ニュース
» 2013年09月27日 15時36分 UPDATE

シャープ、15.6型ノートPC向けとなる4K対応IGZO液晶パネルのサンプル出荷を開始

シャープは、ノートPC向けとしては初となる4K解像度表示に対応した15.6型IGZO液晶パネルのサンプル出荷を開始した。

[ITmedia]

 シャープは9月27日、4K(3840×2160ドット)表示に対応した15.6型IGZO液晶パネルのサンプル出荷を開始した。生産については、2014年2月より開始となる予定だ。

 光の透過率を向上させるIGZO技術の採用により、ノートPC向けとして初の4K解像度を実現。画素密度は、現在量産中の高解像度パネル(3200×1800ドット表示対応の15.6型パネル)の235ppiをさらに上回る282ppiとなっている。またペン入力対応のタッチパネル設計にも対応する。


 また本製品は、幕張メッセにて2013年10月1日より開催される「CEATEC JAPAN 2013」のシャープブースに出展される。

関連キーワード

シャープ | IGZO | 解像度 | CEATEC 2013 | 液晶パネル


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう