ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「トースター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トースター」に関する情報が集まったページです。

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
バルミューダフォン今日発売 “酷評”でも100人中1人が欲しければ大成功になる意外なワケ
バルミューダの株価が、コロナショックの安値を大きく下回った。「BALMUDA Phone」に対する市場の反応は“期待はずれ”だったようだ。しかし、同社の経営計画を確認すると少なくとも会社が傾くような失敗とはならない。そればかりか、一定の成功を収める可能性すら秘めている。(2021/11/26)

家電メーカー進化論:
賛否両論の「BALMUDA Phone」、否定的意見は“想定内”
デザイン性の高さと常識にとらわれない家電を生み出してきたバルミューダがスマートフォン「BALMUDA Phone」を発表した。4.9インチで10万円超の価格には、賛否両論が飛び交う。発表会で寺尾社長が語った言葉とスマートフォン事業の統括メンバーへのインタビューから、デジタル機器市場で同社が実現したいことを探る。(2021/11/26)

はなわ、半年前に購入した新居を家族でDIY増築 夫婦仲良く料理する姿にほっこりする人が続出
ウッドデッキとフェンス作り。(2021/11/24)

メカ設計メルマガ 編集後記:
バルミューダのスマホは独自アプリの面倒を見続けられるのか
話題のスマホだけにさまざまな意見がありますよね。(2021/11/24)

トースターに興味津々な猫ちゃん、次の瞬間……!? びっくりして飛び跳ねる猫ちゃんのジャンプがすごい
これはびっくりしちゃうね。(2021/11/22)

石野純也のMobile Eye:
「BALMUDA Phone」に落胆の声が多かった理由 “スマートフォンの本質”を改めて考える
高級家電メーカーとして知られるバルミューダが初めて開発したスマートフォン「BALMUDA Phone」が登場。小型のボディーに直線のないデザインを採用したが、発売後には否定的な意見が多くを占めた。こうしたリアクションからは、スマートフォンという製品を開発する難しさも浮き彫りになる。(2021/11/20)

バルミューダがスマホ市場に投じた「河原の小石」──「BALMUDA Phone」に勝機はあるのか
バルミューダが11月16日に発表した5Gスマホ「BALMUDA Phone」。バルミューダがこれまで得意としてきた扇風機やトースターのような生活家電と比べても、参入障壁が高い分野といえる。バルミューダにとっての勝機はどこにあるのか。(2021/11/18)

「BALMUDA Phone」の実機に触れて感じた「こだわり」と「足りないもの」 10万円超の価値はある?
バルミューダ初のスマートフォン「BALMUDA Phone」が発表された。11月16日の発表会後、実機に触れる機会を得たので、ファーストインプレッションをお届けする。BALMUDA Phoneが問いかけるのは「今のスマホは自然なものなのか」という疑問だ。(2021/11/18)

BALMUDA Phoneには何が欠けているのか 「デザイン」と「新規参入」のジレンマ
テクノロジージャーナリストの西田宗千佳さんが、バルミューダ初のスマートフォンが抱える問題点を分析した。(2021/11/18)

お湯・ラップ不要でレトルト温められる家電 一部でパウチ破裂の報告 メーカーに使用の注意点を聞いた
150グラム以下のレトルト食品はダイヤルを1/2より手前で設定するなど、過熱を防ぐ必要あり。(2021/11/5)

千原ジュニア、イタリアの珍車オブ珍車「フィアット 600」買っちゃった! 「あまりにもクルマのデザインから外れすぎている」伝説の名車
君に決めた!(2021/10/31)

全農「柿は焼いてもうまい」 カスタードみたいにとろっとろな「焼き柿」のレシピを試してみたら革命が起きた
あま〜〜〜〜〜い!!!(2021/10/20)

「しいたけとチーズでマリトッツォしたらかわいいかも」→ 天才的発想で挑戦するも当然のごとく惨敗した写真をどうぞ
残念!(2021/10/6)

IT起業家がパン屋に:
焼き立てパンは置いていません! パン屋の”当たり前”をくつがえす「時をとめるベーカリー」は、なぜ生まれたのか?
パン屋の魅力といえば、焼き立ての香りが充満する空間でおいしそうにテカテカと光るパンを選ぶことといっても過言ではないだろう。神奈川県・瀬谷駅直結のパン屋「時をとめるベーカリー」はそんなパン屋の常識をくつがえす。「うちには焼き立てパンは置いていません」。どういうことなのだろうか? パン屋の魅力をとっぱらった店はなぜ生まれたのか?(2021/9/30)

「ギガたこ焼き器」「回転寿司トレイン」が楽しめる! 大阪難波のホテルでおもしろ家電が使える宿泊サービスがスタート
楽しそう。(2021/9/11)

家電からバイクまで何でも“ぜんまい仕掛け”風になる装置が楽しい 公開1週間で商品化も決定
いろんなものに付けて遊びたい。(2021/9/7)

ねとめし:
ピザ用チーズにマヨネーズを混ぜるだけ! 2倍とろける“究極のチーズトースト”が「罪深い味」だと話題に
どうして義務教育で教えてくれなかったんですか。(2021/9/4)

おもしろ家電を満喫:
「焼きペヤングメーカー」や「回転寿司トレイン」を楽しめる宿泊プラン 大阪の施設で提供開始
家電メーカーのライソンとサービスアパートメント「フレイザーレジデンス南海大阪」が、ユニーク調理家電が体験できる宿泊サービスの提供を開始した。(2021/9/3)

お湯不要、レトルト温め専用マシン「レトルト亭」登場
レトルト食品を温めるための専用ヒーター「レトルト亭」の事前オーダーがスタート。お湯も不要で手軽だ。(2021/9/1)

森永の「ムーンライトクッキー」「チョコチップクッキー」をおうちで焼ける冷凍生地が登場 首都圏エリアで発売
SNSなどでの反響を受け、販売エリアを拡大。(2021/9/1)

家電メーカー進化論:
“パナの特許”と“世界ブランド”でイノベーション 2万円トースター誕生の裏側
千石の手掛ける「アラジン」のオーブントースターは、特許技術の高性能ヒーターとレトロなデザインを組み合わせて大ヒット。旧三洋電機の下請け工場として創業したが、今や家電製品の企画、開発、製造、販売まで一貫して行うメーカーだ。家電メーカーになるまでの経緯、今後についてを専務取締役の千石滋之氏に聞いた。(2021/8/27)

バルミューダが新ブランド「BALMUDA Technologies」発表 第1弾は5Gスマートフォン
バルミューダが8月6日、新ブランド「BALMUDA Technologies」を発表。IT機器やAV機器などの「技術集積度の高い製品」を扱う。第1弾製品として、11月に5Gスマートフォンを発売する。(2021/8/6)

あのスペース、意外と危ない “コンロ奥側にある穴”の上に置いたら、電気ケトルがドロドロに溶けちゃった理由
そもそも、何のための穴なんです?(2021/9/2)

家電メーカー進化論:
「焼きペヤングメーカー」開発秘話 クラウドファンディングで“個性”が大ヒット
「ギガたこ焼き器」や「せんべろメーカー」、「焼きペヤングメーカー」など、ひときわ個性的な家電を展開するライソン。「ライソン発の、世界初をつくる。」と掲げ、ワイヤレススピーカーやアウトドア用品まで展開する。新興メーカーの戦略と、アイデアあふれるものづくりについて代表取締役の山俊介氏に話を聞いた。(2021/7/30)

あずきバーの井村屋が初の“餡ぱん”を発売 長年のあずき加工技術を活用
冷凍販売となります。(2021/7/19)

炭水化物・オン・炭水化物 ローソンから「フライドポテトパン」登場
カレー粉で味付けしたフライドポテトをのせました。(2021/7/13)

ブックオフの余剰在庫をジモティーで販売 倉庫スペース削減と収益化へ2社が実証
地域情報サイト「ジモティー」がBOOKOFFと提携し、店舗の余剰在庫を特定地域内で販売する実証事業を行う。従来の基準では販売できず倉庫を圧迫していた商品をジモティーで販売し、収益化とともに地域内のリユースを促進する。(2021/7/12)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
科学×工作×アート=「モノづくり教育」
「日本科学未来館」とご一緒にいかが?(2021/7/8)

象印マホービン、12月〜5月期の純利益は51%増 背景に巣ごもり需要の拡大
象印マホービンが発表した、20年12月〜21年5月の連結決算、巣ごもり需要の拡大で調理家電が伸び、純利益は前期比51.3%増の30億円だった。(2021/6/30)

現地を取材:
オープン1週間で満室! 在宅勤務の20代がソーシャルアパートメントを選ぶワケ
グローバルエージェンツが5月末にオープンしたソーシャルアパートメント「ネイバーズ鷺沼」が人気である。開業2カ月前から集客を開始したところ、約180件の問い合わせを集め、オープンして1週間後には全60室が満室に。住民の多くは20代のリモートワーカーだ。(2021/6/27)

郷土食やマタギ登場 長野・栄村初オンラインツアー
長野県の最北端、栄村を訪れる初のオンラインツアーが7月4日に開催される。事前に届いた食材から栄村の味覚を調理して味わったり、東北から移り住んだマタギの子孫と出会ったり、時空を超えた旅を楽しめる企画を体験した。(2021/6/25)

Tech TIPS:
突然現れたタスクバーの天気予報を非表示にする【Windows 10】
Windows 10を再起動したら、突然、タスクバーの右側に天気が表示されるようになった、という人も多いのではないだろうか。これは、Windows 10の新機能「ニュースと関心事項」である。このアイコンにマウスをホバーすると、トースターでニュースなどが表示されるようになった。この機能を無効化したり、より使いやすく設定したりする方法を紹介しよう。(2021/6/21)

PR:サッポロビールさん何やってるんですか! 商品担当者にプレゼンしてもらったら想いがアツすぎて謎の対決をする事態に
サッポロ2大新ジャンルの頂点をかけた戦いが今、始まる。(提供:サッポロビール株式会社)(2021/6/8)

Windows 10 The Latest:
Windows 10 May 2021 Update(バージョン21H1)で追加された機能、削除された機能まとめ
2021年5月21日に2021年の上期(春)の機能アップデート「Windows 10 May 2021 Update(バージョン21H1)」の正式提供が開始された。既にWindows Updateのオプションの更新プログラムとして多くのPCに提供されているようだ。そこで、このMay 2021 Updateで追加された機能、削除された機能についてまとめてみた。(2021/5/27)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
カーボン削り出しのトースター「Sumi Toaster」がなぜ最新のオーブントースターに勝てるのか 開発陣に聞いてきた
削いで削いで作られた美しいトースター。コンロに乗せて焼きます。(2021/5/20)

祖母が魚を切っていたら包丁が「プンッ」と真っ二つ “使い方が悪かったわけではない”のに折れてしまった理由
「振り向くと、包丁の刃だけが床の上ですべって回転していました」。(2021/7/2)

バルミューダがスマホ事業に参入、京セラとタッグ 11月にソフトバンクから5G機種を発売へ
バルミューダが携帯電話事業に参入すると発表した。11月以降、ソフトバンクから自社開発の5G対応機種を発売するという。自社工場を持たないため、京セラに製造を委託する。(2021/5/13)

家電メーカー進化論:
快進撃を続けるアイリスオーヤマ、家電開発部長に聞く「なるほど家電」の作り方
アイリスオーヤマの家電といえば、シンプルな機能とリーズナブルな価格帯に加え、他メーカーにない便利機能を搭載した「なるほど家電」が特徴だ。この「なるほど」機能の発想はどこから出てくるのか。アイリスオーヤマの家電開発部をまとめる執行役員 家電開発部部長 原英克氏に話を聞いた。(2021/4/21)

【料理で事故った体験談】火の出方が怖い…… 魚焼きグリルを洗わないまま使い続けた結果→コンロの上に火柱
グリルの排気口から……というケースがあるとか。(2021/5/20)

【料理で事故った体験談】タケノコのアク抜きに初挑戦→圧力鍋が米ぬかを噴射する“逆スチームクリーナー”に
ほふく前進しないとコンロに近づけないレベル。(2021/5/21)

ガラス窓仕様の「アラジン グラファイト ポップアップトースター」発売 焼き上がるトーストを視覚的に楽しめる
外はカリッと、中はモチモチのトーストが焼き上がります。(2021/4/16)

ステーキを食べようと思ったらキッチンが殺人現場みたいに…… 「フライパンに残った油+赤ワイン」でソースを作ろうとして事故った体験談
いろいろな意味で恐ろしい(見た目とかヤケド、火災などのリスクとか掃除の手間とか)。(2021/5/12)

【料理で事故った体験談】野菜炒めを作っていたら、フライパンの柄が“弾け飛んだ”
一体、どういうことなんです?(2021/4/12)

水曜インタビュー劇場(アツアツ公演):
パナの高級トースター「ビストロ」は、なぜ2倍ペースで売れているのか
パナソニックが高級トースター「ビストロ NT-D700」を発売した。価格は3万円近くするのに、前年比2倍ペースで売れているという。従来機と比べて、デザインが大きく変わったビストロはなぜ売れているのか。担当者に聞いたところ……。(2021/3/10)

「ケーキに生まれ変わるゴリラの最後」にTwitter民爆笑! 沈むように溶けていくようだと話題に
【画像】I'll be back.(2021/3/6)

ピザってこんなにふくらむっけ? 風船みたいなチルドピザの写真が話題、メーカーに原因を聞いた
てっきりそういう新製品かと。(2021/2/18)

“生トースト”焼ける「凝縮過熱水蒸気方式」のトースター アイリスオーヤマから
アイリスオーヤマは、「凝縮過熱水蒸気方式」により、しっとり・モチモチ食感の「生トースト」を焼けるというマイコン式オーブントースターを発売する。(2021/2/16)

家電メーカー進化論:
「100億円プレーヤーはもう飽きた」変わり続けるバルミューダの野望
2020年12月16日には東証マザーズに上場したバルミューダ。前回はクリーナーを軸に、製品の開発工程や同社ならではのスピード感、デザインへのこだわりについて紹介した。今回は、同社が上場を目指した目的、上場後の未来と野望について、代表取締役社長の寺尾玄氏に語っていただいた。(2021/1/28)

スープ春雨やミニトマトの容器をアクセ化 プラ容器を焼いて縮めた細工が危険ながらもキュートな香り
かわいいけれど安易にマネできない諸刃の剣。(2021/1/27)

家電メーカー進化論:
なぜ次々と新ジャンル? バルミューダが社長一本槍から脱却目指すワケ
家電メーカーが絶え間なく進化を続ける秘訣を紹介する「家電メーカー進化論」。初回は、20年12月に東証マザーズへ上場を果たしたバルミューダだ。新型クリーナーの開発工程から見るスピード感とこだわり、株式上場の目的と今後について、代表取締役社長の寺尾玄氏にうかがった話を全2回でお送りする。(2021/1/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。