ニュース
» 2013年01月21日 17時48分 UPDATE

携帯/タブレットでPC画面を撮影するとファイルが自動で転送されてくる――富士通研究所が新技術を開発

富士通研究所は、PC画面を撮影することにより画面に表示されているファイルをPC−携帯電話間で転送可能とする技術を開発した。

[ITmedia]
photo 動作原理

 富士通研究所は1月21日、PC画面を撮影することで、画面に表示されているファイルをPC−携帯電話間で転送可能とする“映像媒介通信技術”を開発した。

 この技術では、IPアドレスなど端末固有の情報を、目に見えない形でPC画面にリアルタイムに重ねあわせる。これを携帯電話のカメラで撮影することにより、被写体のPCを自動で特定し、自動的にPCと携帯電話間での通信を確立した上で、画面に表示されているファイルを携帯電話へ転送することができる。

 用途としては、会議中に投影されているプレゼン資料などを複数の参加者が同時に撮影してダウンロードを行ったり、撮影した写真をPCに転送する――などの利用法が期待されるとしている。今後はPC−携帯電話への通信速度改善などを行い、2014年中の実用化を目指す予定だ。

 今回の新技術は、2月25日から2月28日にスペインのバルセロナで開催される「MWC 2013 (Mobile World Congress 2013)」に展示される予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.