ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Android搭載PC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Android搭載PC」に関する情報が集まったページです。

CHUWI、WQXGA表示に対応した10.8型Androidタブレット「HiPad Pro」新モデルを投入
CHUWI INNOVATIONは、10.8型Androidタブレット「HiPad Pro」の新モデルを発表した。(2022/1/19)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
一生かけても消費できないコンテンツに怯える 映像サブスクの深淵を覗き込んだ話
アマプラ、ネトフリ、ディズニー、アップル、群雄割拠の映像サブスクについて語りました。(2022/1/17)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
auのスマートフォンを振り返る 反転攻勢の「IS」シリーズ、INFOBARやWindows Phoneも
ITmedia Mobile 20周年を記念し、大手キャリアが取り扱ってきた端末を振り返る企画。ドコモのスマートフォンに続き、今回はauのスマートフォンを取り上げる。(2022/1/16)

【Amazon 初売り】初売りの目玉はこれ! Fireタブレットシリーズが最大6000円OFF、格安タブレットとしては破格の性能
ゲームから動画視聴まで幅広く使えるAndroidタブレット。(2022/1/3)

有機ELの2in1 PCで実売10万円切り! 「Vivobook 13 Slate OLED」を試す
ASUS JAPANが発売した2in1 PC「Vivobook 13 Slate OLED」は、有機ELディスプレイを採用しながら税込み10万円を切る注目のモデルだ。実際の使い勝手はどうなのか、下位モデルをチェックした。(2021/12/28)

【これポチ】子ども用に「Fire HD 10 Plus」を買ったらなぜか子どもよりも自分がガッツリ使ってしまっている話
2万円でiPad miniの代わりになっていると考えるとコスパはめちゃくちゃいい。(2021/12/31)

慶洋エンジニアリング、Android 11を採用した10.1型タブレット
慶洋エンジニアリングは、10.1型液晶を搭載したAndroidタブレット端末 「NBTB102」を発売する。(2021/12/22)

2画面や大画面端末向け「Android 12L」の「Beta 1」リリース Pixel端末サポート
Googleが10月に発表した折りたたみやタブレットなど向けのアップデート「Android 12L」の「Beta 1」をリリースした。一部のPixel端末にもインストールできる。(2021/12/9)

企業のタブレット活用は広まるのか
「Android 12L」と「iPad OS 15」がすごくてもタブレットが売れない理由
GoogleのタブレットOS「Android 12L」は、画面分割機能など大型ディスプレイでの利用を前提にした機能を豊富に搭載する。「iPad OS 15」との競争でタブレット市場は活性化するのか。アナリストは懐疑的だ。(2021/12/3)

FFF、GIGAスクール仕様にも準拠したCeleron搭載の11.6型2in1ノート
FFF SMART LIFE CONNECTEDは、コンバーティブル機構を備えたCeleron搭載11.6型2in1ノートPC「FFF-PCY1B」を発表した。(2021/12/2)

多様性のある街で多様性のあるPCをアピール――レノボが東京・新宿に“展示のみ”店舗を期間限定で開設
レノボ・ジャパンが、東京都新宿区に期間限定の「Yogaポップアップストア」を開設した。多様性のある街で、多様性のあるPCをアピールしたいという。(2021/12/2)

バルミューダがスマホ市場に投じた「河原の小石」──「BALMUDA Phone」に勝機はあるのか
バルミューダが11月16日に発表した5Gスマホ「BALMUDA Phone」。バルミューダがこれまで得意としてきた扇風機やトースターのような生活家電と比べても、参入障壁が高い分野といえる。バルミューダにとっての勝機はどこにあるのか。(2021/11/18)

FOX、専用スタイラスペンが付属する7.8型Androidタブレット「BOOX - Nova Air」発売
FOXは、Android 10.0を搭載した7.8型のE-inkタブレット「BOOX - Nova Air」を発売。本体と同様にホワイトカラーの専用スタイラスペンが付属し、画面保護フィルムを最初から本体に貼り付けている。(2021/11/9)

【Amazonタイムセール祭り】初日の売れ筋商品TOP 20 Fire HD 10タブレットを抑えて1位に輝いたのは?
今回のセールの目玉!(2021/10/30)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Xiaomiが本気で作ったタブレット「Xiaomi Pad 5」のPro版と無印版を比較
Xiaomiの「Xiaomi Pad 5」は高性能と高い質感を両立させた高級タブレット。XiaomiはこのXiaomi Pad 5で市場に本格参戦しようとしています。今回はグローバル版のXiaomi Pad 5と、中国版のXiaomi Pad 5 Proを比較してみました。(2021/10/27)

Mobile Weekly Top10:
2万円を切るタブレットで仕事はできる?/ドコモで通信障害発生
Androidタブレットは、探すと2万円を切るモデルもあります。性能向上もあり、案外快適に使えてしまうのですが、日本で使う場合は「技適など」の取得の有無を確かめましょう。(2021/10/22)

ソフトバンク、5G対応Androidタブレット「Lenovo TAB6」を10月22日に発売
ソフトバンクは、10月22日に5G対応Androidタブレット「Lenovo TAB6」を発売。約10.3型ディスプレイや容量7500mAhのバッテリーを搭載し、未就学児から大人まで使用できる3つのモードを備える。(2021/10/14)

Amazonの秋のイベントで発表されたことまとめ ロボット「Astro」や15インチ「Echo Show」ほか
Amazonが9月28日に開催したオンラインイベントで発表された製品とサービスをまとめた。日本での発売予定は不明だが、家庭用ロボットやドローンカメラなど多様な製品が登場した。(2021/9/29)

恵安、Android 11を搭載したエントリー10.1型Androidタブレット
恵安は、10.1型WXGA液晶を内蔵するエントリーAndroidタブレット端末「KI-Z101E」を発表した。(2021/9/27)

第9世代iPadに感じた妥協しない価値 iPad miniとクイックメモに感じた新しい展望
フルモデルチェンジを果たした「iPad mini」と、着実に進化した「第9世代iPad」の実機を林信行氏がレビュー。両モデルから見えてきた、Appleが目指す方向性とは?(2021/9/22)

Lenovoが5G対応Androidタブレットを発表 ワイヤレスイヤフォンも発売へ
Lenovoが5G通信に対応するAndroidタブレットを投入する。比較的ハイエンドなモデルと、ミドルレンジモデルを取りそろえているが、日本での展開は未定だ。(2021/9/8)

どのようなトラブルが多い? NECレノボジャパングループが「学習用端末」のサポート体制を強化
レノボ・ジャパンとNECパーソナルコンピュータの2社からなる「NECレノボ・ジャパングループ」が、GIGAスクール構想で配備された学習用端末の修理体制を強化している。通常のPCと比べると、どのような故障が多いのだろうか?(2021/9/1)

モバイルディスプレイの道:
モバイルディスプレイにもなる13型Androidタブレット「Yoga Tab 13」の実用性をチェックした
レノボ・ジャパンの「Yoga Tab 13」は、HDMI入力でモバイルディスプレイとしても使える大画面のAndroidタブレットだ。ユニークな立ち位置にあるモデルをチェックした。(2021/8/18)

NEC PC、子供の利用にも向くエントリー7型/8型Androidタブレット
NECパーソナルコンピュータは、7型/8型液晶を搭載したエントリークラスのAndroidタブレット「LAVIE T7」「LAVIE T8」を発表した。(2021/8/17)

Windows 365入門:
買って、試して分かったWindows 365(契約・セットアップ編)
Microsoftからクラウド上でWindows 10が動く「クラウドPC」の利用可能なサブスクリプションサービス「Windows 365」の提供が開始された。早速、サブスクリプションを契約し、クラウドPCの設定を行ってみた。契約からセットアップまでで見えてきた便利な点、不便な点などをまとめてみた。(2021/8/12)

第2世代に進化して大幅パワーアップ!:
E Ink電子ノート「QUADERNO(クアデルノ)」をライバル製品と比較した
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)のE Ink電子ノート「QUADERNO」が第2世代に進化した。A5版(10.3型)とA4版(13.3型)のラインアップから、前者を試してみた。(2021/8/11)

ワイヤレスゲート、クラウドSIM搭載タブレットを取り扱い オンライン料理教室向け
ワイヤレスゲートは、クラウドSIM搭載Androidタブレット「ATab-1」の取扱を開始。小中学生向けオンライン料理教室「ごちそうさまクッキングスクール」の会員向けに提供する。(2021/8/6)

テックウインド、レノボ製法人向けAndroidタブレットを対象としたAPIカスタマイズサービスを開始
テックウインドは、レノボ製法人向けAndroidタブレット端末向けのAPIカスタマイズサービスを開始した。(2021/7/28)

モバイルディスプレイとしても使える「Yoga Tab 13」が8月6日発売 税込みで9万円弱
LenovoがMWC Barcelona 2021に合わせてリリースしたYoga Tabの新モデルが日本に上陸する。13型モデルはMicro HDMI入力端子を備えモバイルディスプレイとしても利用できる。(2021/7/28)

PR:国内初のクラウドSIM搭載Androidタブレット テレワーク時代の意外なニーズとは?
(2021/7/20)

CHUWI、Snapdragon 662を搭載した10.8型Androidタブレット「HiPad Pro」を発表
CHUWI INNOVATIONは、10.8型液晶を内蔵したAndroidタブレット「HiPad Pro」の発表を行った。(2021/7/16)

Windows 10/11を“クラウド”で 「Windows 365」が8月2日に始動
Microsoftが8月2日、クラウド上の仮想PCでWindows 10/11を利用できるビジネス向けサブスクリプションサービスの提供を開始する。HTML5に対応するWebブラウザから利用可能で、クライアント機器を問わず使えることが魅力だ。(2021/7/15)

デジタル・イエスタデイワンスモア計画:
「真のマルチタスク」を実現した「2画面スマートフォン」のこれから
失敗した、撤退したなどとネガティブな記憶だけが残るテクノロジーを取り上げ、その意義と現代における居場所を解説する連載。今回は筆者が激推ししている「2画面スマートフォン」である。(2021/6/30)

MWC Barcelona 2021:
LenovoがAndroidタブレットの新モデルを投入 モバイルディスプレイとして使える「Yoga Tab 13」など
MWC Barcelona 2021に合わせて、Lenovoが新型のAndroidタブレットの新モデルを複数発表した。注目は、モバイルディスプレイとしても使える「Yoga Tab 13」だ。(2021/6/28)

「次のWindows」も発表間近な今、各社OS戦略を考える Google I/O、WWDCから
Apple、Google、Microsoftの主要プラットフォームが最新OSをリリースする。彼らの方向性はどのように異なるか、西田宗千佳さんが分析する。(2021/6/18)

ドコモタブレット「dtab d-41A」がAndroid 11にバージョンアップ
NTTドコモが、オリジナルブランドのタブレット「dtab d-41A」のOSバージョンアップを実施。チャット/SNSアプリにおける通知の強化や、プライバシーに関する機能改善’、スクリーンレコード機能の実装など、Android 11の新機能が利用できるようになる。(2021/6/17)

Xiaomi「Mi Mix Fold」は折りたたみなのに安い? ライバル機にはない独自機能も
Xiaomiの折りたたみスマートフォン「Mi Mix Fold」は、閉じると6.52型、開くと8.01型のディスプレイを利用できます。SamsungやHuaweiの折りたたみスマートフォンよりも価格は安く設定されています。独自機能としてPCモードも搭載しています。(2021/6/15)

小寺信良のIT大作戦:
iPad Pro 2021に対する「お、おう」感を分析する
ミニLEDだけで高価な存在価値はある、とはいうものの……。(2021/5/31)

組み込み開発ニュース:
ワクチン輸送用保冷ボックスから出てきた「TOUGHBOOK」は−20℃でも操作可能
パナソニック モバイルコミュニケーションズが頑丈フィールドモバイルとして展開する「TOUGHBOOK(タフブック)」の新製品として、7.0型Androidタブレット端末の「FZ-S1」を発表。小型軽量化と処理性能の向上を図るとともに、HACCP対応に向けた冷凍・冷蔵倉庫内での作業に対応可能な耐低温性能を実現し、防塵・防滴・防水性能も高めた。(2021/5/20)

パナソニック、耐環境性能をさらに高めた堅牢Androidタブレット
パナソニックは、過酷な現場での利用を想定した堅牢設計のAndroidタブレット端末「TOUGHBOOK FZ-S1」を発表した。(2021/5/19)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
スマホ以前の“カメラ付きケータイ”は、独自の進化を遂げて面白かったのである
2000年に登場したカメラ付きケータイは、独自の進化を遂げた。2002年はまだ11万画素カメラの端末が当たり前のようにあったのに、2003年には100万画素を超え、メガピクセル時代になるのだ。デジタルカメラのブランドを冠したモデルも登場した。(2021/4/27)

石野純也のMobile Eye:
OPPOから派生、「realme」日本参入のインパクト スマートフォンの投入はどうなる?
グローバルでシェアを伸ばすrealme(リアルミー)が、日本市場に上陸する。もともとはOPPOのサブブランド的な存在だったrealmeだが、2019年に単独の会社として独立した。日本では、まずワイヤレスイヤフォンやスマートウォッチ、モバイルバッテリーを展開する一方で、スマートフォン市場への参入も視野に入れているという。(2021/4/10)

IIJmio、モトローラ製スマホ「razr 5G」「moto g10」「moto g30」を取り扱い
個人向けSIMロックフリー端末の販売サービス「IIJmioサプライサービス」が、モトローラ製スマホ「razr 5G」「moto g10」「moto g30」をラインアップに追加。このほか6端末を追加し、「OPPO Watch 41mm」を価格改定する。(2021/4/8)

Androidタブレットを試す:
10.3型ながら300g台の激軽E Inkノート「Supernote A5 X」を使ってみた(前編)
10.3型の大画面を採用したE Ink電子ペーパー「Supernote A5 X」。実際の使い勝手はどうなのか、実機を使ってじっくり試してみた。(2021/3/15)

FFF、ミドルレンジCPUを採用したAndroid 10搭載10.1型タブレット
FFF SMART LIFE CONNECTEDは、Android 10を搭載した10.1型タブレット端末「FFF-TAB10H」を発売する。(2021/2/25)

日本マイクロソフト、「Microsoft 365 Personal 15ヶ月版」を販売開始 PC/周辺機器との同時購入時のみ提供
日本マイクロソフトは、PC/周辺機器との同時購入時に選択可能な「Microsoft 365 Personal 15ヶ月版」の販売を開始した。(2021/2/2)

まだまだPCは伸び続ける――NECPCが考える2021〜22年の市場動向
NECパーソナルコンピュータが、PCやタブレットの2021年春モデルを発表した。発表会では、2020年の振り返りと2021年への展望も語られた。新型コロナウイルスは、PCやタブレットの売れ行きにどのような影響を及ぼしたのだろうか?(2021/1/20)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(17):
曲がるだけじゃない、PCの新ジャンルを切り開く「ThinkPad X1 Fold」の価値
いわゆる「曲がるディスプレイ」を搭載した製品が2019年から市場投入され始めている。レノボが2020年10月に発売した折りたたみ可能なPC「ThinkPad X1 Fold」は、単に折りたたみ可能なだけではない、コロナ禍の中でPCの新ジャンルを切り開く可能性を持つ製品に仕上がっている。(2021/1/20)

NECPC、11.5型高機能Androidタブレット「LAVIE T11」 有機ELディスプレイモデルも用意
NECパーソナルコンピュータは、11型/11.5型ディスプレイを搭載するAndroidタブレット端末「LAVIE T11」を発売する。(2021/1/19)

CES 2021:
中国TCL、カラー対応の反射型液晶ディスプレイ搭載タブレット発表 動作は電子ペーパーより滑らかで省電力
中国TCLは、反射型液晶を搭載したAndroidタブレット「TCL NXTPAPER」を発表した。TCLのディスプレイ技術「NXTPAPER」を採用した初の商用製品となる。価格は349ユーロ(約4万4000円)。(2021/1/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。