ニュース
» 2012年03月16日 15時21分 UPDATE

バッファローコクヨ、Simpring対応の省エネ設計ワイヤレスマウスなど4モデル

バッファローコクヨサプライは、BlueLEDセンサー採用マウス計4シリーズを発表した。

[ITmedia]

 バッファローコクヨサプライは3月16日、BlueLEDセンサー採用ワイヤレスマウス「SRMB05」「SRMB06」シリーズ、およびUSB接続対応マウス「BSMBU09」「BSMBU11」シリーズの計4モデルを発表、3月下旬に出荷を開始する。

photophotophotophoto 左からSRMB05シリーズ、SRMB06シリーズ、BSMBU09シリーズ、BSMBU11シリーズ

 SRMB05/SRMB06シリーズは、ともに一つのレシーバーで5台までの機器を認識できる「Simpring」に対応した2.4GHz帯無線採用のワイヤレスマウスで、SRMB05は5ボタン/SRMB06は3ボタンを搭載した。センサー解像度は1500dpi。バッテリーは単三形乾電池2本を使用、ともに電池寿命は約1年6カ月となる省電力仕様となっている。本体サイズはSRMB05シリーズが76(幅)×115(奥行き)×40(高さ)ミリ、SRMB06シリーズが60(幅)×102(奥行き)×38(高さ)ミリ。価格はそれぞれ4000円/3700円。

 BSMBU09/BSMBU11シリーズは、ともにUSB接続に対応した有線モデルで、ともに5ボタンを搭載。BSMBU09は右手でグリップしやすいデザイン筐体を、BSMBU11は左右対称デザイン筐体を採用している。センサー解像度は1000dpi。本体サイズはBSMBU09シリーズが76(幅)×115(奥行き)×40(高さ)ミリ、BSMBU11シリーズが57(幅)×97(奥行き)×38(高さ)ミリ。価格はともに2660円だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう