ニュース
» 2011年06月29日 15時50分 UPDATE

バッファロー、ギガビット接続対応のベーシックNAS「LS-XL」シリーズ

バッファローは、同社製NAS「リンクステーション」シリーズのラインアップに1ドライブ構成のベーシックモデル「LS-XL」シリーズを追加した。

[ITmedia]
photo LS-XLシリーズ

 バッファローは6月29日、同社製NAS「リンクステーション」シリーズのラインアップに1ドライブ構成のベーシックモデル「LS-XL」シリーズを追加、7月中旬より出荷を開始する。1Tバイト/2Tバイト/3Tバイトの3モデルを用意、価格はそれぞれ1万5700円/2万1000円/2万6400円。

 LS-XLシリーズはギガビット接続に対応したNASで、縦置き/横置きに両対応するファンレス筐体を採用した。DLNAサーバ機能を標準搭載するほか、専用アプリを用いることでスマートフォンから簡単にアクセスすることが可能だ。また無線LAN内蔵SDカード「Eye-Fi」との連動もサポートしている。本体サイズは45(幅)×175(奥行き)×150(高さ)ミリ、重量は約1.1キロ。


 またバッファローは、同社製NAS「ラステーション プロ」「リンクステーション」シリーズ各製品のラインアップに3TバイトHDD搭載モデル計8製品を追加、6月下旬〜7月中旬にかけて出荷を開始する。新たに追加されたモデルは以下の通りだ。

カテゴリ 容量 型番 価格
テラステーション プロ 24Tバイト TS-8VH24TL/R6 50万円
18Tバイト TS-6VH18TL/R6 40万円
12Tバイト TS-QVH12TL/R6 27万円
12Tバイト TS-RVH12TL/R6 40万円
6Tバイト TS-WVH6.0TL/R1 15万円
リンクステーション 6Tバイト LS-WV6.0TL/R1 5万8300円
6Tバイト LS-WX6.0TL/R1 5万3000円
3Tバイト LS-V3.0TL 3万1700円
交換用HDD 3Tバイト OP-HD3.0T 8万5000円

関連キーワード

NAS | バッファロー | DLNA | Eye-Fi | ホームサーバ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう