ニュース
» 2013年02月22日 14時55分 UPDATE

ドスパラ、“Thunderbolt”ポートを標準装備した映像編集向けデスクトップ「Raytrek-V TB」

サードウェーブデジノスは、高解像度ビデオ編集向きデスクトップPC「Raytrek-V TB」の販売を開始した。

[ITmedia]

 サードウェーブデジノスは2月22日、高解像度ビデオ編集向きデスクトップPC「Raytrek-V TB」シリーズを発表、本日より販売を開始する。ラインアップはミニタワー型の下位モデル「Raytrek-V GI/TB」、ミドルタワー型の上位モデル「Raytrek-V Z77/TB」の2バリエーションを用意。標準構成価格はそれぞれ9万9980円/12万9980円だ(税込み)。

photophoto Raytrek-V GI/TB(左)、Raytrek-V Z77/TB(右)

 Raytrek-V TBシリーズは、高解像度ビデオ編集用途向けをうたうデスクトップPCで、高速転送対応インタフェースとなるThunderboltポートを標準装備。各種Thunderbolt対応機器の動作検証済みとなっているのも特徴だ。

 CPUはそれぞれCore i5-3570(3.4GHz)/Core i7-3770(3.4GHz)を標準搭載。メモリは8Gバイト、HDDは1Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵、OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版を導入している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう