レビュー
» 2012年12月12日 16時30分 UPDATE

これは懐かしすぎる:「MacBook Pro Retina」にトースターを飛ばしてみた (1/2)

今から20年ほど前、あなたのMacintoshにも羽根付きのトースターが飛んでいたのではないだろうか。そして2012年の師走、Retinaディスプレイ世代のMacBook Proにアイツが帰ってきた。

[前橋豪,ITmedia]

Macユーザーを魅了した古典的ゆるキャラ「フライングトースター」

tm_1212flying_01.jpg 復活した「フライングトースター」の勇姿

 昔からのMacユーザーなら誰でも知っている人気キャラクター「フライングトースター」がひそかに復活を遂げている。

 インフィニシスは2012年12月6日、フライングトースターのスクリーンセーバーを発売した。12月20日までフライングトースターの携帯ストラップをもらえるプレゼントキャンペーンも実施中だ。これはちょっと気になる、という古参Macユーザーも少なくないだろう。

 一応説明しておくと、フライングトースター(Flying Toaster)とは、米Berkeley Systemsが開発したMac向けのスクリーンセーバー「After Dark」に含まれる人気キャラクターだ。日本ではインフィニシスが販売している。

 After Darkは1989年に初めて発売された、スクリーンセーバーの先駆けとなるソフトウェアの1つ。当時のMac OSはスクリーンセーバーを標準搭載しておらず、「高価なMacのCRTディスプレイが焼き付いては大変だ」と、多くのユーザーが積極的にスクリーンセーバーを購入して使っていた。PC歴が長くない方には信じられないかもしれないが、スクリーンセーバーが有料ソフトの一大ジャンルとして幅を利かせていた時代だ。

 さまざまなスクリーンセーバーを収録したAfter Darkの中でも、このフライングトースターは別格に違いない。翼が生えた多数のトースターが飛行するという、意味不明ながらどこか愛らしいキャラクターの映像がMacユーザーのユーモアセンスとうまくシンクロしたのか、スクリーンセーバーの定番としての地位を世界中で確立し、後にはWindowsにも移植された。古典的スクリーンセーバーの代表的な存在だ。

MacBook Pro Retinaディスプレイモデルでよみがえる飛ぶトースター

tm_1212flying_02.jpg 「After Dark X + fish」は残念ながらIntel Mac非対応

 そんなAfter Darkだが、今でも一応インフィニシスが最新版の「After Dark X + fish」をダウンロード販売している。ただし、対応OSはMac OS X 10.0.4〜10.4にとどまり、Intel Macでは動作しないため、フライングトースターは事実上、終息したコンテンツとなっていた(非公式なフリー版などはネットでも見かけるが)。

 ところが2012年12月6日、インフィニシスは突如After Darkからフライングトースターのスクリーンセーバーだけを復活させ、直販サイトの「Shop Infinisys」にてダウンロード販売を開始した。対応OSはMac OS X 10.6以降(10.8対応)なので、もちろん最新のMacで利用できる。価格は390円だ。

 Mac App Storeで購入できず、今さら古いスクリーンセーバーが有償というのは心に引っかかるものもあるが、公式版で390円の安さだったら最新のMacにトースターを再び飛ばしてみるのも一興という気になってくる。

 というわけで、フライングトースタースクリーンセーバーを購入して、「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」の画面に早速飛ばしてみた。

tm_1212flying_03.jpg 「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」に表示した「フライングトースタースクリーンセーバー」

 ……うん、懐かしいけど、まあこんなもんだよね。

 正直にいうと、最初に映したときは思ったほどの感動がなかったが、よく見ると、なかなか凝っていて楽しませてくれるのだった。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-