ニュース
» 2012年01月09日 19時09分 UPDATE

2012 International CES:Windows 8を“目配せ”で操る2012年のUnveiled (1/2)

正式開幕はまだ先だけど、開幕イベントに相当する「CES Unveiled」が始まった。年々“お祭り”っぽくなっているこのイベントで、まずは盛り上がろうぜ。

[長浜和也,ITmedia]

年々お祭りっぽく盛り上がるCES Unveiled

 2012 International CESの正式開幕“前前日”にあたる8日(現地時間)の夕方、公式イベントのスタートとなる「CES Unveiled」が行われた。このイベントは、CESの展示ブースで登場する注目製品を、開幕前に集めて関係者へ紹介するのが目的だ。ただ、立食パーティー形式をとっているためか、そちらが主目的として来場する関係者も多く、年々、お祭り的な雰囲気が強くなる傾向にある。

 2012年のCES Unveiledも多くの来場者でにぎわった半面、展示ブースは大変な混雑で、情報収集が主目的の来場者から十分な活動ができないという不満の声も多かった。

 そのような状況で、多くの来場者の注目を集めたブースと展示品を紹介していこう。

CES UnveiledでHybridなX1に遭遇する

kn_cesunveiled_01.jpg 2012年1月6日に発表されたばかりのThinkPad X1 Hybridは、CES Unveiledで最も注目された展示製品だ

 Lenovoのブースでは、2012 CESの開幕に合わせて発表されたThinkPadやIdeaシリーズの実機を展示していた。中でも注目だったのが、インテルのCore iシリーズとWindows 7で動作する“通常モード”と、クアルコムのデュアルコアARMとカスタマイズしたLinuxベースのOSで動作する“Instand Media Mode”(IMM)を切り替えて使える「ThinkPad X1 Hybrid」の「動くサンプル」だ。

 通常モードからIMMへは、デスクトップ画面に用意したメニューをクリックすることで、すぐに切り替わる。このとき、WindowsとCore iシリーズのインテルプラットフォームはスリープ状態になるという。IMMから通常モードの切り替えは、IMMで用意されたExit IMMをクリックすることでできる。

 IMMでは、LenovoのAndroidタブレットデバイスで採用する4つのマスが並ぶ“Mondroan UI”を表示する。ここから、Webブラウザやメールソフト、メディアプレイヤーに動画再生アプリ、そして設定画面を起動できる。設定画面にはAndroidで標準の項目が並ぶが、ブーススタッフは「ThinkPad X1 HybridはノートPCだから、Androidとはいえないのです」と説明する。

kn_cesunveiled_02.jpgkn_cesunveiled_03.jpg 通常モードのデスクトップ画面右下に表示されたメニューを選ぶと(写真=左)IMMモードに切り替わる(写真=右)

kn_cesunveiled_06.jpgkn_cesunveiled_07.jpg ホーム画面上部に表示した三日月アイコンは、Windowsスリープ中を示す(写真=左)。タブにある「Exit IMM」をクリックすると、確認のダイヤログを表示し、ここで許可すると通常モードに移行する(写真=右)

 なお、展示機材では、このほかにもアプリを導入しており、設定画面のアプリケーション管理で確認すると、「Browser」「Contacts」「Email」「Gallery」「Music」などがAndroidでよくみたアイコンととも並んでいた。

 IMMでもほとんどの操作はキーボードとタッチパッドで可能だ。“戻る”操作はEscキーで行えるほか、並んだメニュー項目をマウスでクリックしてもカーソルキーでフォーカスを動かしてEnterキーを押すことでも選べる。設定のLocaleには、日本語も用意されていたが、展示機材は入力ソフトを導入していない。

 IMMで動作しているときのデータストレージは容量16Gバイトのフラッシュメモリを利用する。このストレージは“通常モード”でもアクセス可能という。

kn_cesunveiled_04.jpgkn_cesunveiled_05.jpg 設定項目で確認したカーネルバージョン(写真=左)。同じくStorage Settingsを確認する(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.