連載
» 2013年09月09日 08時00分 UPDATE

週末アップルPickUp!:発表直前の次世代iPhone(のウワサ)を30秒で予習する

秘密主義、そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

[青山一丁目りんご園,ITmedia]

 米Appleが来週の9月10日(現地時間)に開催を予定しているイベントで、いよいよ次世代iPhoneが発表されそうです。

og_iphone5sc_001.jpg TLDのゴールド“iPhone 5S”を紹介する動画。New Gold iPhone 5S Sneak Peek (vs iPhone 5 Teardown) /TechfastLunch&Dinner

 この時期に次世代iPhoneのウワサで盛り上がるのはここ数年の恒例行事。「“iPhone 5S”はA7チップで高速化しつつ、指紋センサーを搭載しカメラ機能を強化」「“iPhone 5C”は16〜64Gバイトモデルで多色展開」といった仕様に関する話題だけでなく、“iPhone 5S”の外装パーツや基板を撮影した動画、さらにはパッケージに入った製品版らしき“iPhone 5C”の写真まで出回るなど、真偽のほどは不明ながら、主に中国経由で続々と情報が流れ出しているようです。以下にニュース系サイトが取り上げた“次世代iPhone”像の予想をまとめてみました。

iPhone 5の後継機“iPhone 5S”

  • カラバリは、ホワイト&シルバーとブラック&スレートに加えて、ブラック&グラファイト、ホワイト&シャンパンゴールドがある
  • 新A7チップを搭載
  • 指紋センサーを搭載
  • リアカメラの高画素化、よりF値の小さな明るいレンズ、デュアルLEDフラッシュ
  • 現行機種と同じ4型ディスプレイ(1136×640ドット/326ppi)
  • 128Gバイトモデルを追加

廉価版の“iPhone 5C”

  • ポリカーボネートの外装で低価格化
  • カラバリは5色または6色(“流出写真”ではホワイト、ブルー、グリーン、イエロー、レッドの5色が確認されている)
  • ディスプレイやカメラはiPhone 5を踏襲
  • 16Gバイト〜64Gバイトモデル

 その中国では、8月に北京で開催されたMacworld/iWorldで当然のようにiPhone 5S/5C用ケースが展示され、iPhoneを取り扱う中国電信(China Telecom)系列のサイトには一時“iPhone 5S/iPhone 5C”の予約販売ページまで現れました(ただし現在は削除されているようです)。さすが中国。今年の6月にインテルの最新CPUであるHaswellを「発表前に発売」した実績を持つ国だけに、そのうちiPhoneもフライング販売するんじゃ……。一方、日本国内では、NTTドコモがついにiPhoneを取り扱うのではないかという話題で持ちきり。国内携帯3社の勢力図の変化や、メーカーに与える影響などに注目が集まっています。

 それにしても、ジョブズがいたころの秘密主義的なアップル像は、このまま少しずつ薄れていくのですかねー。

og_iphone5sc_002.jpgog_iphone5sc_004.jpg Macworld/iWorld Asia 2013で展示されていた次世代iPhone用と思われるケース(写真=左)。一時China Telecomのサイトに現れたiPhone 5S/5Cの予約販売ページ(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-