ニュース
» 2013年01月24日 11時00分 UPDATE

2013年PC春モデル:着脱可能バッテリーを備えた15.6型Ultrabookが登場――「HP Pavilion Ultrabook 15」

ユーザーが購入しやすい、低価格Ultrabookのラインアップを拡充するHPは、2013年発モデルで5万円台の15.6型Ultrabookを投入した。

[池田憲弘,ITmedia]

“低価格Ultrabook”カテゴリを拡充

photo HP Pavilion Ultrabook 15-b100

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の2013年春モデルとして登場した「HP Pavilion Ultrabook 15」は、15.6型ワイドの液晶ディスプレイを内蔵するUltrabookだ。2012年秋冬モデルで登場したベーシックラインのUltrabook「HP Pavilion Ultrabook 14」の15.6型モデルとなる。価格は5万9850円(税込み、以下同)。直販サイト“HP Directplus”限定で1月24日に販売を開始する。

 主なスペックは、CPUが超低電圧版のCore i5-3337U(1.8GHz/最大2.7GHz)、メモリは4Gバイト、ストレージは32GバイトSSD+500GバイトHDDのハイブリッド構成、1366×768ドット表示の15.6型ワイド液晶ディスプレイ、光学ドライブは非搭載、グラフィックスはCPU統合(Intel HD Graphics 4000)となる。

 通信機能は100BASE-TX対応の有線LANとIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANのほか、Bluetooth 4.0を利用可能だ。インタフェースはUSB 3.0×2、USB 2.0×1、HDMI出力、2in1メディアスロット、音声入出力のほか、92万画素のWebカメラ「HP TrueVision HD WebCam」、ALTEC LANSINGブランドのステレオスピーカーなどを実装した。

 Ultrabookとしては珍しく、着脱可能なバッテリーを装備しており、オプションのバッテリーを用意する。標準バッテリーは4セルのリチウムイオンバッテリーで、バッテリー動作時間は約5時間だ。

 本体サイズは386(幅)×259(奥行き)×21(厚さ)ミリ、重量は約2.1キロ。カラーバリエーションはスパークリングブラックの1色のみ。


 14型モデルの「HP Pavilion Ultrabook 14」は、CPUをCore i5-3337U(1.8GHz/最大2.7GHz)に、メモリ容量を4Gバイトから8Gバイトに強化した以外は、従来モデルと共通の仕様となる。本体色はスパークリングブラックとルビーレッドの2色にシルバーが加わり、3色展開となった。発売日は2013年1月29日で、価格はオープン。想定実売価格は7万円前後。

 AMD APU搭載モデルの「HP Pavilion Sleekbook 14」は、Office搭載モデルを省き、ラインアップを低価格モデルのみに集約した。直販サイト“HP Directplus”限定で2013年1月24日に販売を開始する。従来モデルと同じく、直販価格は2万9820円から。カラーはルビーレッドのみ。

photophotophoto HP Pavilion Ultrabook 14はスパークリングブラックとルビーレッド、シルバーの計3色展開となった。HP Pavilion Sleekbook 14はルビーレッドの1色のみ

関連キーワード

HP | Ultrabook | HP Pavilion | ノートPC


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.