ニュース
» 2013年02月07日 14時24分 UPDATE

キヤノン、高解像度CCDセンサーを採用したフラットベッドスキャナ「CanoScan 9000F Mark II」

キヤノンは、9600dpiの高精細CCDセンサーを採用する最上位フラットベッドスキャナ「CanoScan 9000F Mark II」を発売する。

[ITmedia]
photo CanoScan 9000F Mark II

 キヤノンは2月7日、高解像度CCDセンサーを搭載したフラットベッドスキャナ「CanoScan 9000F Mark II」を発表、2月21日に発売する。価格はオープン、実売価格は2万6000円前後の見込み。

 同社製の最上位フラットベッドスキャナ「CanoScan 9000F」のマイナーチェンジモデルで、新たにEvernoteなどクラウドサービスへのデータアップロード機能に標準で対応した。付属ソフトウェアの内容も改定され、画像編集/管理ソフト「My Image Garden」が利用可能となっている(「Photoshop Elements」は付属しない)。

 本体スペックは従来と共通。スキャン解像度は文書時で最大4800×4800dpi/フィルム時で9600×9600dpi、読み取り階調は最大48ビット(各色16ビット)で、フィルムスキャンは35ミリ(最大12コマ)/ブローニーに対応する。ごみ傷除去機能などを備えた画像補正機能「FARE LEVEL3」も利用可能だ。接続インタフェースはUSB 2.0に対応、本体サイズは270(幅)×480(奥行き)×111(高さ)ミリ、重量は約4.6キロ。対応OSはWindows XP(SP2以降)/Vista/7/8、Mac OS X 10.6.8以降。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.