ニュース
» 2012年06月20日 18時30分 UPDATE

Amazonギフト券が当たるかも:トレンドマイクロ、パスワード管理ツールの無料配布を開始

トレンドマイクロは、WebサイトのIDとパスワードを自動で記録して管理するソフト「パスワードマネージャー」の無料版を公開した。ソフトを使用するとAmazonギフト券が当たるキャンペーンも開催する。

[池田憲弘,ITmedia]
photo 同社が行ったパスワード管理方法の調査結果。管理ツールを利用している人は少なく(10%程度)、覚えられる範囲のID・パスワードを共通で使用したり、手帳、付せん紙(ポストイット)、メモ帳に書いて覚えている人が多いという

 トレンドマイクロは6月20日、パスワード管理ソフト「パスワードマネージャー」の無料版を公開した。専用サイトよりダウンロードできる。配布期間は2012年6月20日から2012年8月14日まで。

 「パスワードマネージャー」は、一度ログインしたWebサイトのIDとパスワードを自動で記録し、同社のクラウドサーバに保管する。IDとパスワードは暗号化して保管される。パスワード登録後は登録したWebサイトに自動でログインできるようになる。

 PCではWebブラウザのプラグインとして利用できるほか、iOSやAndroid OS用の専用アプリも用意する。PC用ソフトが登録した情報と自動的に同期するので、PCで登録したWebサイトであれば、iOS/Android OSデバイス(各OSの標準ブラウザに対応)でもIDとパスワードが自動で入力される。Android用アプリはGoogle Playストアで公開済みで、iOS用のアプリは近日中に公開するとしている。

photophotophoto 機能の解説を行った同社コンシューマー マーケティング部プロダクトマネージャーの石橋達司氏。「スマホは画面が小さいので、フォームに入力しにくいが、管理ツールを使えば容易にログインできる」とアピールした(写真=左)。パスワードマネージャーの主な特徴(写真=中央)と仕組み(写真=右)

 このほか、英数字と記号を組み合わせたパスワードを自動で作成する機能や、氏名や電話番号、住所といった個人情報をあらかじめ登録し、Webサービスのアカウント作成時に、個人情報の入力フォームに自動で入力する機能を備える。無料版では、最大5つのIDとパスワードを登録可能で、2012年秋に提供予定の有料版では登録数は無制限となる。

photophotophoto PCではWebブラウザのプラグインで利用できる(写真=左)。パスワード作成機能のデモ。指定した文字数で、英数字をランダムに配列した文字列が生成される(写真=右)
photophoto 保存したIDやパスワードをcsv形式でエクスポートできる。パスワードロック付きのzip形式にすることも可能だ

 対応OSはWindows 7(SP1)/Vista(SP2)/XP(SP2、32ビット版のみ)で、対応ブラウザはInternet Explorer 7/8/9、Firefox 3.6〜12、Google Chrome 6〜13となる。スマートフォン、タブレットデバイス用アプリの対応OSは、Android 2.x〜3.x、iOS 3.x〜5.0となる。Android 4.0以降については「有料版リリースまでに対応する予定」(同社担当社)としている。有料版は月額課金制で、価格は200円/月未満になる予定だという。無料版の配布はいったん8月14日で終了するが、有料版の公開後に改めて配布を行う。

 無料版の公開を記念して、当ソフトをダウンロードしてユーザー登録をした人の中から抽選で50人にAmazonギフト券2000円分をプレゼントするキャンペーンを実施する。また、FacebookやTwitterでキャンペーン情報をシェアすると、抽選で100人にAmazonギフト券1000円分が当たる。キャンペーンの開催期間は、無料版の配布期間(2012年6月20日から8月14日)と共通する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう