ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ハードウェア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハードウェア」に関する情報が集まったページです。

越智岳人の注目スタートアップ(2):
安価で高品質な義足を途上国へ、3Dプリンタ×AIの生産技術で社会課題を解決
数多くのハードウェアスタートアップやメイカースペース事業者などを取材してきた越智岳人氏が、今注目のスタートアップを紹介する連載。今回は、3Dプリンタをはじめとする3D技術を活用し、製造コストを従来の10分の1に抑えた義足を提供するInstalimb(インスタリム)にフォーカスし、開発のきっかけやこれまでの取り組み、今後の展望などについて、同社 代表取締役CEOの徳島泰氏に話を聞いた。(2022/1/11)

特選プレミアムコンテンツガイド
「無線LANルーターの7割は侵入可能」の真相
安価なハードウェアと攻撃プログラムさえあれば、企業や家庭にある大半の無線LANルーターに侵入できる――。そうした実態をセキュリティ研究者が突き止めた。その“驚きの手口”と対策を紹介する。(2022/1/7)

Windowsフロントライン:
2022年のMicrosoftハードウェアを考える
2022年最初の連載として、Surfaceシリーズを始めとしたMicrosoftのハードウェア製品について、予測を含めて見ていこう。(2022/1/3)

セキュリティの概念を変えるDSbD【後編】
「ハードウェアによるコードとデータの細分化」がセキュリティを激変させる理由
コードも画像もキーストロークも全て、ハードウェアレベルで別のサンドボックスに分離することで、悪意のあるコードを封じ込める――それを実現する「区画化」実現の道のりとは。(2021/12/24)

問題が解決するまで専任の担当者が徹底支援:
PR:Windows 11移行時のアプリ互換性に不安があるなら絶対に利用したい無償の技術サポートサービス「App Assure(互換性支援サービス)」とは
「新しいOSへの移行」は企業システムにおける懸念事項の一つだ。「Windows 11」への移行でも、アプリやハードウェアの互換性が心配でなかなか踏み切れないということもあるだろう。そうしたOS移行にまつわる不安や懸念を解消してくれる無償の技術サポートサービスがあることはご存じだろうか。(2021/12/20)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(19):
コロナ禍で加速するライブ中継の革新、ソニーのスイッチャーはなぜクラウド化したのか
2年ぶりのリアル開催となった「Inter BEE 2021」で注目すべきトレンドになったのが、従来ハードウェアでしか考えられなかった映像切替装置である「スイッチャー」について、大手各社がほとんど同時ともいえるタイミングでクラウド化に踏み切ったことだろう。その1社であるソニーのクラウドスイッチャー「M2 Live」の開発者に話を聞いた。(2021/12/15)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(113):
Windows 10 November 2021 UpdateとWindows 10 Enterprise LTSC 2021提供開始、サポート期限とアップデート方法は要チェック
Microsoftは、Windows 10の半期チャネルおよび長期サービスチャネルの最新バージョン「21H2」をリリースしました。ハードウェアや業務アプリ、周辺機器の互換性の関係でWindows 11にアップグレードできないPCは、今後も引き続きWindows 10を利用できます(SACバージョンは2025年10月14日まで)。(2021/11/30)

越智岳人の注目スタートアップ(1):
大企業も注目のプラズマ技術で家庭用美顔器を開発、美容スタートアップの挑戦
数多くのハードウェアスタートアップやメイカースペース事業者などを取材してきた越智岳人氏が、今注目のスタートアップを紹介する連載。今回は、小型の家庭用プラズマ美顔器「Un」を開発し、既存の美容機器市場に一石を投じ、価格破壊を起こすDENSHINDO(傳心堂)の開発ストーリーを取り上げる。(2021/11/29)

コストをかけずに攻撃
「無線LANルーターの7割は侵入可能」 研究者が明らかにした“驚きの手口”
セキュリティ研究者が、50ドル相当のハードウェアと攻撃プログラムさえあれば、小規模事業所や家庭の無線LANに侵入できるという実態を解き明かした。攻撃の詳細と対策は。(2021/11/29)

これから必須の知識になる
対応しているOSは? NVMe-oFを理解するための4つのポイント
NVMe-oFはまだ始まったばかりだ。対応しているOSはあるのか、必要なハードウェアは何か、どんな用途に向いているのかなど、NVMe-oFについて知っておくべきポイントをまとめた。(2021/11/16)

FAニュース:
2025年まではハードウェア中心で挑む三菱電機のFA部門、売上高8000億円以上へ
三菱電機は2021年11月8日、重点成長事業の戦略説明会を開催。本稿では、その1つとなるFA制御システム事業本部の戦略について紹介する。(2021/11/9)

サム・アルトマン氏、虹彩スキャンで暗号通貨を提供する「Worldcoin」立ち上げ
OpenAIのCEO、サム・アルトマン氏の新興企業Worldcoinが新しい暗号通貨「Worldcoin」構想を発表した。「すべての人間に平等に暗号通貨を提供する」ために、虹彩スキャンに基づく数値コードを使う。虹彩スキャン用独自ハードウェア「Orb」で既に10万人以上の虹彩をスキャン済みだ。(2021/10/22)

組み込み開発ニュース:
ArmがIoT機器の固定観念を打破、ハードソフト同時並行開発で開発期間を2年短縮
アームがIoT機器の開発期間を大幅に短縮する包括的ソリューション「Arm Total Solutions for IoT」を発表。AWSのクラウド上で仮想的に再現した物理ICの機能等価モデルとなる「Arm Virtual Hardware Targets」などの活用によりハードウェアとソフトウェアの開発を同時並行で進められることで、5年かかるIoT機器の開発期間を3年で終えられるという。(2021/10/20)

高精度な仮想モデルを活用:
Arm、クラウドベースのソフトウェア開発環境を発表
Armは、IoT(モノのインターネット)関連製品の開発期間を大幅に短縮できるソリューション「Arm Total Solutions for IoT」を発表した。ハードウェアとソフトウェアの開発を並行して進めることができ、これまで約5年間要していた製品の設計期間を、最大で2年間も短縮できるという。(2021/10/20)

Google Cloud Next '21で発表:
Googleのエッジ/オンプレミスはAWS Outposts型に移行? 「Google Distributed Cloud」発表の狙い
Google Cloudが、オンプレミス/エッジで「AWS Outposts」のような製品を発表した。 これまではソフトウェアオンリーの製品を展開してきた同社。 ハードウェア/ソフトウェア一体型の製品で、方向転換をするのだろうか。(2021/10/13)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(110):
Windows 11一般提供開始、企業での導入/展開時に注意すべきポイントは?
MicrosoftはWindowsデスクトップOSの最新バージョンである「Windows 11」を正式にリリースし、Windows 11対応ハードウェアを搭載したWindows 10デバイスに対して、無料アップグレードの段階的なロールアウトを開始しました。(2021/10/12)

200g台だけど“軽くなった”「Unihertz Titan Pocket」のQWERTYキーボードをじっくり試す
中国Unihertzが、小型でハードウェアキーボードを搭載したAndroidスマホ「Titan Pocket」を発売した。8月末にクラウドファンディングサイトの出資者向けに出荷し、10月にAmazonで一般販売を予定している。実際の使い心地はどうだろうか。(2021/10/10)

iPhone 13/13 Proのカメラは何が変わった? 「ハード」と「ソフト」の進化まとめ
iPhone 13シリーズで進化を遂げたカメラについて、ハードウェアとソフトウェアの視点からまとめてみる。iPhone 13 Proは超広角カメラにAFが付いて、マクロ撮影が可能になった。コンピュテーショナルフォトグラフィーで注目したいのが、撮影後にボケ具合やフォーカスを選べる「シネマティックモード」だ。(2021/9/21)

Microsoft、ハイブリッドワークのためのTeams関連新機能とハードウェアを多数発表
Microsoftはコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」の複数の新機能を発表した。コロナ禍下、自社で培ったハイブリッドワークのノウハウを込めた。会議室用のインテリジェントカメラやリモート用のスピーカーなどのハードウェアも発表した。(2021/9/10)

Google、ハイブリッドワーク支援の「Workspace」新機能とハードウェアを発表
Googleはコロナ禍下のハイブリッドワークを支援する「Workspace」関連の複数の新機能とハードウェアを発表した。Gmailの「チャットルーム」から電話をかけられるようになる。CiscoのWebexとの相互運用も可能になる。(2021/9/9)

Transit GagtewayとDirect Connect Gatewayに影響:
AWS東京リージョンで障害 原因はハードウェア故障、復旧に数時間【続報あり】
2021年9月2日、AWS東京リージョンの「AWS Direct Connect」に障害が発生した。複数のハードウェアが故障したことが原因とみられ、AWSは数時間かけて復旧したが、影響は全国におよび、一時的な対処策をAWSがユーザーに呼びかける場面もあった。(2021/9/2)

自社の「HPC」構築に必要な視点【中編】
「ハイパフォーマンスコンピューティング」(HPC)の利用可否を考える3つの要件
HPCが自社に適しているかどうかを判断するには、どのような要件を検討すればいいのだろうか。ハードウェア、ソフトウェア、施設の3つの視点で考える。(2021/9/2)

IPCやカメラ、ソフトまでワンストップで提供:
PR:IPC業界の”ダークホース企業”が日本市場に本格参入、電子監視システムで
電子監視システム開発では、ソフトウェアやハードウェア間の異なる仕様をマッチングさせるという課題がしばしば生じる。この課題を解決するのが、システム統合に圧倒的な強みを持つ台湾のセキュリティ機器メーカーEverFocus Electronicsだ。(2021/9/1)

Q&Aで学ぶマイコン講座(64):
HAL(ハードウェア抽象化レイヤー)って何?
マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。今回は、初級者の方からよく質問される「HAL(ハードウェア抽象化レイヤー)って何?」についてです。(2021/9/2)

新たな市場を切り開く:
CrossBar、ReRAMを用いた高信頼IoTセキュリティ実現へ
抵抗変化メモリ(ReRAM)を手掛けるCrossBarは、同社の技術をReRAMベースのPUF(物理的複製防止機能)キーとして、ハードウェアセキュリティアプリケーションで使用するために適用するという。(2021/8/30)

特選プレミアムコンテンツガイド
企業が「脱クラウド」「オンプレ回帰」に踏み切る理由
クラウドサービスからオンプレミスのインフラにシステムを戻す「脱クラウド」。あるワイン醸造所が脱クラウドに踏み切った理由と、オンプレミス回帰に必要なハードウェア選びのポイントを説明する。(2021/8/26)

PR:最新ハードウェアがもたらす最上級のゲーミング体験!! 「G-Tune HP-Z」のススメ
「G-Tune HP-Z」は、マウスコンピューターのゲーミングデスクトップPCでハイエンドに位置する製品だ。同社が「ユーザーのあらゆる希望をかなえるハイエンドモデル」とうたう、本製品のパフォーマンスをチェックした。(2021/8/24)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Xiaomi「Redmi Note 10 JE」の海外向けベースモデルは激安5Gスマホ
KDDIが発売したXiaomiのスマートフォン「Redmi Note 10 JE」は、FeliCaを搭載、防水にも対応し、プロセッサはSnapdragon 480を採用します。KDDI向けにもかかわらず、わざわざ日本向けのハードウェアを開発するとは、Xiaomiの日本市場にかける意気込みが伝わってきます。海外のベースモデル「Redmi Note 10 5G」とはどう違うのでしょうか。(2021/8/17)

ハードウェアとOSを一新した「Galaxy Watch4」が登場 249.99ドル(約2万7700円)から
Samsung Electronicsが、新しい「Galaxy Watch」を発売する。自社開発の新プロセッサと、Googleとの統一した新ウェアラブルOSを搭載し、利便性がより高まっている。(2021/8/11)

現状では解決策なし IoTデバイスのハードウェア乱数ジェネレータに脆弱性
研究者らがIoTデバイスのハードウェア乱数ジェネレータが適切に使われていないと指摘した。350億台に及ぶIoTデバイスが影響を受ける可能性がある。(2021/8/11)

Linux Foundationの取り組み:
オープンソースのソフトウェアが次世代の電力網に貢献
Linux Foundationの取り組みが成功すれば、次世代の電力網は、コモディティソフトウェアとコモディティハードウェアを使用したオープンソースツールをベースとしたものになるだろう。このソフトウェア定義のアプローチは、今日の電力網を明らかに閉鎖的で過度の負荷がかかるものにしているブラックボックスをこじ開けるのに役立つとして、共同開発や投資が促進されている。(2021/8/6)

「仮想マシン」を自宅で動かすための製品選定ガイド【中編】
仮想マシン(VM)が自宅で快適に動く「CPU」「メモリ」「ストレージ」の選び方
自宅でVMを構築するには、条件に合ったハードウェアが必要だ。自宅でVMを快適に動かすための、適切な「CPU」「メモリ」「ストレージ」の選び方を説明する。(2021/8/6)

スモールスタートさえ難しい企業を救うのは
「AWS導入で人材不足解消」がまず無理な“クラウド人材難企業”がとるべき施策
ハードウェアを自社で保有せずとも最新技術を手軽に利用できるクラウドは、本来はIT人材不足に悩む企業の解決策となる。しかし日々進化するAWS、Azure、GCPなどクラウドの知見を持つ人材がおらず、導入を断念する企業も多い。(2021/8/2)

デル・テクノロジーズ×エクストリーム-DによるHPC対談:
PR:「HPC as a Service」が促すHPCの民主化とは――有識者が語る現在の“課題”と“これから”
先端の研究機関や企業の研究・開発現場でデジタルツインを実現するシミュレーション技術を活用し、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業にとって不可欠な存在となりつつあるHPC環境は、今後どのような方向に進んでいくのか――。ハードウェアとアズ・ア・サービスのそれぞれで強みを持つ2社の有識者が「HPCの民主化」をテーマにHPCのハイブリッドクラウド化への流れを語り合った。(2021/8/4)

「Windows 11」の“企業用OS”としての存在意義【中編】
Windows 11“謎のハードウェア要件”に戸惑う人々 「TPM 2.0」必須化には賛否
Microsoftの「Windows 11」は、ハードウェア面でも企業に混乱をもたらしている。要件の不確かさがその要因だ。明らかになっている「TPM 2.0」準拠の要件にも疑問が挙がる一方、その重要性に理解を示す声もある。(2021/7/26)

Japan Drone:
ソニーのドローン「Airpeak S1」が構成パーツを披露、ステレオカメラ5台搭載
ソニーグループは、「Japan Drone 2021」において、2021年9月発売予定の業務用ドローン「Airpeak S1」を披露した。国産ドローンとしてハードウェアを独自開発しており、高い運動性能や耐風性能、高度な制御システムに加え、小さな機体サイズにフルサイズミラーレス一眼カメラ「α」が搭載可能であり、プロ映像制作向けに展開する方針だ。(2021/7/13)

ライカのスマートフォン「Leitz Phone 1」、7月16日に発売
ソフトバンクが、ライカ(Leica)のスマートフォン「Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)」を7月16日に発売する。Leitz Phone 1は、ライカがハードウェアからソフトウェアまでトータルで監修した初のスマートフォン。価格は18万7920円(税込み)。(2021/7/12)

Windows 11、TPM 2.0 チップを搭載 ハードウェアベースでセキュリティ保護を実現
Microsoftは「Windows 11」のセキュリティ概要を発表した。高度なサイバー攻撃に対抗するためTPM 2.0 チップを実装し、マルウェアによる不正アクセスやデータの改ざんからハードウェアを保護する。(2021/7/7)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
新ハードや新サービスには真っ先に飛び付くべきか メリットとデメリットを考える
新しいサービスやハードウェアに真っ先に飛び付く人は少なくないが、あまりに早いタイミングで飛び付くことによるデメリットはないのだろうか。またサービスとハードウェアとで、それらに差はあるのだろうか。幾つかの例を挙げながらそれらを分析する。(2021/6/29)

「Windows 11」登場 Windows 10の後継OS
Microsoftが、Windows 10の後継となるOSのリリースを発表した。Windows 10を使っているユーザーなら、2021年秋から順次無償アップデートできるが、ハードウェアの要件を満たしていることが前提となる(2021/6/25)

リコー、AI活用のデータビジネスに参入 「ハード中心のビジネスを転換」
リコーは6月17日、AIを活用したデータビジネスに参入すると発表した。企業から受け取った文書などを分析し、得られたデータを基に業務効率化などを支援するサービスを提供する。2025年度までに100億円の売上を目指すといい、山下良則CEOは「ハードウェアビジネスとデータビジネスを組み合わせ、これまでハード中心だったビジネスの転換を図る」としている。(2021/6/17)

ライカ初のスマートフォン「Leitz Phone 1」登場 ソフトバンクが独占販売、18万7920円
ソフトバンクが、ライカ(Leica)ブランドのスマートフォン「Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)」を7月以降に発売する。Leitz Phone 1は、ライカがハードウェアからソフトウェアまでトータルで監修した初のスマートフォン。メーカーはシャープが担当しており、1型のセンサーを搭載している。(2021/6/17)

Googleの初リアル店舗、ニューヨークのチェルシーでオープン
Google初のリアル店舗「Google Store in Chelsea」が6月17日にオープンする。Pixel、Nest、Fitbitなどのハードウェア販売だけでなく、リビングに見立てたコーナーでのスマートホーム体験なども提供する。(2021/6/17)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(187):
ラボ環境のメモリが足りない! あるサーバアプリのハードウェア要件が右肩上がりな件について
1年以上前に筆者のラボ環境の仮想マシンにインストールした「Microsoft Endpoint Configuration Manager」を、最近リリースされた最新バージョンにアップデートしようと思ったら、あれやこれやで丸一週間かかりました。(2021/6/16)

Weekly Memo:
DellとHPEが挑む「ハードからソフトまでサブスク」戦略は奏功するか クラウドビジネスの視点から読み解く
Dellが全ての製品をサブスクリプション型のサービスとして提供するビジネスモデルの転換に力を入れ始めた。同様の動きはHPEも既に進めている。サーバやPCなどのハードウェア市場の2大ベンダーともいえる両社の相次ぐこうした動きは何を意味しているのか。(2021/6/14)

製造業がサービス業となる日:
LIXILがスマートホームサービス「Life Assist」を刷新、月額使用料が不要に
LIXILは、住宅設備機器・建材や家電などとの連携によりスマートホームを実現するIoTホームLink「Life Assist 2」を発表。中核ハードウェアとなるホームデバイスを購入すれば月額使用料なしで利用できるなど導入のハードルを下げるとともに、スマートフォンアプリの使い勝手を大幅に向上している。(2021/6/10)

スマートリテール:
冷凍機器の「iPhone化」を目指すフクシマガリレイ、リテールAIに挑む理由
業務用冷凍機器などを開発するフクシマガリレイが、現在リテールAI分野の事業展開に挑戦している。ハードウェアメーカーの同社がリテールAI分野に進出する意図とは何か。本社に設置したオープンイノベーション拠点「MILAB」と併せて話を聞いた。(2021/6/10)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
WWDC21で新ハードウェアは出なくとも「Apple Siliconが戦略の中心」と感じた理由
Appleの開発者会議「WWDC」が今年も開催。新ハードウェアや新チップの発表はなかったが、各OSのアップデートや連携の強化といった全体を見渡してみると、やはりApple Siliconが戦略の中心にあると感じられた。(2021/6/9)

量子コンピュータ:
東大とIBMが産学連携を加速する量子コンピュータ研究施設を設立
東京大学と日本IBMは2021年6月7日、量子コンピュータ技術の研究開発を行うハードウェアのテストセンターとして「The University of Tokyo - IBM Quantum Hardware Test Center≫」を東京大学 浅野キャンパス内(東京都文京区)に開設したことを発表した。(2021/6/9)

東大とIBM、量子コンピュータの研究開発に向けたハードウェアテストセンターを開設
東京大学と日本IBMは、量子コンピュータ技術の研究や開発に向けたハードウェアテストセンター「The University of Tokyo - IBM Quantum Hardware Test Center」を東京大学の浅野キャンパスに開設した。どのような研究開発を進めるのだろうか。(2021/6/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。