ニュース
» 2012年11月28日 10時07分 UPDATE

OCZ、“Barefoot 3”コントローラ採用のSATA 6Gb/s対応SSD「Vector」

アスクは、OCZ Technology製となるSATA 6Gb/s接続対応の2.5インチSSD「Vector」シリーズ3製品の取り扱いを開始する。

[ITmedia]
photo

 アスクは11月28日、OCZ Technology製の2.5インチSSD「Vector」シリーズ3製品の取り扱いを発表、11月末に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は128Gバイトモデルが1万3400円前後、256Gバイトモデルが2万4300円前後、512Gバイトモデルが4万8900円前後だ。

 Vectorシリーズは、SATA 6Gb/s接続に対応した2.5インチSSDで、7ミリ厚の薄型筐体を採用。Indilinx製最新コントローラとなる「Barefoot 3」を採用しているのが特徴で、転送速度はリード最大550Mバイト/秒、ライト最大530Mバイト/秒を実現した。IOPS値は4Kランダムリード時で10万IOPSとなっている。

 3.5インチ変換アダプタが付属。またソフトウェアとして、バックアップソフト「Acronis True Image」のライセンスキーも利用できる。

関連キーワード

SSD | アスク | OCZ Technology | Serial ATA | 転送速度


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.