ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ファイル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ファイル」に関する情報が集まったページです。

キングジムに手のひらサイズの文房具シリーズが登場! “キングファイル”そっくりなクリップなど3種のアイテム発売
かわいさと実用性で活躍しそうな「キングファイルクリップ」「キングファイルふせん」「ミニ保存ボックス」。(2022/5/25)

山市良のうぃんどうず日記(232):
「C:\Windows\WinSxS」(コンポーネントストア)は絶対に触れてはいけないWindowsの“聖域”
Windowsの「C:\Windows\WinSxS」フォルダのサイズが気になってしょうがないユーザーは多いようです。特に「C:\Windows\WinSxS\Temp」は一時フォルダなんだから、何とかしてファイルを削除して中身を空っぽにしたいと考えている人がいるようです。でもそれ、絶対にダメですよ。(2022/5/25)

Inside-Out:
2020年度、200倍に急増した迷惑メールとパスワード付きZIP対策【IIR Vol.51】
株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)の技術情報誌「Internet Infrastructure Review(IIR)Vol.51」より、迷惑メールと暗号化ZIPファイルについてのレポートを転載してお届けします。(2022/5/20)

PR:月額無料でPDFファイルに認定タイムスタンプを付与できる “改正電子帳簿保存法”対応「みんなのタイムスタンプ」登場 その実力は?
(2022/5/20)

「ファイル閉じなくても保存できるんですか?」 “上書き保存”を知らなかったPC初心者のエピソードに反響
いまいちかみ合わない会話が面白い。(2022/5/16)

Google Colaboratory入門:
Google Colabで知られていないが有用な機能7選
Colabをもっと便利に活用するためのTips(インタラクティブ・テーブル、実行履歴、コードによるファイル表示、絵文字&LaTex文字の入力サポート、コマンドパレット、GitHub用リンク付きバッジ生成、Colab新バージョンのリリースノート閲覧など)を紹介する。(2022/5/16)

Tech TIPS:
【Windows 11】SSD、仮想ディスク時代の「ドライブの最適化」ツール活用法
ストレージとして「ハードディスク」ではなく、「SSD」を搭載するようになった現在、ファイルを連続した領域に並べ直す「デフラグ」はあまり意味がなくなってきている。では、Windows 11の「ドライブの最適化」ツールは意味のないものなのだろうか。「ドライブの最適化」ツールの意味と使い方、注意点を紹介しよう。(2022/5/13)

連休明けのメールチェックに潜む“罠” IPAなどが警戒呼びかけ
連休明けのメール確認をきっかけにマルウェアに感染するリスクが高まっているとして、IPAなどが注意喚起している。連休明けは確認するメールの量が増えることから警戒が弱まり、不審なメールやその添付ファイルを開きやすいという。(2022/5/9)

WhatsApp、グループチャット上限が256人から512人に、送信ファイル容量が100MBから2GBに
Meta傘下のE2EEメッセージングサービスWhatsAppの送信ファイル容量上限が100MBから2GBに増えた。グループチャット参加人数は512人になる。また、絵文字リアクションが利用可能になった。(2022/5/9)

Emotetに新たな攻撃手段 添付されたショートカットファイルに注意
JPCERT/CCは、マルウェア「Emotet」に感染するメールの添付ファイルに、新たにショートカットファイルを使ったものが見つかったと発表した。ファイルを実行すると不正なスクリプトが実行され、Emotetに感染する。(2022/4/26)

アイティメディア、脱“PPAP” 5月から添付のZIPファイル自動削除、マルウェア対策強化
アイティメディアは5月16日から、パスワード付きZIPファイルとパスワードを同じ経路で送信する方法(いわゆるPPAP)を廃止する。セキュリティ強化が目的で、同日午後1時以降は、メール本文のみ受信し、添付のZIPファイルはフィルタリングの時点で自動削除。受信できないようにする。(2022/4/25)

アイティメディア、PPAPは添付ファイル遮断 取引先に「全面廃止」を告知
アイティメディアは情報セキュリティ対策の一環としてPPAP形式で送られてきたメールは、添付ファイルを自動で全て削除すると発表した。(2022/4/25)

“世界最恐マルウェア”「Emotet」、3月の検知数は前月比3倍に 露カスペルスキーが注意喚起
セキュリティ製品などを手掛ける露カスペルスキーが、メールの添付ファイル経由などで感染するマルウェア「Emotet」(エモテット)が活動を再開したとして、企業に注意を呼びかけている。同社によると、3月のEmotet検知数は前月比で3倍になったという。(2022/4/21)

Vtuberのローレン・イロアスさんが活動再開を発表 違法ダウンロード問題で3月2日から自粛
ファイルの著作権者に直接謝罪し、和解したそうです。(2022/4/20)

Telegram、オリジナル通知音の設定が可能に
メッセージングアプリ「Telegram」の今月のアップデートで、オリジナルのオーディオファイルを通知音に設定できるようになった。端末に保存した300KB未満で5秒未満のファイルであれば、チャットやチャンネルの通知音に設定できる。(2022/4/19)

Tech TIPS:
【Windows 11】実はいらないファイルがザックザク!? たまにはディスククリーンアップで大掃除
ディスクの空き容量が少なくなってしまった場合、キャッシュや一時ファイルなどを削除することで空き容量を増やすことができる。ただ、いちいちフォルダやファイルを探して削除していくのは面倒だ。こんな場合、ディスクのクリーンアップを利用するとよい。その方法を紹介しよう。(2022/4/18)

Markdownで素早く図を作成、編集できる:
GitHub、Markdownファイルに「Mermaid」で図を挿入可能に
GitHubは、MarkdownファイルでJavaScriptベースの作図ツール「Mermaid」を使って、インラインで図を作成できるようにした。(2022/4/12)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(122):
絶対に失敗しない! Windows 11のOSイメージ展開のためのSysprepと応答ファイルの使い方
マスターPCで作成し、「システム準備ツール」で一般化したイメージをベアメタルPCに展開する作業は、大量のクライアントPCをキッティングする作業を効率化するために古くから用いられてきました。この方法は、最新のWindows 11でも利用可能です。(2022/4/12)

Tech TIPS:
OneDriveでファイルが見つからない? そんな場合の対処方法
OneDriveのフォルダに保存したはずなのに、別のPCでそのフォルダを見てもファイルが見当たらない、そんな経験はないだろうか。このような場合は、単純に同期が遅れているケースが多いので、強制的に同期を行うことで解決可能だ。その方法を紹介しよう。(2022/4/7)

マルウェア「Emotet」増加で:
ソフトバンクG、パスワード付きZIP廃止 本文のみ受信、添付ファイルは自動削除
ソフトバンクグループ(SBG)は、4月6日からパスワード付きZIPファイルとパスワードを同じ経路で送信する方法(いわゆるPPAP)を廃止する。セキュリティ強化が目的で、同日午後3時以降は、メール本文のみ受信し、添付ファイルはフィルタリングの時点で自動削除。受信できないようにする。(2022/4/6)

Innovative Tech:
心臓の音で個人認証、精度95%以上 音のリズムやピッチを分析
スペインとイランの研究チームは、心電図から取得した心拍音を分析し、その人が誰かを特定するバイオメトリクス技術を開発した。心電図(ECG)信号をオーディオ波形ファイルに変換し、5つの音楽的特性を分析することで識別する。(2022/4/1)

なぜ「ネ申エクセル」は生まれたのか 誕生を目撃した元市役所職員が語る“美しさ”の追求
役所や行政に提出する書類でこんな書類を見かけたことはあるだろうか。セル結合を多用し、方眼紙のマス目状となった1セルに対してそれぞれ1文字のみを入力するようなExcelファイルのことだ。一時期と比べるとだいぶ減ってきたものの、まだ見かけることも多い。なぜこうした独自のフォーマットが生まれたのか。元市役所職員がその背景を語った。(2022/3/31)

技術観点で暴く“PPAPの無意味さ” 本気で脱却を目指す企業に向けた代替策
多くの企業が、パスワード付きZIPファイルをメールに添付し、別メールでパスワードを送付する「PPAP」からの脱却を目指している。メールセキュリティの専門家である上原 哲太郎氏が技術観点でPPAPの無益さを指摘し、効果的な代替策を紹介する。(2022/3/31)

「システム」のセキュリティ対策だけでは不十分
「本当に効果がある従業員のセキュリティ教育」を実現するヒント
ランサムウェアや標的型攻撃の被害が起こるきっかけの一つが、従業員宛てのメールに添付された危険なファイルやWebリンクだ。こうしたメールが起こす被害を防いだり、従業員のセキュリティ意識を高めたりするにはどうすればよいのか。(2022/3/24)

「VBAマクロ」の抑え込み【後編】
Microsoftの「VBAマクロ」原則ブロックを専門家が称賛 中には“苦言”も
「Microsoft Office」ファイルの標準設定を変更し、VBAマクロを悪用した攻撃を防ごうとするMicrosoftの取り組みを、専門家はどうみているのか。歓迎の声が上がる中、同社を批判する意見もある。(2022/3/22)

同人誌印刷の「アクシス出版」かたる不審なメール 「レンタルサーバ会社に問い合わせて、原因を究明中」
同人誌の出版業務などを手掛けるアクシス出版は、同社をかたる不審なメールを確認したと発表した。メールには、ZIP形式またはXLSM形式の添付ファイルが付いており、届いた場合は決して開かず、削除するよう注意喚起している。(2022/3/17)

「VBAマクロ」の抑え込み【中編】
VBAマクロ“原則ブロック”後に「Office」でマクロを実行する方法
ダウンロードした「Microsoft Office」ファイルは有害なマクロを含む可能性がある。対策としてMicrosoftはOfficeファイルのマクロを標準で無効にする。実行が必要なマクロがある場合、企業はどうすればよいのか。(2022/3/15)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「Emotet」って何? 感染拡大している理由は? 対策は? 副編集長に語らせた
送信者を偽って、マクロファイルを添付したメールを送りつける「Emotet」が感染拡大している。Emotetとは何か、どう注意したら良いのか、ITmedia NEWS副編集長が解説する。(2022/3/14)

「macOS 12.3」β版で発生
「macOSでOneDriveとDropboxがうまく使えない」問題はなぜ起きたのか
オンラインファイル同期サービスの代表格である「OneDrive」「Dropbox」が、Appleの「macOS 12.3」β版で正常に動作しない問題が発生した。その背景には何があったのか。(2022/3/14)

Microsoftが月の月例更新プログラムを提供開始 初期化してもファイルが残る不具合を解消
MicrosoftがWindows 10/11向けの月例更新プログラムの提供を始めた。OSを初期化しても一部のファイルが残ることがある不具合を解消した他、Windows 11では機能追加も行われる。(2022/3/11)

懐かしのP2Pファイル交換サービスLimeWireが復活 ただしNFTマーケットプレイスとして
かつてP2Pファイル交換サービスとして人気を集めたLimeWireが復活する。同サービスの資産を買収した起業家が、音楽関連のNFTマーケットプレイスとして再生させると発表した。(2022/3/10)

データ保護を守りの消費から攻めの投資へ導く
身近なファイルサーバが鍵を握るクラウド活用とDX成功への道
クラウドを利用したオブジェクトストレージは大容量で低価格だが、用途が限定的であったり、比較的低速だったり、予想外のコストが生じたりするケースもある。これをカバーする方法はあるのだろうか。(2022/3/14)

製品動向:
イマジオム、画像ファイルの分類を効率化する「ViewClassifier」
イマジオムは、大量の画像ファイルを目視によって分類する作業を効率化するPC用ソフトウェア「ViewClassifier」を発売する。生産設備の保守画像や建造物の劣化記録など、大量の画像ファイルをキーを押すだけで1枚ずつ分類できる。(2022/3/9)

PR:ファイルサーバかクラウドストレージか? 読者調査で見えた不満と課題への処方箋
(2022/3/7)

MicrosoftがWindows 11/10を初期化しても一部ファイルが残る不具合を公表
米Microsoftが、Windows 10/11にPCを初期化しても一部ファイルが残る不具合があると公表した。対象バージョンはWindows 11(21H2)とWindows 10(21H2/21H1/20H2)だ。(2022/3/5)

Tech TIPS:
自動バックアップを止めて、目障りな「OneDriveに十分な空き容量がありません」エラーを解消する
[ドキュメント]フォルダにファイルを保存したら、「OneDriveに十分な空き容量がありません」と表示されたことはないだろうか。これは、[ドキュメント]フォルダが、OneDriveにバックアップされている(同期されている)ために起きたエラーだ。OneDriveの不要なファイルを削除して空き容量を増やすという手もあるが、フォルダのバックアップを停止することでも、このエラーメッセージを止めることが可能だ。その方法を紹介しよう。(2022/3/7)

Emotet感染メールアドレス数、2020年の5倍に 取引先からの添付ファイル、URLにも注意
JPCERT/CCによると、Emotetに感染した.jpメールアドレス数が2020年の感染ピーク時の5倍にまで急増している。取引先などから送られているように見えるメールでも安易に添付ファイルやURLを開かないよう注意喚起している。(2022/3/3)

「にじさんじ」ローレン・イロアスさんが活動を自粛 配信中に違法ダウンロードしたファイル映り込み
「大枠において真実」と違法ダウンロードを認め謝罪しました。(2022/3/2)

PR:「ハイブリッドワークに最適なファイルサーバ」を構築するには? Synologyが3月24日にオンラインセミナーを開催
NAS(ネットワークストレージ)で知られるSynology(シノロジー)がハイブリッドワークに最適なデータ共有環境を構築する方法を解説するセミナーを開催する。テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」が普及する中、従業員のデータ共有をどう行えばいいのか頭を悩ませているシステム担当者は要チェックだ。(2022/3/2)

半径300メートルのIT:
加速する“脱PPAP”の動きに乗り遅れないために (少しだけならば)変化を受け入れよう
メールでの「パスワード付き圧縮ファイル」の仕組み、いわゆる「PPAP」を悪用したEmotetといったマルウェアの感染拡大が活発化しています。サービス提供企業が対策を講じる中、「脱PPAP」を進めるための代替策とその課題を考えてみました。(2022/3/1)

紀伊國屋がEmotetに感染 不審メールを送信 受け取っても開かずごみ箱へ
紀伊國屋書店の一部PCがEmotetに感染し、不審なメールをばらまいている。受け取ったメールの添付ファイルを開くとウイルスに感染する可能性がある。(2022/2/26)

メカ設計ニュース:
製造業向け3Dドキュメントツールのトライアル利用を開始
Sceneは、3D CADファイルを2次活用し、あらゆる部署で3Dの資料を作成できる製造業向け3Dドキュメントツール「Scene」のトライアル利用を開始した。現場に負担をかけることなく、容易に導入の検証ができる。(2022/2/22)

知らない人からもらった実行ファイルは開いちゃダメ! “コミカルに注意喚起するexe”のデモ動画が「伝わりやすいし平和」
本物ははるかにエグいことをしてくるので、不審なexe(実行)ファイルを起動するのはやめましょう。(2022/2/18)

ソフトバンクがメールの“パスワード付き圧縮ファイル”利用を廃止 受信したファイルも自動的に削除
パスワード付きのファイルは逆に危険になりつつあるようです。(2022/2/16)

Photoshopが待望の「WebP」形式に対応、編集や保存が可能に
米Adobeは画像編集ソフト「Photoshop」のデスクトップ版バージョン23.2を公開した。WebP形式の画像ファイルの作成や編集、保存ができるようになる。(2022/2/16)

ソフトバンクが“PPAP”廃止 「Emotet」などのマルウェアを警戒
ソフトバンクが、同社の業務メールでのパスワード付き圧縮ファイルの利用を廃止する。昨今増加している「Emotet」などのマルウェアを警戒し、情報セキュリティ強化のため、廃止を決めた。(2022/2/16)

2022年4月から順次適用:
ダウンロードした「VBAマクロ」、Microsoftがデフォルトでブロックへ
インターネットからダウンロードしたWordファイルやExcelファイルがVBAマクロを含んでいた場合、セキュリティリスクが高い。Microsoftは従来の取り組みを一歩進め、このようなVBAマクロをデフォルトでブロックし、ボタンをクリックするだけではVBAマクロを有効にできないようにする。(2022/2/15)

山市良のうぃんどうず日記(225):
今更ながら気が付いたNTFSの「暗号化ファイルシステム(EFS)」の仕様変更
今回は、20年以上も前、Windows 2000のときから存在するNTFSファイルシステムの「暗号化ファイルシステム(EFS)」について、今の状況を少し取り上げます。はっきりしない部分もありますが、はっきりしている部分については、その情報源をお伝えします。(2022/2/16)

設定UIをアップデート:
Microsoft、「Windows Terminal Preview 1.13」をリリース
Microsoftは「Windows Terminal Preview 1.13」をリリースした。アップデートされた設定UIの他、プロファイルの自動昇格や新しいテキストレンダリングエンジンなど、さまざまな新機能が追加されている。(2022/2/10)

宇宙開発:
自由空間光通信などエラー発生環境下での完全なデータファイル転送技術を実証
ソニーコンピュータサイエンス研究所と宇宙航空研究開発機構は、エラー発生環境下での完全なデータファイル転送技術を実証した。地球低軌道や成層圏においても高速、大容量、低消費電力の通信が可能になることを示す成果だ。(2022/2/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。