ニュース
» 2010年11月01日 17時15分 UPDATE

東芝、Pentium P6100搭載のスタンダードAVノート「dynabook Satellite T560」

東芝は、Web直販オリジナルモデルとなるPentium P6100/地デジチューナー搭載AVノートPC「dynabook Satellite T560/WTMAB」を発売する。

[ITmedia]
photo dynabook Satellite T560/WTMAB

 東芝は11月1日、Web直販オリジナルモデルとなるPentium P6100/地デジチューナー搭載AVノートPC「dynabook Satellite T560/WTMAB」を発表、本日より販売を開始する。価格はOffice非搭載モデルの「PT560TMABGBW」が12万5800円、Office Personal 2010プリインストールモデルの「PT560TMABTBW」が14万5800円(双方税込み)。

 dynabook Satellite T560/WTMABは、1366×768ドット表示対応の16型ワイド液晶ディスプレイを内蔵したノートPCで、CPUはPentium P6100(2GHz)を搭載。地デジ対応テレビチューナーを標準装備するほか、光学ドライブはBlu-ray Discドライブを内蔵した。OSはWindows 7 Home Premiumだ。

 メモリはDDR3 4Gバイト、HDDは320Gバイトを搭載。ほかIEEE802.11b/g/n無線LANなども利用できる。本体サイズは約380.5(幅)×254(奥行き)×28.0〜35.6(高さ)ミリ、重量は約3キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.