ニュース
» 2012年10月05日 15時39分 公開

KOUZIRO、SandyBridge-E搭載の最上位デスクトップ「GZ」シリーズを発売

KOUZIROは、同社製最上位デスクトップPC「GZ」シリーズのリニューアルを発表、新モデル4製品の販売を開始した。

[ITmedia]
photo GZシリーズ

 KOUZIROは10月5日、同社製最上位デスクトップPC「GZ」シリーズのリニューアルを発表、新モデル計4製品「FRGZ816/D」「FRGZ816V/D」「FRGZ916/D」「FRGZ916V/D」の販売を開始した。BTOカスタマイズに対応、標準構成価格はそれぞれ11万9800円/14万4800円/16万9800円/18万9800円(税込み)。

 4製品はいずれもマザーボードとしてIntel X79チップセット搭載製品を採用したミドルタワー型のデスクトップPCで、FRGZ816/D/同V/DはCore i7-3930K(3.2GHz)を、FRGZ916/D/同V/DはCore i7-3960X(3.3GHz)を標準搭載した。

 メモリはDDR3 16Gバイト、HDDは1.5Tバイト/2Tバイトを内蔵。グラフィックスカードはそれぞれGeForce GTX 560/同 670/同 570/同 680を装備した。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう