ニュース
» 2013年06月18日 11時05分 UPDATE

Haswell構成で8万円台から、ダウンサイズニーズに応えるミニタワーDT──「Endeavor MR7200」

エプソンダイレクトが、インテルの第4世代Core搭載デスクトップシリーズの新モデル「Endeavor MR7200」を追加。PCのダウンサイズニーズに応えるオフィスシーン向けとしてHaswell搭載構成で8万円台から用意する。

[ITmedia]
photo エプソンダイレクト「Endeavor MR7200」

 エプソンダイレクトは6月18日、インテルの第4世代Coreプロセッサーを搭載するオフィスシーン向けミニタワーデスクトップPC「Endeavor MR7200」を発表。同日より受注を開始する。

 Endeavor MR7200は、開発コード名:Ivy Bridge世代のシステムを採用するEndeavor MR7000Eの後継シリーズとして、インテルの第4世代Coreプロセッサー(開発コード名:Haswell)を搭載するシステムに一新した拡張性とコストパフォーマンスに優れるミニタワーデスクトップPC。オフィスシーンに沿うベーシックな使い勝手で定評のあるEndeavor TY5100Sと同じボディを採用した。

 第4世代Core+Intel H87 Expressチップセット搭載マザーボードのシステムへの刷新に加え、拡張性を望むオフィス/業務利用ニーズを反映し、通常の350ワット電源仕様、さらにより大容量な650ワット電源仕様のモデルをそれぞれ用意し、さらに最大3台のマルチディスプレイ環境(HDMI、DVI-D、アナログRGBを使用)を標準構成で実現できるのが特長。標準構成例価格は350ワット電源モデルが8万5470円から、650ワット電源モデルは9万2820円から。

 また、第4世代Coreプロセッサーと、Intel H87 Expressチップセット搭載マザーボードによる基本システムを軸に、多彩なカスタマイズメニューを用意する。CPUはCore i7-4770K(CPUオーバークロックは非対応)以下全4種類、メインメモリは4Gバイトから最大32Gバイトまで全6種類、ストレージはHDDやSSD、ISRT構成やRAID 0/1構成も含めた全12種類、グラフィックスはCPU内蔵から外付け/業務向けGPUまで全7種類、OSはWindows 8あるいはWindows 7プリインストールを含む全10種類などより選択できる。

 本体サイズは179(幅)×406(奥行き)×368(高さ)ミリ、重量は約9.3キロ(350ワット電源搭載時)。基本仕様と主なカスタマイズメニューは以下の通り。


Endeavor MR7200 基本構成例350ワット電源モデル 基本構成例650ワット電源モデル カスタマイズメニュー
搭載OS Windows 8(64ビット) Windows 8(64ビット)、Windows 8 Pro(64ビット)、Windows 7 Ultimate(32/64ビット)、Windows 7 Professional(32/64ビット)、Windows 7 Home Premium(32/64ビット)、64ビット版Windows 8 Proのダウングレード権を利用したWindows 7 Professional(32/64ビット)プリインストール
CPU Core i5-4430 Core i7-4770K、Core i7-4770、Core i5-4670K、Core i5-4430
チップセット Intel H87 Express
グラフィックス CPU統合 CPU統合、Radeon HD 6570(グラフィックスメモリ1Gバイト)、GeForce GT 640(グラフィックスメモリ2Gバイト)、Radeon HD 7770(グラフィックスメモリ1Gバイト/650ワット電源選択時のみ)、GeForce GTX 680(グラフィックスメモリ2Gバイト/650ワット電源選択時のみ)、Quadro K600(グラフィックスメモリ1Gバイト)、Quadro K2000(グラフィックスメモリ2Gバイト)
メモリ 4Gバイト(PC3-12800 DDR3 4Gバイト×1) 4Gバイト(4Gバイト×1)、8Gバイト(4Gバイト×2)、16Gバイト(4Gバイト×4)、16Gバイト(8Gバイト×2)、24Gバイト(8Gバイト×2+4Gバイト×2)、32Gバイト(8Gバイト×4)
ストレージ 500GバイトHDD(3.5インチベイ×3) 500GバイトHDD、1TバイトHDD、2TバイトHDD、128GバイトSSD、256GバイトSSD、500GバイトHDD+40GバイトSSD(ISRT)、1TバイトHDD+40GバイトSSD(ISRT)、512GバイトRAID 0キット(256GバイトSSD×2)(ダウングレードWin 7構成は除く)、500GバイトRAID 1キット(500GバイトHDD×2)、1TバイトRAID 1キット(1TバイトHDD×2)、2TバイトRAID 0キット(2TバイトHDD×2)
ディスプレイ オプション
光学ドライブ DVD-ROM Blu-ray Disc、DVDスーパーマルチ、DVD-ROM(再生ソフト付き)
拡張カード USB 3.0×2増設(Win 7構成のみ)、USB 2.0×2増設、シリアルポート(最大4基)増設、パラレルポート×1増設、eSATAポート×1増設、IEE1394ポート×2増設、マルチカードリーダー追加
キーボード/マウス PS/2 109有線キーボード、PS/2有線光学式マウス (ワイヤレスモデルなど多数)
電源 350ワット 650ワット
基本構成例価格 8万5470円 9万2820円
発売 2013年6月18日

 合わせて、2013年6月下旬発売予定としていた同社の第4世代Core搭載シリーズ「Endeavor Pro5500」「Endeavor MR4400E」の受注も同日より開始した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.