調査リポート
» 2013年04月25日 23時00分 UPDATE

タブレットの出荷数は前年比約1.5倍、iPadのシェアは低下:2013年度は7型のAndroidタブレットが売れ筋に――ICT総研が予測

ICT総研がタブレットの市場動向をまとめたリポートを発表。タブレット市場は今後、7型のAndroid端末を中心に拡大し、iOS端末のシェアは低下するという。

[池田憲弘,ITmedia]

タブレット市場は順調に拡大、iOS端末のシェアは減少傾向

photo iPad mini、Nexus 7、Kindle Fire HDやWindowsタブレットの登場で、2012年下半期の出荷台数は大きく伸びている

 ICT総研は4月25日、タブレット(6〜11型程度のタッチ操作可能なスレート型端末)の市場動向を予測したリポートを公開した。

 2012年度のタブレット市場はiPad mini、Nexus 7、Kindle Fire HDやWindowsタブレットの登場により盛り上がり、出荷台数は2011年度(276万台)の約1.8倍となる489万台だった。タッチ操作によるUI(ユーザーインタフェース)がユーザーに受け入れられつつあり、今後もタブレットの市場規模は順調に拡大すると同社は予測する。2013年度の出荷台数は約638万台になるという。

 同社はタブレット市場の拡大とともに、Android/Windowsタブレットの需要が高まり、iPad(各世代のiPad+iPad mini)のシェアは低下すると予測する。2011年度は66%だったシェアが、2012年には53%と下落し、2013年には50%を割るという。

 2012年度は海外で人気のある低価格のAndroidタブレット(Nexus 7やKindle Fire HDなど)が日本で発売したことで、Androidタブレットのシェアが大きく伸びた。Windowsタブレットは端末の出荷台数はまだ少ないものの、2013年度は出荷台数が約1.8倍(前年比)となり、シェアも10%を超えると同社は予測する。世界全体で見ても、Androidタブレットの出荷台数はiPadを上回る勢いで増加しており、2014年にはiPadのシェアを上回るとしている。

photophoto 国内のタブレット市場は成長し続ける見通しで、2016年度には出荷台数が1000万台を突破すると予測する(写真=左)。世界全体の市場でも2016年には出荷台数が3億台を突破する見通しだ(写真=右)。市場の成長とともにiOS端末のシェアは徐々に下がるという

タブレットの売れ筋は10インチから7インチへ

 2012年度のタブレット出荷台数は489万台で、そのうち9〜10型サイズの出荷台数は62%を占めていたが、2012年度下半期に安価な7型サイズのタブレットが次々と登場したことで、7型サイズのシェアが増えた。この傾向は2013年度も継続し、7型サイズの出荷台数が9〜10型サイズの出荷台数を上回るという。

 同社は、今後10インチを超える大型のタブレットや2画面タブレットの需要が高まり、タブレット端末はサイズや形状の多様化が進むと予測する。

photo 2012年下半期に7型サイズのタブレットが多数登場したことで、2013年度は6〜8型サイズの端末が9〜10型端末の出荷台数を上回ると予想される

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.