ニュース
» 2011年10月24日 15時32分 UPDATE

モダニティ、トリプルディスプレイも設置可能な“コックピット”風PCチェアー「エンペラー1510」

モダニティは、カナダMWE Lab製となるオールインワンPCチェアー「Emperor 1510」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 モダニティは10月24日、カナダMWE Lab製となるオールインワンPCチェアー「Emperor 1510」の取り扱いを発表、11月より販売を開始する。

photophotophotophoto Emperor 1510

 Emperor 1510は、PC本体/液晶ディスプレイの設置も可能な大型のシステムチェアー。ディスプレイアーム部には、最大で24型ワイド液晶×3基(または32型ワイド×1)を設置できるほか、手元にはボリュームコントロールやヘッドフォンジャックなどを備えるコントロールポッドやキーボードトレイを搭載。シートやトレイの位置/傾斜などの細やかな調整も可能だ。

 スピーカーはBose製2.1chオーディオを内蔵した。本体素材はスチール製(シート部分にはマイクロファイバー生地を使用)。本体サイズは1170(幅)×1540(奥行き)×1590〜1930(高さ)ミリ、重量は110キロだ。

関連キーワード

PC | 椅子 | カナダ | ディスプレイアーム


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.