ニュース
» 2011年08月24日 15時16分 UPDATE

ブラザー、シースルー型ヘッドマウントディスプレイ「AiRScouter」の事業化を決定

ブラザー工業は、産業用途向きのシースルー型ヘッドマウントディスプレイ「AiRScouter」の事業化を決定した。

[ITmedia]
photo AiRScouter

 ブラザー工業は8月24日、産業用途向きのシースルー型ヘッドマウントディスプレイ「AiRScouter」の事業化を決定した。すでにNEC製ウェアラブルコンピュータ端末「Tele Scouter」への採用が決定しており、今秋よりNECへの出荷が開始される。

 AiRScouterは、メガネを装着して利用できるシースルー式のヘッドマウントディスプレイで、画像をハーフミラーで反射させて目に投射することにより実際の視野に重なる形で映像を見ることが可能。1メートル先に16型ディスプレイを見る場合と同様の視認性を実現している。

 重量はディスプレイ部が64グラム、メガネフレーム/ケーブルを含め全体で約106グラムの軽量設計となっているのも特徴だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう