ニュース
» 2010年11月10日 11時00分 UPDATE

より薄く、軽量に:NECアクセステクニカ、8時間動作の小型WiMAXルータ新モデル「AtermWM3500R」

NEC ATが、WiMAXルータの新モデル「AtermWM3500R」を11月下旬に発売。8時間の長時間動作と14.8ミリの薄型ボディが特徴で、3色のボディカラーで展開する。

[ITmedia]
photo NECアクセステクニカ「AtermWM3500R」

 NECアクセステクニカは11月10日、ポータブルWiMAXルータ“WiMAX Speed Wi-Fi”の新モデル「AtermWM3500R」(PA-WM3500R(AT)R/W/B)を発表。発売は2010年11月下旬を予定する。価格はオープン、想定実売価格は2万円前後と予想される。

 AtermWM3500Rは、モバイルWiMAX回線を無線LANで共有利用できる小型軽量のポータブル無線LANルータ。前モデルAtermWM3300Rの後継モデルとして、ボディの小型・薄型・軽量化、バッテリー動作時間の大幅延長、無線LAN機能の強化、有線LAN接続対応クレードルオプションの用意といった機能強化を図りつつ、マーズレッド、シルキーホワイト、プラチナブラックと計3色のカラーバリエーションより選択できるようになった。

 バッテリー動作時間は連続通信時で最大8時間(前モデルは最大2.5時間)。ポータブル無線LANルータ機器で最長クラスとなるバッテリー動作時間を実現しつつ、ボディサイズは70(幅)×105(奥行き)×14.8(高さ)ミリ、重量約120グラムと、前モデルより薄く、軽量になった。

 無線LAN側は従来のIEEE802.11b/gとともに11nテクノロジーに対応し、理論値最大150Mbpsでの通信が可能。同時に8台まで無線LAN接続できる(2つのSSIDを仮想運用するマルチSSID機能は、2011年春のバージョンアップで搭載予定)。


photophotophoto カラーはマーズレッド、シルキーホワイト、プラチナブラックの3色を用意する
photo 有線LANポートを搭載するクレードルもオプションで用意する

 家庭やオフィスでの利用を想定し、クレードルのオプションも用意する。専用クレードル「PA-WM02C」は本体を立てて設置できるスタンド/充電器としての機能と、100BASE-TX準拠の有線LANポートを備え、無線LANを備えないデスクトップPCやネットワーク対応のテレビ/AV機器などでも利用できる。想定実売価格は3000円前後と予想される。なお、本体単体でUSBモデムとして動作する機能も引き継いで備える。USBモデム動作時の対応OSはWindows 7/Vista/XP、Mac OS X 10.5/10.6。

 8時間の長時間動作は、専用設計のリチウムポリマーバッテリーと本体の省電力化により実現する。バッテリーの着脱はできなくなるが、従来は想定利用外だったUSBポータブルバッテリー「エネループモバイルブースター」シリーズの利用を正式サポートした。本体の充電端子にはMicro USBを採用している。また、本体の省電力化により、USB接続したPCより給電しながら無線LANルータとして動作できるようにもなった。

 主な仕様と旧モデルとの変更点は以下の通り。


機種名 AtermWM3500R (参考)AtermWM3300R
連続通信時間 約8時間 約2.5時間
自動省電力機能
自動LED消灯機能 ×
無線LANスリープ機能 ×
充電方式 付属ACアダプタ、USBポート充電(エネループ対応) 付属ACアダプタ
無線LAN IEEE802.11b/g(+11nテクノロジー)最大150Mbps IEEE802.11b/g
同時接続台数 8台 10台(マルチSSID機能で、5台+5台)
簡単無線LAN設定 らくらく無線スタート、WPS(2011年春サポート予定) らくらく無線スタート
マルチSSID (2011年春サポート予定)
有線LAN接続 別売クレードルで対応 ×
本体サイズ(幅×奥行き×高さ) 70×105×14.8ミリ 67×94×22ミリ
重量 約120グラム 約145グラム
カラーバリエーション マーズレッド、シルキーホワイト、プラチナブラック ホワイト


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.