連載
» 2013年08月29日 16時25分 UPDATE

ショップのダメ出し!:OS込みで8万円。mini-ITXゲームマシンが欲しい! (1/3)

「小さく、なるべく安く、でも快適!」なゲームマシンの構成案を作り、ドスパラ パーツ館の海老原さんにダメ出ししてもらった。核にしたのは「A10-6800K」。1年ぶりの不定期連載、始動!

[古田雄介(ぜせ),ITmedia]

「A10-6800K」でいけるなら8万円は一気に現実ライン

 大画面でディティールにこだわってPCゲームをプレイするなら相応の高価なグラフィックスカードを投入するべきだが、そこそこの画面サイズでそこそこ快適な環境でいいなら10万円以下……いや、8万円以下で組める。強力なGPUを内蔵するAPUをフルに使ってグラフィックスカード代を浮かせば、予算は一気に下げられるのだ。

 そこで、ゲーム用APUの有力候補「A10-6800K」を核にして、OS込みで8万円のゲームマシンを構成してみた。A10-6800Kなら、CPUとグラフィックスカードぶんの予算が1万円台半ばで抑えられるうえ、ベンチマークによってはCore i5に匹敵するようだし、実際に以前のレビューでもコストパフォーマンスのよさは実証できている(関連記事:「Richland」はリッチなパフォーマンスを見せてくれるのか)。

og_amd_001.jpg AMDが公開している「PCMark 8 Home test」のベンチマーク結果。Core i5-4670Kに匹敵する性能を持ち、圧倒的なコストパフォーマンスのよさがウリだ

8万円以下でゲームができるmini-ITXマシンの構成例
CPU AMD「A10-6800K」 1万5500円
マザーボード ASRock「FM2A85X-ITX」(AMD A85Xチップセット搭載) 9980円
メモリ UMAX「Cetus DCDDR3-8GB-1600OC」(DDR3-1600 4Gバイト×2枚) 3980円
SSD CFD販売「CSSD-S6T128NHG5Q」(128Gバイト) 1万1800円
HDD ウエスタンデジタル「WD Green WD10EZRX」(1Tバイト) 5980円
光学ドライブ ASUSTeK「DRW-24D3ST」(DVDスーパーマルチ) 1980円
グラフィックスカード なし
PCケース BitFenix「PRODIGY」 8790円
電源 サイズ「剛力短2プラグイン 500W」 8780円
OS マイクロソフト「64ビット版Windows 7 Home Premium DSP版」+USB 2.0カード 1万1980円
合計金額は7万8770円。それぞれの価格は、8月後半のドスパラ公式通販サイトの価格を参考にした

 グラフィックスカードのないゲームマシンということで、せっかくだからmini-ITXマザーとケースを使ってコンパクトな筐体とした。電源ユニットも別売りのものを採用したが、それでも128GバイトSSDと1TバイトHDDが積めるほどには余裕がある。

 この構成をブラッシュアップしてもらうべく、向かったのはドスパラ パーツ館だ。オリジナルの改造小型マシンを作り、AMD Aシリーズに対する造詣と愛情が深い海老原氏にダメ出しをしてもらう!!

og_amd_002.jpg ドスパラ パーツ館に突撃!

関連キーワード

Intel対AMD | AMD | APU | ドスパラ | mini-ITX | Richland


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう