ニュース
» 2011年04月18日 13時21分 UPDATE

日立CE、23センチの近距離設置が可能な超短投写液晶プロジェクター

日立コンシューマエレクトロニクスは、ミラー反射式を採用した超短投写液晶プロジェクター「CP-A300NJ」「CP-AW250NJ」を発売する。

[ITmedia]

 日立コンシューマエレクトロニクスは4月18日、ミラー反射式を採用した超短投写液晶プロジェクター「CP-A300NJ」「CP-AW250NJ」を発表、5月10日に発売する。価格は双方オープン。

photophoto CP-A300NJ(左)、CP-AW250NJ(右)

 2製品はともに、自由曲面レンズミラーの採用により短距離でのスクリーン投写を実現した液晶プロジェクターで、23センチの距離で80型の大画面表示を可能とした。小型軽量設計も特徴で、本体サイズは345(幅)×303(奥行き)×85(高さ)ミリ、重量は3.8キロとなっている。液晶パネル解像度はCP-A300NJが1024×768ピクセル(XGA)、CP-AW250NJが1280×800ピクセル(WXGA)だ。

 出力10ワットのスピーカーを内蔵。接続インタフェースはアナログD-Sub×2、HDMI×1、Sビデオ/コンポジットビデオを搭載したほか、USBメモリの画像を直接投写できる“PCレスプレゼンテーション”機能も備える。また、ネットワーク経由での投写や一括管理を行えるネットワーク機能も装備した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.