ニュース
» 2012年10月29日 14時45分 UPDATE

暗所で省電力モードに:バッテリー切れの心配なし――「パワーセービング機能搭載 ソーラーウォッチシリーズ」

上海問屋から、ソーラーパネルを内蔵する腕時計が発売された。節電機能も備える。価格は2999円。

[池田憲弘,ITmedia]
photo ソーラー充電対応 パワーセービング機能搭載 ソーラーウォッチシリーズ。ベルトはメッシュタイプだ

 エバーグリーンは10月29日、同社直販ショップ“上海問屋”で「ソーラー充電対応 パワーセービング機能搭載 ソーラーウォッチシリーズ」(DN-81378)を発売した。価格は2999円(税込み、送料別)。

 この製品はソーラーパネルを内蔵する腕時計だ。約3日間光が当たらず、充電が行われないと時計の動きを止める節電機能を備えるほか、バッテリー残量の確認も行える(3段階)。

 文字盤は、目盛り表示のみのAタイプと、アラビア数字が表記されたBタイプの2種類で、AタイプとBタイプそれぞれ3色のカラーバリエーションを用意する。時計部分のサイズは40(直径)×13(厚さ)ミリ。腕周りは14〜20センチに対応しており、重量は約40グラム。3気圧防水機能を備える。

photophoto 秒針が0の地点でリューズを引き、再度押し込むと、秒針が移動してバッテリー残量が確認できる。バッテリー残量専用の目盛りは左下にある(写真=左)。文字盤の表記が異なる2タイプを用意。目盛り表示のAタイプはホワイト、カーキ、オレンジの3色、アラビア数字の表記があるBタイプはレッド、カーキ、ブラックの3色を用意する(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう