ニュース
» 2013年06月12日 11時59分 UPDATE

Robotma.com、自分で作る3Dプリンタ組み立てキット「CellP 3Dプリンター組立キット」を発売

岡田商店は、オープンソースハードウェアの3Dプリンタ「CellP 3Dプリンター」の組み立てキットを発表した。

[ITmedia]
photo

 ホビーロボット専門店「Robotma.com」を経営する岡田商店は6月12日、オープンソースハードウェアの3Dプリンタ「CellP 3Dプリンター」の組み立てキットを発表「CellP 3Dプリンター組立キット」(型番:CP01001)を発表、本日より受注を開始する。価格は14万7000円(税込み、以下同様)。また記念キャンペーンとして、先着50名(6月25日まで)の注文については特別価格9万8000円で販売を行う。

 CP01001は、「CellP project」コミュニティが公開するオープンソース仕様の3Dプリンタを組み上げられるキット。組み立てに必要なパーツ一式がセットになっており、ユーザーの手でプリンタ本体を作り上げていくことができる。

 完成時の本体サイズは400(幅)×400(奥行き)×418(高さ)ミリ(突起部および電源ユニットを除く)。最大で200(幅)×180(奥行き)×180(高さ)ミリまでの“3Dプリント”作成を行うことが可能だ。積層ピッチは最小0.1ミリとなっている。

 CellP Projectについてはこちらを参照のこと。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.