ニュース
» 2013年09月19日 15時47分 UPDATE

NVIDIA、“Tegra 4”採用のタブレット端末プラットフォーム「Tegra Note」を発表

NVIDIAは、同社ブログにてタブレット端末プラットフォーム「Tegra Note」の発表を行なった。

[ITmedia]
photo

 NVIDIAは9月19日、同社ブログにてタブレット端末プラットフォーム「Tegra Note」の概要を発表した。

 Tegra Noteは、NVIDIAの設計によるタブレット端末のプラットフォームで、プロセッサとして最新のTegra 4(CPU:Cortex-A15/クアッドコア、GPU:GeForce 72コアGPU)を採用。ディスプレイは1280×800ドット表示対応の7型IPS液晶を装備、ストレージは最大16Gバイトを装備する(microSDカードの利用にも対応)。

 OSはAndroid OSを採用(ブログ内では“最新バージョン”を採用、としている)。映像出力はMicro HDMI出力を装備、バッテリー駆動時間はHDビデオ再生時で10時間だ。

 製品については“これから数カ月”で各社より登場する予定で、北米ではEVGA/PNY Technologies、欧州ではEVGA/Oysters、アジア太平洋地域ではColorful/Shenzhen Homecare Technology、インドではXOLO、ほかHP/ASUS/東芝/Kobo/Xiaomiも投入を表明している。米国での予想小売価格は199ドルから。

関連キーワード

NVIDIA | タブレット | Tegra 4 | Android | バッテリー | Cortex


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.