レビュー
» 2012年07月03日 16時30分 UPDATE

この価格にして、この性能あり:OCZ「Z-Drive R4」で究極のSSD性能を知る (1/3)

いま、秋葉原で購入可能なSSDで最も高性能と思われるのが、PCI Express x8接続対応のOCZ「Z-Drive R4」だ。突出した価格のSSDで突出した性能を体感する!

[長畑利博,ITmedia]

市販品では最上位の“性能”と“お値段”

 Z-Drive R4シリーズは、クラウドコンピューティングやデータセンターといったエンタープライズ用途向けに開発されたSSDだ。Serial ATA接続を採用する通常のSSDと異なり、PCとの接続方法はPCI Express 2.0 x8を使用する。OCZ独自の仮想化コントローラ技術である「VCA 2.0」を採用、サーバ用途では必要不可欠なSCSIコマンドセットもサポートする。

kn_zdrvr4_01.jpgkn_zdrvr4_02.jpgkn_zdrvr4_03.jpg 奥行が、242ミリと大型グラフィックスカード並みのサイズとなっている。外部電源は必要とせず、PCI Expressバスから供給する電力だけで駆動する。消費電力はアイドル時で23ワット、アクティブ時で26ワットとなっている。搭載するコントローラは、SandForce「SF-2282VB1-SCC」で、基板の裏表に4基ずつ搭載している(写真=左、中央)。Z-Drive R4の基板裏面。インタフェースはPCI Express x8接続となっているが、この性能評価作業では、PCI Express x16対応拡張スロットに接続している(写真=右)

 この記事で評価する“Cシリーズ”は、大容量でフルハイトサイズの「CM88」と、小容量でハーフハイトサイズの「CM84」というように、サイズごとにラインアップを分けている。容量は、フルハイトモデルが800Gバイト、1.6Tバイト、3.2Tバイトをそろえ、ハーフハイトモデルは、300Gバイト、600Gバイト、1.2Tバイトを用意する。フルハイトモデルは拡張カードの幅が約98.4ミリ、ハーフハイトモデルは、約68.91ミリとなっている。

 スペックに記載しているZ-Drive R4シリーズの性能は、フルハイトモデルでシーケンシャル読み出し、シーケンシャル書き込みともに2800Mバイト/秒、1秒間に実行できる4Kバイトファイルデータの読み書きの回数を示すIOPSの数値は、50万IOPS、4Kバイト書き込みに関しては41万IOPSとなる。ハーフハイトモデルでは、シーケンシャル読み出し、シーケンシャル書き込みともに2000Mバイト/秒、1秒間に実行できる4Kバイトファイルデータの読み書きの回数を示すIOPSの数値は、26万IOPS、4Kバイト書き込みに関しては25万IOPSとなる。

OCZ Z-Drive R4 Cシリーズの主な仕様
シリーズ名 CM88(フルハイトモデル) CM84(ハーフハイトモデル)
製品名 ZD4CM88-FH-800G ZD4CM88-FH-1.6T ZD4CM88-FH-3.2T ZD4CM84-HH-300G ZD4CM84-HH-600G ZD4CM84-HH-1.2T
容量 800Gバイト 1.6Tバイト 3.2Tバイト 300Gバイト 600Gバイト 1.2Tバイト
メモリの種類 MLC
外形寸法(奥行き×幅×高さ) 242×98.4×17.14ミリ 168.55×68.91×17.14ミリ
重量 262グラム 119グラム
インタフェース PCI Express 2.0 x8
ストレージコントローラ OCZ SuperScal
SSDコントローラ SandForceR 2281×8 SandForceR 2281×4
シーケンシャルリード 最大 2800Mバイト/秒 最大 2000Mバイト/秒
シーケンシャルライト 最大 2800Mバイト/秒 最大 2000Mバイト/秒
4KBランダムIOPSライト 41万 IOPS 25万 IOPS
最大IOPS 50万 IOPS 26万 IOPS
MTBF 200万時間
動作環境温度 0〜70度
消費電力 アイドル:23ワット、アクティブ:26ワット アイドル:14.5ワット、アクティブ:16ワット
暗号化 128ビット&256ビット AES準拠
対応OS Windows 7、Windows Server 2008、Linux Red Hat Enterprise 6.1
保証期間 3年間

 いずれにしても、サーバ用モデルならではの“爆速”だ。この性能は、Intel SSD 520などでも利用しているコントローラ「SandForce 2281」を、フルハイトモデルのRM88で8個、ハーフハイトモデルのRM84で4個搭載して、それぞれを、同社のOCZ SuperScalストレージコントローラで制御する。

 このように、本製品は現時点におけるSSDに導入できるスペックの頂点ともいえるモデルだが、その分、価格も頂点を極めている。フルハイトCM88の800Gバイト「ZD4CM88-FH-800G」が実売約120万円、1.6Tバイト「ZD4CM88-FH-1.6T」が実売約220万円、3.2Tバイト「ZD4CM88-FH-3.2T」にいたっては約400万円と、高級国産車や外国車級だ。フルハイトモデルより価格設定が低いハーフハイトCM84では、300Gバイトの「ZD4CM84-HH-300G」が実売約50万円、600Gバイト「ZD4CM84-HH-600G」が実売約88万円、1.2Tバイト「ZD4CM84-HH-1.2T」が実売約152万円と、フルハイトモデルの価格を知った直後に聞くと確かに安い。

kn_zdrvr4_04.jpgkn_zdrvr4_36.jpgkn_zdrvr4_05.jpg 評価した機材のフラッシュメモリは、128Gビットの「29F16B08CCME2」を実装する。片面に62基載せている(写真=左)。基板は2層構造になっており、裏表の合わせて4面は、248基のメモリチップが埋め尽くしている(写真=中央)。カードの後端にアクセスランプを備える(写真=右)

関連キーワード

SSD | OCZ Technology | アスク | ストレージ


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.