ニュース
» 2011年08月18日 14時07分 UPDATE

アスク、米Rosewill製ミドルタワーケース2モデルの取り扱いを開始

アスクは、米Rosewill製となるミドルタワー型PCケース「Future」「GearX3」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 アスクは8月18日、米Rosewill製となるミドルタワー型PCケース「Future」「GearX3」の取り扱いを発表、8月下旬より順次販売を開始する。価格は双方オープン、予想実売価格はともに7000円前後。

photophoto Future(左)、GearX3(右)

 2製品はともにATX/microATXマザーボードの搭載に対応したミドルタワー型のPCケース。冷却性を重視した設計で、Futureは計4基(前面×1/背面×1/天板×2)、GearX3は計3基(前面×1/背面×1/天板×1)の冷却ファンを標準で装備した。

 電源はともに底面配置式を採用。利用可能ドライブベイ数はFutureが5インチ×3/3.5インチシャドー×6、GearX3が5インチ×4(うち1段は3.5インチ共用)、3.5インチシャドー×6となっている。

関連キーワード

アスク | PCケース | 冷却 | PCパーツ | 自作


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう