ニュース
» 2012年03月06日 13時00分 UPDATE

未来のIT開発者を育成:RSコンポーネンツ、3400円の名刺サイズPC「Raspberry Pi」を国内販売

アールエスコンポーネンツは、Linuxベースの超小型PC「Raspberry Pi PCBA Type B」を近日中に国内販売する。価格は3400円。

[ITmedia]
tm_1202pi_01.jpg 「Raspberry Pi PCBA Type B」

 アールエスコンポーネンツは、Linuxベースの超小型PC「Raspberry Pi PCBA Type B」を近日中に国内販売すると発表した。ケースがないコンピュータボードとなっており、本体サイズは85.6(幅)×53.98(奥行き)×17(高さ)ミリだ。価格は3400円。

 Raspberry Piは、コンピュータ開発スキルの発展を促進するために設立されたRaspberry Pi Foundation財団が、次世代のIT開発者やプログラマを育成すべく開発した超小型PC。英国アールエスコンポーネンツ本社で同製品の取り扱いを発表したところ、BBCニュースなどでも取り上げられ、予約が殺到した。3月1日までに約10万件のメールによる問い合わせがあったという。

 基本スペックは、Broadcom製ARMベースCPU/GPUのBCM2835(700MHz)、256Mバイトメモリを搭載し、データストレージはSDメモリーカードを利用。LinuxのディストリビューションはFedoraだ。インタフェース類は、SDメモリーカードスロット、USB 2.0、Micro USB(給電用)、100BASE-TXの有線LAN、HDMI出力、コンポジットビデオ出力、ステレオミニの音声出力などを備える。

関連キーワード

PC | コンパクトPC | Linux | 名刺 | カード型 | ARM | Broadcom | Fedora


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.