDIAはこの他に2件の発表も行っている。(2019/11/21)

用途に合わせて、どのような分野でも活用可能:
PR:エンタープライズでも「GPUは有効」――画像処理に特化したプロセッサという“誤解”を払拭するNVIDIA
エンタープライズ領域でのGPUの活用はVDIにとどまっており、シミュレーションやデータサイエンス、AR/VRでの活用はあまり認知されていない――そうしたエンタープライズでのGPU活用に関する“誤解”を払拭すべく、NVIDIAが力説する「GPUの有効性」とはどのようなものなのだろうか。NVIDIAの担当者に話を伺った。(2019/12/17)

クレカサイズの新AIボード:
NVIDIAの「Jetson Xavier NX」、性能は10Wで14TOPS
NVIDIAは2019年11月6日(米国時間)、新しいAI(人工知能)ボード「Jetson Xavier NX」を発表した。同社のシングルボードコンピュータ「Jetson Nano」のフォームファクタ(70x45mm)で、「Jetson AGX Xavier」と同等の計算能力を備える。(2019/11/14)

スタートアップの勢いにも期待:
戦いの火ぶたが切られたエッジAI市場
人工知能(AI)は過去2年間で、世界的なメガトレンドへと変化した。機械学習は、消費者や自動車、産業、エレクトロニクス全般など、ほぼ全てに何らかの形で影響をもたらしている。さらに、私たちがまだ、うかがい知れない方法で社会や生活に影響を与えると思われる。(2019/11/11)

NVIDIAが新エッジAIチップ「Jetson Xavier NX」を発表、クレジットカード以下のサイズで21 TOPS、399ドル
NVIDIAは2019年11月6日(米国時間)、エッジAIチップの新製品、「Jetson Xavier NX」を発表した。製品名の「NX」は、同社の既存エッジAIチップ製品名である「Jetson Nano」と「Jetson AGX Xavier」から取ったという。両者の「いいところ取り」で、高性能、小型、低コスト、省電力を併せ持つものを開発したとする。(2019/11/7)

スペックにだまされてはダメ:
NVIDIAの新たなミドルレンジ「GeForce GTX 1660 SUPER」を試す
NVIDIAは、Turing世代のRT/Tensorコア非搭載GPU、GeForce GTXのラインアップとして、新たに「GeForce GTX 1660 SUPER」および「GeForce GTX 1650 SUPER」を追加した。今回は、10月29日に販売開始されるGeForce GTX 1660 SUPERを検証してみよう。(2019/10/29)

OpenShiftを搭載しエッジでのKubernetesなどの動作を最適化:
NVIDIA「EGX Edge Supercomputing Platform」を発表――5Gのネットワーク仮想化がエンタープライズITにもたらすものとは
NVIDIAが発表した「EGX Edge Supercomputing Platform」や5G関連技術はエンタープライズITに何をもたらすのか。活用事例とともに解説する。(2019/10/28)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
新FPGAに見えるIntelの焦燥
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2019年9月の業界動向の振り返りとして、新FPGAシリーズにUPIサポートを追加したことから見えてくるIntelの“サーバロードマップの苦境”を考察する。(2019/10/8)

PR:これは画面革命だ! 有機ELディスプレイ搭載のハイパフォーマンスノートPCを試す
マウスコンピューターのクリエイター向けノートPC「DAIV-NG5820」シリーズに、有機EL搭載モデルが加わった。これまでの液晶ディスプレイとは何が違うのか、そのポイントをじっくり見ていく。(2019/9/24)

機械学習&ディープラーニング環境構築入門:
UbuntuでのGPUディープラーニング環境の構築【Ubuntu 18.04 LTS対応】
GPUを活用したTensorFlow/PyTorch/Chainerなどによるディープラーニングを実践するための環境をUbuntu上に構築する際の選択ポイントと手順を説明する。(2019/8/29)

17.3型大画面の高コスパ高性能ノートPC マウスコンピューター「m-Book W890BN-M2S2」を試す
マウスコンピューターの「m-Book Wシリーズ」は、17.3型の大画面を備えるノートPC。高性能CPUと外部GPUも搭載し、幅広い用途で役立つことが魅力だ。今回は、中位モデルの「m-Book W890BN-M2S2」の実力をチェックしていく。(2019/8/9)

Jetson Nanoで組み込みAIを試す(3):
「Jetson Nano」のCUDAコアで“Hello AI World”を動作させてみる
NVIDIAが価格99ドルをうたって発表した組み込みAIボード「Jetson Nano」。本連載では、技術ライターの大原雄介氏が、Jetson Nanoの立ち上げから、一般的な組み込みAIとしての活用までを含めていろいろと試していく。第3回は、Jetson NanoのCUDAコアを使って推論のサンプル“Hello AI World”を動作させてみる。(2019/8/7)

ライバルの登場が待たれる!?:
GeForce RTX 2080 SUPERをテスト 「脱フルHD」を目指すゲーマーにはお勧め
7月22日、NVIDIAのGeForce RTX 2080 SUPERが販売開始された。RTX 20シリーズのリフレッシュといえる「SUPER」の第3弾は、SUPERの中では最上位に位置付けられる。実際のパフォーマンスはどうなのだろうか。(2019/7/24)

ポジティブワンがサービス開始:
Jetson Nano利用のAI応用システム構築を支援
ポジティブワンは、NVIDIA製の機械学習開発プラットフォーム「Jetson Nano」を利用したシステム開発を支援するために、オリジナルキャリアボードの回路設計や基板設計、製造サービスを始める。(2019/7/11)

人工知能ニュース:
CUDAがArmに対応へ、主要CPUアーキテクチャをカバー
NVIDIAは、同社の並列コンピューティングアーキテクチャ「CUDA」がArm CPUに対応すると発表した。CUDA-X AIやHPCソフトウェアのフルスタックを、年内にArmのエコシステムで利用できるようにする。(2019/7/10)

新登場の「GeForce RTX SUPER」シリーズでNaviへの迎撃態勢は万全か
NVIDIAは7月2日、新GPUの「GeForce RTX SUPER」シリーズを発表した、早速、GeForce RTX 2070 SUPERおよびRTX 2060 SUPERのパフォーマンスを見ていこう。(2019/7/3)

UltraではなくSUPER:
NVIDIAがCUDAコアを増加した「GeForce RTX SUPER」シリーズを発表 価格は399ドルから
NVIDIAからGeForce RTX 2080、同2070、同2060シリーズの新ラインアップ「GeForce RTX SUPER」シリーズを発表した。発売は7月9日から(RTX 2080 SUPERのみ7月23日)の予定だ。(2019/7/2)

Jetson Nanoで組み込みAIを試す(2):
「Jetson Nano」を“まとも”に使えるようにする
NVIDIAが価格99ドルをうたって発表した組み込みAIボード「Jetson Nano」。本連載では、技術ライターの大原雄介氏が、Jetson Nanoの立ち上げから、一般的な組み込みAIとしての活用までを含めていろいろと試していく。第2回は、機械学習を試す前に“まとも”に使えるようにする。(2019/7/1)

持ち運べるクリエイティブノートPC:
スリムかつ狭額縁デザインで写真や動画編集がはかどる「DAIV-NG5510」を試す
プロ写真家や映像クリエイターに高い評価を受けているマウスコンピューターのクリエイター向けPC「DAIV」シリーズ。その中で、狭額縁デザインを取り入れたスリムモデル「DAIV-NG5510」を徹底チェックした。(2019/5/8)

エントリーグレードのTuring登場:
GeForce GTX 1650はライトゲーマー層に福音をもたらすのか
NVIDIAが、モバイル向けのGeForce GTX 1600シリーズと同時にアナウンスしたのが、デスクトップPC向けのGeForce GTX 1650だ。その性能はいかほどのものか、AMDのGPUと合わせてテストをしてみた。(2019/5/1)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
いま話題のJetson Nano、予想以上にAI処理が速い
しかしヒートシンクもアツアツ。(2019/4/18)

自動運転技術:
中高生向けの自動運転車の開発、99ドルのボードで「AIの可能性を知って」
NVIDIAがユーザーイベント「GTC 2019」(2019年3月19〜21日、米国カリフォルニア州サンノゼ)で発売を発表した組み込みAI(人工知能)の開発者キット「Jetson NANO」。使い道にひときわ関心を寄せたのは、子どもを持つGTC参加者たちだ。(2019/4/2)

組み込み開発ニュース:
MATLAB/Simulinkがシステムズエンジニアリングに対応、「R2019a」をリリース
MathWorks Japanはモデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」の最新バージョン「R2019a」を発表。強化学習への対応や、アナログICやSoCの設計を容易にする新製品、車載ソフトウェア標準のAUTOSARやより複雑なシステムの開発に求められるシステムズエンジニアリングに対応する機能追加などが特徴となっている。(2019/3/28)

7nm GPUの発表は行われず:
1280基のGPUを搭載した「RTX」サーバなどをNVIDIAが発表
NVIDIAが米国カリフォルニア州サンノゼで開催した年次イベント「GTC」の基調講演では、NVIDIAが2018年秋に発表した最新プロセッサ向けの新たなシステムやソフトウェアが取り上げられた。一方で、期待されていた7nm GPUについての発表は行われなかった。(2019/3/26)

性能は472GFLOPS、消費電力は5W:
NVIDIA、99ドルのAIコンピュータを発表
NVIDIAは、高い演算性能を持ちながら消費電力が小さいCUDA-X AI(人工知能)コンピュータ「Jetson Nano」を発表した。開発者や個人のクリエーターなどに向けた「開発者キット」の価格はわずか99米ドルである。(2019/3/20)

NVIDIAから“Tiなし”の「GeForce GTX 1660」 3万円台前後のTuringがようやく登場
手ごろな価格帯のTuring世代GPU「GeForce GTX 1660」の性能を検証。(2019/3/15)

3万円台で登場したTuring 「GeForce GTX 1660 Ti」の実力は?
これが僕らの求めるメインストリーム。GeForce GTX 1660 Tiの性能をベンチマークテストで確かめた。(2019/2/28)

PR:プロユースの環境を持ち運べるモバイルワークステーション「MousePro NB9」シリーズ実力検証
Mouse Pro NB9は、パワフルなCPUとプロユースのGPUをスリムなボディーに搭載したモバイルワークステーションだ。CADツールなどプロ向けのツールを駆使した開発・制作の現場での利用に耐えうるパフォーマンス、クオリティーを備えている。(2019/2/26)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。