ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「液晶パネル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「液晶パネル」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

マウス、薄型軽量のマグネシウム合金筐体を採用した14型モバイルノート
マウスコンピューターは、14型フルHD液晶を搭載した薄型モバイルノートPC計3モデルの販売を開始する。(2019/6/24)

日本HP、AIやVR用途に対応する最新ワークステーション製品を投入
日本HPは、第9世代CoreとQuadro RTXを標準装備したハイスペック仕様のモバイルWSを発売する。(2019/6/13)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「Mac Pro」「Pro Display XDR」は驚きの出来栄え 次期macOS「Catalina」はより便利に
米Appleの開発者会議「WWDC 2019」で実際にチェックして分かった、新「Mac Pro」と「Pro Display XDR」の驚くべき仕上がり、そして次期macOS「Catalina」に搭載される注目の新機能をまとめてお伝えする。(2019/6/8)

エイサー、第8世代Core搭載のビジネス向けスリムデスクトップ Optaneメモリーを標準装備
日本エイサーは、本体幅約100mmのスリム筐体を採用した法人向けデスクトップPC「Veriton X」シリーズ2製品を発売する。(2019/6/5)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iTunes」がMacから消え去る理由 Windowsでは生き残る理由
米Appleの開発者向け会議「WWDC」が今年も開催。さまざまな話題が飛び出したが、本稿は「iTunesがなくなる」ことについて解説する(Mac Proの現地レポートも)。(2019/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2019:
Intelが「第10世代Core(Ice Lake)」の詳細を発表 次世代ノートPC「Project Athena」も言及
新世代のCPUやGPUの話題で盛り上がった「COMPUTEX TAIPEI 2019」において、Intelが発表した内容を改めて整理した。今後の話を含めてお届けする。(2019/6/3)

産機設計者が解説「公差計算・公差解析」(4):
「データム」とは何か? をあらためて理解する
「データム(Datum)」とは? 今回は、設計者であれば当たり前のように聞くこの用語について掘り下げていきます。(2019/6/3)

Rakuten GirlsAward 2019 S/S:
TWICE、美脚すらりのセクシーダンスでガルアワの大トリ飾る 日本初パフォーマンスの「FANCY」含む3曲披露
【画像70枚】ガルアワで一番盛り上がったTWICEのライブをお届け!(2019/5/21)

富士通がarrowsブランドの通訳端末「arrows hello」を発売
富士通コネクテッドテクノロジーズが通訳機「arrows hello AT01」を家電量販店で発売する。SIMは非対応で、Wi-Fi接続時は28言語、オフラインでは日本語/英語/中国語の3言語を双方向で翻訳できる。カメラで文字を撮影すると文字を認識して翻訳してくれる機能を搭載している。(2019/5/14)

政府、外資規制をITに拡大へ PCや半導体……中国念頭に
政府が安全保障上の理由から、外資規制の対象をIT分野に拡大することが10日、分かった。PC、半導体、携帯電話といったIT、通信関連の20業種を対象に追加する。(2019/5/13)

産機設計者が解説「公差計算・公差解析」(3):
幾何公差の“目的”とは何か?
機械メーカーで機械設計者として長年従事し、現在は3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者が公差計算や公差解析、幾何公差について解説する連載。第3回のテーマは「幾何公差の“目的”とは何か?」だ。(2019/5/8)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
素晴らしい写りと使い勝手と重さの名機、「LUMIX S1R」
パナソニック初のフルサイズミラーレス一眼「DC-S1R」はそのゴツさに相応しい、素晴らしい写りと使い勝手と重さの名機なのだった、とまあそういう結論である。(2019/5/5)

シャープ、モバイルから大型テレビまで「第5世代IGZO」全面展開へ 有機ELパネルも試作
シャープが第5世代IGZO(酸化物半導体)をモバイルから大型テレビまで幅広い用途の液晶パネルに展開する。既に80V型8K液晶テレビ「8T-C80AX1」に採用済み。有機ELパネルへの採用も計画中だ。(2019/4/24)

PR:5Kスーパーウルトラワイドの世界を体験! 49型曲面液晶「499P9H1/11」
フィリップスが投入した「499P9H1/11」は49型の曲面液晶を採用したスーパーウルトラワイドディスプレイだ。今回はその圧倒的な映像体験を紹介していく。(2019/4/19)

シャープ、4K表示をサポートした大型タッチディスプレイ「BIG PAD」新モデル
シャープは、4K液晶パネルを搭載した大型タッチディスプレイ「BIG PAD」計3機種の発表を行った。(2019/4/15)

産機設計者が解説「公差計算・公差解析」(2):
JIS規格における「幾何公差」の取り扱いを把握する
機械メーカーで機械設計者として長年従事し、現在は3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者が公差計算や公差解析、幾何公差について解説する連載。第2回はJIS規格を基に「幾何公差とは何か?」ついて掘り下げる。(2019/4/9)

ゲーミングPCを強烈プッシュ:
ASUSが「今ゲーミングPCを買うならGeForce RTXを選ぶべし」という理由
ASUS JAPANが2019年3月29日、東京赤坂にある「ASUS Store Akasaka」にてテクニカルセミナーを開催、PCの新モデルを発表した。ここではゲーミングPCや開発中のモンスターPCを見ていこう。(2019/4/2)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
フルサイズEOSの画質が手に入る入門機「EOS RP」
キヤノン「EOS RP」は、エントリーモデルだけどミラーレスEOSらしい使いやすさを実現。しかもフルサイズEOSの画質が手に入る。(2019/3/28)

Topjoy、4コアPentiumを搭載した8型2in1モバイルPC「Falcon」 CAMPFIREで提供
中国Topjoyは、液晶パネルを展開してタブレットとしても利用できる2in1タイプの8型モバイルノートPC「Falcon」の日本国内提供を発表した。(2019/3/26)

成田空港に国内初のIoT活用トイレ 混雑状況など表示 4月3日から
あらゆるものをインターネットでつなぐ技術「IoT」を活用したもので、NTT東日本、TOTOなどの共同企画による国内初の試み。(2019/3/26)

PR:驚異の7年間無償保証!! ビジネス現場を変える最新A3カラーLEDプリンタ「COREFIDO EX」モデル徹底チェック
2008年に「5年間無償保証」をうたい、ビジネスプリンタ市場に華々しく登場したOKIデータの「COREFIDO」シリーズ。その最新モデルである「COREFIDO EX」は、より長く、快適に使えるA3カラープリンタを目指して改良を続けてきた。10年超の時間をかけて磨き上げた完成度、耐久性、信頼性を見ていこう。(2019/3/25)

ゆくPCくるPC:
世界初で始まり世界初で終わった「Libretto」シリーズ
平成のガジェットを振り返る連載「30年に渡る“平成のツワモノ”に光を当てる」の第4回は、東芝(当時)のミニノートPC「Libretto 100」を見ていきます。(2019/3/7)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
タフな環境でタフな仕事をする人のカメラ「OM-D E-M1X」 でかいけど手ブレ補正は超強力
なんともデカいミラーレス一眼の登場である。いや、デカいだけなら他にもあるけど、マイクロフォーサーズ機では一番デカい。それがオリンパスの「OM-D E-M1X」だ。(2019/3/7)

JDI、アナログレコードみたいなインテリア家電を開発 映像、音、香りをコントロール
JDIがアナログレコードプレーヤーをモチーフとしたインテリア家電を開発中。円形ディスプレイとスピーカー、アロマディフューザーを一体化し、室内のムードをコントロールするという。(2019/3/5)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(14):
「赤か? それとも青か?」――機能共有の悲劇がもたらした混乱するトイレのUI
なぜこのようなユーザーインタフェースが存在するのか……。日ごろの生活の中で筆者が見つけた“良くないユーザーインタフェース”から学びを得る。「京急蒲田駅」「JR渋谷駅」に続き、筆者を悩ますのはトイレの蛇口。今回はその問題点を紹介すると同時に、解決策を検討する。(2019/3/4)

PR:新生活にオススメのモバイルノートPCはズバリこれ! FMV「LIFEBOOK UH-X/C3」の魅力を徹底解剖
この春、パソコンを使ってさまざまなことにチャレンジしたい……そんな人にぴったりなのがFMV「LIFEBOOK UH-X/C3」。ビジネスもプライベートも支えてくれる頼もしい相棒だ。(2019/3/25)

3D設計推進者が見たSWW2019:
SOLIDWORKSが描く新しい地図、ユーザーとして期待するけどちょっと複雑
2019年2月10〜13日(現地時間)に米国テキサス州ダラスで「SOLIDWORKS World 2019」(SWW2019)が開催され、私自身も参加しました。(2019/2/27)

設計者CAEレビュー:
PR:Altair SimSolidは早くて簡単なだけじゃない! メッシュを切らない設計者CAEの真価
中小メーカーで日々、3D設計推進に奮闘する筆者が、メッシュレスCAE「Altair SimSolid」を試した。メッシュを切ることなく数分で結果が出るので、これなら設計もどんどん前に進む! しかも計算結果は各社のハイエンドCAEの結果に近い。設計者にありがたい機能も盛りだくさんだ。(2019/2/4)

新小型スマホ「AQUOS R2 compact」レビュー 片手操作やダブルノッチは快適?
シャープの「AQUOS R2 compact」は、現行モデルでは貴重な小型スマホ。しかもスペックも妥協しておらず、ハイエンドプロセッサを搭載する。一方で、使い込むほど不満点も浮かび上がった。(2019/2/1)

144Hz駆動の17.3型パネルと狭額縁でゲームに没入! 「NEXTGEAR-NOTE i7920PA1」の性能を確かめる
ゲーミングブランド「G-Tune」にスリムベゼルのゲーミングノートPCが登場。Gaming Modeで性能アップも。(2019/1/31)

産機設計者が解説「公差計算・公差解析」(1):
公差がなぜ今必要なのか? 本当は日本人が得意なことのはず
機械メーカーで機械設計者として長年従事し、現在は3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者が公差計算や公差解析、幾何公差について解説する連載。第1回はなぜ今、公差が必要なのかについて話をする。(2019/1/31)

リンクスが超小型PC「GPD Pocket2 4GB」の取り扱いを開始
リンクスインターナショナルが、超小型ノートPC「GPD Pocket2」の低価格モデル「GPD Pocket2 4GB」の取り扱いを発表した。全国の家電量販店での購入が可能になる。(2019/1/23)

FAニュース:
段取り時間を3分の1に低減、段取り全自動化に対応したクリームはんだ印刷機
ヤマハ発動機は、段取り替えの全自動化に対応し世界最速レベルのサイクルタイムを実現したクリームはんだ印刷機のハイエンドモデルを発表した。初年度に50台の販売を目指す。(2019/1/15)

CES 2019:
Segway-Ninebot、“VSLAM”搭載の配達ロボット「Loomo Delivery」
中国Ninebot傘下のSegwayは、同社初の配達ロボット「Loomo Delivery」をCES 2019で披露する。単眼カメラで位置推定する独自開発の「VSLAM」アルゴリズムを搭載し、50キロまでの荷物をショッピングモール内などで配送する。(2019/1/4)

iPad Proへの道:
新型iPad Proを手にした旧式iPadユーザーの戸惑い(試行錯誤編)
ある日、突然新型iPad Proがあなたと手元に来たらどうしますか。期せずしてそんな事態に直面した、旧式iPadユーザーの戸惑いと希望を一部始終お伝えします。3回目は、IT機器に無頓着な家族に新型iPad Proを突然見せたらどのような反応を示すのかを見ていきます。(2018/12/29)

3D設計推進者が見たSWWJ2018:
VR/ARで新しいSOLIDWORKSは「もっと見える」ようになる
2018年11月9日に開催された「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2018(以下、SWWJ2018)」に参加しました。今回のテーマとして「Simulation(シミュレーション)」が押し出されていた印象です。Simulationというと「CAE(Computer Aided Engineering)」のことを開発設計工程では示しますが、今回与えられたSimulationの定義は、「現物ができる前に何ができるのか」ということで、その活用範囲を広く感じました。(2018/12/28)

ASUS、液晶タッチパッド“ScreenPad”を内蔵した14型ノートなど4製品を投入
ASUS JAPANは、液晶タッチパッドを装備した14型ノートPC「ASUS ZenBook Pro 14 UX450FDX」など計4製品の販売を開始する。(2018/12/12)

設計者CAEは普通の解析と何が違う?(13):
設計者は確かに忙し過ぎる――だからといって自己研鑽を怠っていては先はない
「設計者CAE」という言葉が設計現場で聞かれるようになって久しいですが、3D CAD推進とともにきちんと設計者CAEに取り組んでいる企業もあれば、まだ途上あるいは全く着手していないという企業もあるかと思います。最終回となる今回は、「これからの設計者CAE」をテーマに筆者の考えを示します。(2018/12/10)

立体じゃないのに立体的 JDIの縦型動画プレーヤー「ミオン」、春にクラウドファンディングを実施
JDIが据え置き型の縦型動画プレーヤー「XLP-01 MiOn」(ミオン)を発表した。映し出された人物が背景から浮き上がって見える不思議なディスプレイ。そのヒミツとは?(2018/12/4)

12月21日発売:
スズキ、SUV「エスクード」仕様変更 デザイン刷新、ACCなど標準搭載
スズキがコンパクトSUV「エスクード」の一部仕様を変更。価格(税込)は265万8960円で、12月21日に発売予定。上質なデザインに一新し、全車速追従機能付きのACCなどを標準装備して安全性を高めた。(2018/12/3)

3D設計推進者の眼(35):
独立の原則を頭に入れて測定したり、アセンブリーを設計したりする
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は具体的にデータムとは何により決められているのかを説明する。(2018/11/30)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
「まさか」の後継機、パナソニック「LX100 II」の実力は?
いやあ、まさかの「LX100 II」(DC-LX100M2)登場ですよ。前モデル「LX100」の発売から4年。デザインは全然変わってない。でも実際に使ってみると、しっかり4年分の進化が分かる。(2018/11/27)

曲率半径は700〜1000mm:
三菱電機、曲面カラーTFT液晶モジュールを開発
三菱電機は、自動車や船舶向けに曲率半径が700〜1000mmの曲面カラーTFT液晶モジュールを開発し、受注活動を本格的に始めた。(2018/11/27)

CAD向け水性大判プリンタ:
CAD向け水性大判プリンタで“トップシェア”をねらう、エプソンの販売戦略
エプソンは、CAD向け水性大判プリンタをリニューアルした。これまでの既存ユーザーの買い替え需要はもちろん、これまでになかった小規模オフィスの設計事務所や小規模の建設会社にも販売注力していくという。(2018/11/19)

PR:画面が宙に浮いている!? ベゼル幅わずか1.8mmの23.8型ディスプレイ「241E9/11」
超狭額縁ディスプレイを採用したフィリップスの「241E9/11」は、まるで画面が宙に浮いているかのようなディスプレイだ。そのクールなデザインはマルチディスプレイ環境にぴったり。(2018/11/15)

顧客からの反応聞きたい:
テレビ参入のアイリスオーヤマ、「今回はテスト販売」と告白 本気出すのは19年?
アイリスオーヤマが黒物家電市場に参入し、11月22日にテレビ「LUCA」シリーズを発売する。収益基盤を拡大する狙いだが、広報担当者は「今回はあくまでテスト販売」と明かす。顧客から得たフィードバックを踏まえて新商品を開発し、19年に出す予定という。(2018/11/5)

3D設計推進者が見た中国製造業とデジタル変革(4):
日本のモノづくりはこれからも強くいられるか
「世界の工場」と呼ばれる中国であり、また世界有数の国際都市である上海の虹橋において「第20回 中国国際工業博覧会(CIIF2018)」が2018年9月19〜23日に開催された。会場周辺で、ダッソー・システムズ(Dassault Systemes、以下「ダッソー」)は、同年9月19〜20日まで「Manufacturing in the Age of Experience」を開催した。筆者は、ダッソーユーザーとして、また3D CAD推進者であり、製造業にかかわる一人としてそこに参加した。(2018/11/5)

設計者CAEは普通の解析と何が違う?(12):
あらためて「解析とは何か?」を考える 〜悩み尽きぬCAE担当者の心情〜
「設計者CAE」という言葉が設計現場で聞かれるようになって久しいですが、3D CAD推進とともにきちんと設計者CAEに取り組んでいる企業もあれば、まだ途上あるいは全く着手していないという企業もあるかと思います。連載第12回では、「解析(CAE)とは何か?」についておさらいすると同時に、「メッシュ」について解説します。(2018/11/5)

パナソニックが描く未来の“カデン”:
新しいアイデアとプラットフォーム構築がカギ、食と居住空間の未来
パナソニックは、創業100年を記念したプライベートイベント「CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018」(2018年10月30日〜11月3日、東京国際フォーラム)を開催中だ。その中で、家電事業を担当するアプライアンス社は未来の“カデン”を提案するユニークなコーナーを設けた。(2018/11/1)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
今一番注目されてるフルサイズミラーレス一眼、キヤノン「EOS R」
ソニー、ニコンに続きキヤノンから登場したフルサイズミラーレス一眼「EOS R」である。AFはすごく速くて暗所にも強いなど基本性能は高い。コントロールリング付きのマウントアダプターも使ってみた。(2018/10/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。