ニュース
» 2013年05月14日 11時00分 UPDATE

2013年PC夏モデル:高機能AVノートが新世代CPUに進化、11acにも対応──「LaVie L」

15.6型サイズの高性能AVノートPV「LaVie L」は、デザインチェンジ+インテルの新世代CPUを採用し、フルモデルチェンジ。タッチ+フルHDのIPS液晶ディスプレイ、802.11ac対応無線LANなどハイクラス志向な機能も実装する。【更新】

[ITmedia]

デザインチェンジ+新世代CPU+802.11ac対応、進化したハイエンドノートPCシリーズ

photo 高性能ノート「LaVie L」(LL850/MSB)

 15.6型サイズの多機能ノートPC「LaVie L」シリーズの2013年夏モデルは、ボディを新デザインに、さらにインテルの新世代CPUを採用してフルモデルチェンジ。より高性能さを訴求するシリーズに刷新された。

 ラインアップは高性能志向の最上位モデル「LL850/MS」と、ベーシックな主力モデル「LL750/MS」の2モデル。カラーバリエーションはLL850/MSがクリスタルブラック1色、LL750/MSはクリスタルブラック/クリスタルレッド/クリスタルホワイト/クリスタルゴールドの4色。発売時想定価格はLL850/MSが20万円前後、LL750/MSが19万円前後。発売日は新CPU発表以降に告知する予定。

 最上位のLL850/MSは、インテルの第4世代Coreプロセッサー「Core i7-4700MQ」(2.4GHz/最大3.4GHz)、フルHD(1920×1080ドット)表示対応のタッチパネル搭載IPS液晶ディスプレイ、802.11ac Draft対応無線LANモジュールなど、最新・高性能志向の仕様を採用した点がポイントだ。CPU・基本システムの詳細はインテルによる第4世代Coreプロセッサー・ファミリー発表後に改めて告知される予定。このほかの仕様は、フルHD対応のタッチパネル付き15.6型ワイドIPS液晶ディスプレイ、8Gバイトのメインメモリ(8Gバイト×1/最大16Gバイト)、1Tバイト HDD+32Gバイト SSDのハイブリッドストレージ(ISRT)、BDXL対応Blu-ray Discドライブなどを搭載する。

 主なインタフェースは、通信機能としてIEEE802.11a/b/g/n/ac Draft準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0、1000BASE-T有線LAN。このほか、720p対応Webカメラ、USB 3.0×5、HDMI出力、SDメモリーリーダー(SDXC対応)、マイク/ヘッドフォン入出力など。Windows 8操作対応のワイヤレスレーザーマウス(レシーバーは本体内蔵)が付属する。


photo LL750/MSは全4色(クリスタルブラック/クリスタルレッド/クリスタルホワイト/クリスタルゴールド)のカラーより選択できる。

 ベーシックモデルのLL750/MSも、第4世代のCore i7-4700MQを採用。主な仕様として、1366×768ドット表示の15.6型IPS液晶ディスプレイ(タッチパネル搭載)、1TバイトのHDD、IEEE802.11a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth非搭載とし、カラーバリエーションを4色用意する点などが上位のLL850/MSと異なり、若干低廉な価格帯となっている。OSはそれぞれ64ビット版Windows 8、オフィススイートはOffice Home and Business 2013をプリインストールする。

 ボディは、高精細であざやかなディスプレイ表示、臨場感のある音質で再生できるYAMAHAサウンドシステムとともに特長の高性能AV機能を強調した高級感のあるデザインに一新。フルフラットなディスプレイ面とスピーカーの存在感を際立たせる工夫を取り入れ、情報表示LEDも間接照明のようにすき間から上品に点灯する仕掛けを施した。さらに、キーボードは「防滴仕様」に変更された。キーボード機構部分を覆ったふたと水を抜くドレン機構により実現。防水を保証するものではないが、万一時に安全にシャットダウンする時間を確保するためものとして、PCをより安心して使用してもらうための工夫として取り入れている。

 無線LANは、新規格の「802.11ac」対応モジュールを搭載するのもトピックだ(LL850/MSのみ)。802.11acは理論値最大7Gbpsとする新たな無線LAN規格。2013年3月に無線LAN親機として最大1300Mbps通信(3ストリーム)対応の「AtermWG1800HP」(NECアクセステクニカ製)などが登場している。LL850/MSは、802.11acでの2ストリーム通信に対応し、理論値最大867Mbpsの通信を可能とする。

 本体サイズは382(幅)×270(奥行き)×33.1(高さ)ミリ、重量はLL850/MSが約3キロ、LL750/MSが約3.1キロ。バッテリー動作時間はLL850/MSが約4.5時間、LL750/MSが約6.9時間。

直販サイト「NEC Direct」では、より高性能なカスタマイズも可能

 スペックのカスタマイズに対応する直販モデル「LaVie G タイプL」は、第4世代Coreプロセッサー・ファミリーの上位志向CPUのほか、16Gバイトメモリ、タッチパネルなしIPS液晶、クリスタライズ抗菌キーボード、Windows 8 Pro、Officeのエディションや有無を選べるカスタマイズメニューを用意する。最小構成価格は14万5000円前後からとなる。


LaVie L店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格
LaVie L LL850/MS (1色) 2スピンドル 新CPU、フルチェンジ、新デザイン Core i7-4700MQ (2.4GHz / 最大3.4GHz) 8GB (DDR3) 1TB HDD + 32GB SSD (ISRT) 64ビット版 Windows 8 20万円前後
LL750/MS (4色) 2スピンドル 新CPU、フルチェンジ、新デザイン Core i7-4700MQ (2.4GHz / 最大3.4GHz) 8GB (DDR3) 1TB HDD 64ビット版 Windows 8 19万円前後
LaVie L店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
LaVie L LL850/MS (1色) 15.6型ワイド (IPS/タッチパネル) 1920×1080 Intel HM87 BDXL対応 Blu-ray Disc CPU統合 ─ / Office Home and Business 2013 約3.0キロ
LL750/MS (4色) 15.6型ワイド (IPS/タッチパネル) 1366×768 Intel HM87 BDXL対応 Blu-ray Disc CPU統合 ─ / Office Home and Business 2013 約3.1キロ

NEC Direct(NECダイレクト)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.