ニュース
» 2013年06月26日 14時51分 UPDATE

バッファロー、世界初となるDSDファイル配信対応の“オーディオユーザー向け”NAS「LS421D0402P」

バッファローは、同社製NAS「リンクステーション」のラインアップにオーディオユーザー向けプレミアムモデル「LS421D0402P」を追加。“世界初”のDSDファイル配信対応モデルとなっている。

[ITmedia]
photo LS421D0402P

 バッファローは6月26日、同社製NAS「リンクステーション」のラインアップにオーディオユーザー向けプレミアムモデル「LS421D0402P」を追加、7月下旬に出荷を開始する。価格はオープン、予想実売価格は74800円前後(税込み)の見込みだ。

 LS421D0402Pは、容量4Tバイト(2Tバイト×2基)構成のNASで、世界で初めてDSDファイル配信機能を標準で搭載したモデルだ。オーディオ用DLNAサーバーとして「TwonkyMediaServer7.1」を導入しWAVE/AIFF/FLAC/ALACなど主要なロスレス/ハイレゾ音源をサポートしている。オーディオ配信向けを想定し、出荷時設定ではDLNAサーバ以外の機能がOFFとなっているなど「購入後すぐに使える」設計なのも特徴で、冷却ファンも大口径の静音ファンを採用した。

 現時点での対応確認済みのオーディオ機器は、パイオニア製「SC-LX57」「VSA-1123」「SC-2023」、スフォルツァート製「DSP-03」となっている(今後の対応機器は随時Webページで案内を行う予定)。

 有線LANポートはギガビット接続に対応。ほかUSB 3.0×1、USB 2.0×1なども利用できる。本体サイズは87(幅)×205(奥行き)×127.5(高さ)ミリ、重量は約2.4キロ。

関連キーワード

オーディオ | バッファロー | NAS | DSD | DLNA | Twonky | 静音


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう