ニュース
» 2011年10月07日 11時51分 UPDATE

グローバルウェーブ、普通のディスプレイが裸眼3D対応になる3Dシート「Pic3D」の発売日を決定――10月12日

グローバルウェーブは、通常のディスプレイに装着することで裸眼3Dを楽しめる3Dシート「Pic3D」の発売日をアナウンスした。

[ITmedia]

 グローバルウェーブは10月7日、通常のディスプレイに装着することで裸眼3Dを楽しめる3Dシート「Pic3D」の発売日を決定、10月12日より販売を開始する。

 3Dに対応しない通常のディスプレイでも裸眼3Dを実現できる特殊シート。ディスプレイ表面にシートを貼り付けた上で、専用のプレーヤーソフトで映像を再生することで裸眼3Dを実現可能となっている。

 対応液晶サイズ/対応機種により計7製品を用意。価格は23型ワイド(1920×1080ドット)用の「Pic3D-23」が1万5000円、21.5型(1920×1080ドット)用の「Pic3D-21.5」が1万4000円、15.6型(1366×768ドット)用の「Pic3D-15N」が6000円、12.1型(1280×800ドット)用の「Pic3D-12N」が4500円。iPad2用の「Pic3D-iPad2」が4500円、iPhone 4の「Pic3D-iPhone4」/iPod touch 4G用の「Pic3D-iPod touch4G」が2000円だ。

関連キーワード

3D | ディスプレイ | 裸眼立体視


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう