ニュース
» 2012年06月05日 11時00分 UPDATE

2012年PC夏モデル:ThinkPad全シリーズで“Ivy Brigde”と”6段キーボード”採用モデル (1/3)

レノボ・ジャパンは、6月5日にThinkPadシリーズの新モデルを発表した。W、T、L、Xの各シリーズで“Ivy Bridge”世代のCPUを採用する。

[ITmedia]

そして、すべてが6段キーボードを採用した

 今回登場する新モデルのThinkPadは、「ThinkPad W530」「ThinkPad T530」「hinkPad T430」「ThinkPad X230」「ThinkPad X230 Tablet」「ThinkPad L530」「ThinkPad L430」の各シリーズになる。

 すべてのシリーズで、CPUに“Ivy Bridge”という開発コード名で呼ばれてきた「第3世代Core プロセッサー・ファミリー」を搭載し、チップセットをはじめとするプラットフォームにIvy Bridgeに対応する“Chief River”を採用する。

 ほとんどのモデルは、本体のデザイン、サイズ、重さが従来モデルとほぼ共通する。ただし、すべてのモデルで、ThinkPad Classicシリーズが継承してきた“7段レイアウトキーボード”ではなく、ThinkPad Edgeシリーズで導入が始まって、最近では、ThinkPad X1シリーズなどでも採用する「6列プレシジョン・キーボード」を搭載した。

kn_tp12smmatome_13.jpgkn_tp12smmatome_14.jpgkn_tp12smmatome_15.jpg ThinkPad T430(写真=左)に、ThinkPad X230(写真=中央)、そして、ThinPad X230 Tablet(写真=右)

 1つ1つのキートップが独立したアイソレーションタイプのキーボードで、配列は6段となる。レノボ・ジャパンは、このキーボードレイアウトの採用で、キートップの表面領域は従来の30パーセント広くなり、隣り合うキーの間隔は約5倍となることを訴求する。また、従来のキーボードにおける操作感を実現していた人間工学に基づいた“心地よい”と感じるキーを押したときの反発も、そのまま受け継いでいると説明している。

 ハードウェアの変更では、このほかにも、Lシリーズ以外のモデルで、温度管理、セキュリティー維持、電力管理をワンチップで行う「ThinkEngine」を実装した。また、WシリーズとTシリーズのボディに新しいカーボンファイバーを採用、本体重量を変えることなく堅牢性の強化が可能になった。ほかにも、すべてのシリーズでDisplayPortとUSB 3.0を用意、BluetoothのHIDエミュレータのサポート、Powered USBの搭載も行った。

 WシリーズとTシリーズ、Xシリーズでは、CPUのクーラーユニットに内蔵するファンの形状に「第6世代」となるフクロウファンを採用した。新しいファンの形状では、風量を3割増加した一方で、ファンに付着するほこりを最小限にすることで、ファンの性能を維持するようにしている。

kn_tp12smmatome_16.jpgkn_tp12smmatome_17.jpgkn_tp12smmatome_18.jpg ThinkPad W530(写真=左)に、ThinkPad L530(写真=中央)、そして、ThinkPad L430(写真=右)

EE3の導入で使い続けても起動時間は短く

 ハードウェアの変更以外にも、起動時間を40パーセント短くするという「Lenovo Enhanced Experience 3 for Windows 7」(Lenovo EE3)を全モデルで導入した。従来からあるOSの起動フェーズをカスタマイズすることで、使い始めるまでの初期化時間を短くする機能だが、Lenovo EE3では、「RapidBoot」採用でWindows 7の起動時間を平均で40パーセント速くするだけでなく、「BootShied」によって、ユーザーがアプリケーションをインストールした状態でも、起動時間を工場出荷時とほぼ同じ速さを保つという。

 ほかにも、無線LANの高速接続を可能にする「RapidConnect」やスリープからの復帰を短時間で行う「RapidRedume」、ピークシフト機能を全モデルで導入する。

 新しい周辺機器としては、「ThinkPad USB 3.0 ミニ・ドック シリーズ」など4機種が登場する。複数の周辺機器やネットワークを一度に接続するドッキングステーションで、インタフェースにUSB 3.0を備える。この中の「ThinkPad USB 3.0 ミニ・ドック プラス シリーズ 3−90ワット」の主な仕様は、サイズが345(幅)×199(奥行き)×56(高さ)ミリ、重さは0.94キロで、備えるインタフェースは、USB 2.0が6基、USB 3.0が1基、アナログRGB、DVIが2基、DisplayPortが2基、マイク入力、ヘッドフォン出力、有線LANとなる。

kn_tp12smmatome_19.jpgkn_tp12smmatome_20.jpg ThinkPad USB 3.0 ミニ・ドック シリーズ

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.