ニュース
» 2013年02月08日 16時39分 UPDATE

日本マイクロソフト、企業向けクラウドサービス「Office 365」の新版を提供開始――2月27日より

日本マイクロソフトは、企業向けクラウドサービス「Office 365」の最新版提供スケジュールを発表した。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトは2月8日、企業向けクラウドサービス「Office 365」の最新版提供スケジュールを発表、2月27日(米国時間)より提供を開始する。オンラインからのサインアップは同時刻より、ボリュームライセンスの販売開始は3月1日となっている。

 新しいOffice 365では、Word/Excel/PowerPoint/OneNote/Outlook/Publisher/Access/Lync/InfoPathを利用できる「Office 365 ProPlus」、さらにHDビデオ会議やクラウド上の共有ドキュメントストレージ利用などをサポートした10名までの企業向けとなる「Office 365 Small Business」、250名までの中堅企業向けとなる「Office 365 Midsize Business」、大規模企業での利用にも向く「Office 365 Enterprise」など、用途に応じた各種エディションを用意。いずれもエディションでもクラウド化されたOfficeクライアントを利用可能となっている。

 詳細なエディション構成や価格などについては、2月27日に改めて発表が行われる予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう