ニュース
» 2013年04月19日 17時15分 UPDATE

開発には樋口真嗣氏、東浩紀氏、安倍吉俊氏が参加:UEI、手書きメモに特化した独自OSの8型タブレット「enchantMOON」

2013 International CESで注目を集めた手書きメモ向け8型タブレット「enchantMOON」の予約受け付けが4月23日に始まる。価格は3万9800円だ。

[ITmedia]
tm_1304uei_01.jpg 「enchantMOON」

 ユビキタスエンターテインメント(UEI)は4月23日、手書きメモに特化した独自OS搭載タブレット「enchantMOON」(エンチャントムーン)のオンライン予約受け付けを開始する。出荷開始は5月下旬の予定だ。価格は3万9800円。

 「これまでコンピュータに置き換えられていなかった紙によるペーパーワークを電子化すること」を目指した手書きメモ用のタブレット。紙のノートの電子化から、プログラミング教育や新たな活用法の模索など、幅広い用途への応用を想定している。設計段階から映画監督の樋口真嗣氏と哲学者・思想家の東浩紀氏が携わり、製品の外観デザインはイラストレーターの安倍吉俊氏が担当した。

 Android 4.0をベースに手書き文字認識に注力した専用設計のOS「MOONPhase」と、1024×768ドット(アスペクト比4:3)表示の8型液晶ディスプレイを搭載。静電容量式タッチパネルとアクティブ式デジタイザペンの採用により、指でのタッチ操作とペンでの手書き入力に対応する。手書き文字認識をベースに、ペンは書く操作だけに集中、指はその他の操作に集中という使い分けが可能という。

 書くことにフォーカスし、同社比5倍の精度で指先の細かな動きを再現する操作性、手書き文字認識を利用したキーワード/Web検索、手書きしたページにハイパーリンクを設置してページ間を相互に移動できる機能を持つ。作成したハイパーリングを含むHTMLページはリンク構造を保ったままアップロードし、Webページとして公開できる。

 独自の「シール」機能も備えており、手書きした文字やイラストはシールとして貼り付けられる。Webページの一部をペンで切り取ってハイパーリンク付きシールにしたり、指で任意の部分を囲んで「カメラ」または「camera」と書くことでカメラ機能を起動し、撮影した写真をシールにできる。シールはアプリとしての展開も予定しており、UEIがEvernoteやFacebook、Twitterなどと連携するシールを提供する予定だ。JavaScriptでシールアプリを開発し、機能を追加することもできる。

 このほか、簡単なプログラミング言語「MOONBlock」(ムーンブロック)を内蔵し、製品のカスタマイズやゲーム開発が行える。

 CPUはAllWinner A10(1.2GHz)、メモリは1Gバイト(DDR3)、ストレージは16Gバイトを搭載。通信機能はIEEE802.11b/g/nの無線LAN標準装備する。バッテリー容量は3.7ボルト/5000mAhだ。製品にはACアダプタ、専用USBケーブルが付属。初回特典としてシリアル番号をレーザー印刷するほか、専用ペンホルダー付き本牛革ストラップが付与される。

tm_1304uei_02.jpgtm_1304uei_03.jpg ボディにはハンドル兼スタンドの機構があり、縦位置で自立させて使うこともできる(写真=左)。初回出荷限定で専用ペンホルダー付きの本牛革ストラップが付属する(写真=右)

関連キーワード

手書き | ペン | enchantMOON | 電子化 | デザイン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.