ニュース
» 2013年10月08日 11時00分 UPDATE

2013年PC秋冬モデル:2つの防水タブレット、スタミナ&IGZO液晶モバイルノート、タッチ特化デスクトップなど新顔が続々――富士通「FMV」&「ARROWS Tab」秋冬モデル (1/2)

富士通は「FMV」と「ARROWS Tab」の2013年秋冬モデルを発表。高精細表示+ペン対応のタブレット、着脱式コンバーチブルPC、画面を寝かせられる液晶一体型PCなど、7シリーズ11モデルを10月18日より順次発売する。

[前橋豪,ITmedia]

FMV & ARROWS Tab 2013年秋冬「店頭モデル」の主な特徴

ラインアップ

  • 画面を外すとハイスペックな防水・防塵Windowsタブレットになる12.5型コンバーチブルPC「ARROWS Tab QH77
  • 10.1型“2560×1600”液晶を備えた防水・防塵・耐薬品対応のWindowsタブレット「ARROWS Tab QH55
  • 14型“3200×1800”液晶の上位機と新デザインの13型下位機を用意したUltrabook「LIFEBOOK UH
  • 約21.1時間駆動できる13.3型“2560×1440”液晶の13.3型モバイルノート「LIFEBOOK SH
  • 第4世代Coreと薄型ボディで進化した主力の15.6型ノート「LIFEBOOK AH
  • 画面を寝かせて使える21.5型の液晶一体型「ESPRIMO WH
  • エントリーモデルを新設した21.5型の液晶一体型「ESPRIMO FH

ハードウェア

  • 3ラインアップを除いてタッチパネル付き液晶ディスプレイを採用
  • ARROWS Tab QH55にAtom Z3770(開発コード名:Bay Trail-T)を搭載
  • ARROWS Tab QH77は防水・防滴対応ながら第4世代Core i5-4200U(開発コード名:Haswell)を搭載
  • LIFEBOOKとESPRIMOは第4世代Coreを積極採用
  • ARROWS Tab QH77QH55はIPX2準拠の防滴ペン(筆圧対応)を内蔵
  • ARROWS Tab QH55LIFEBOOK UHSHにフルHD超の高精細液晶を装備
  • ESPRIMO WHはディスプレイ部を手前に引き出して寝かせる新機構を採用
  • PC、タブレット、スマートフォンでテレビ視聴が楽しめるネットワークテレビチューナー(オプション)

ソフトウェア

  • 全モデルにWindows 8.1をプリインストール(QH55のみ32ビット版、ほかは64ビット版)
  • 全モデルにOffice 2013をプリインストール(FH52/MのみPersonal、ほかはHome and Business)
  • スタート画面を改良した独自のクラウドサービス「My Cloud」

FMV & ARROWS Tab 2013年秋冬「カスタムメイドモデル」の主な特徴

ラインアップ

  • 各シリーズの基本仕様や周辺機器を購入時に選択可能
  • すべて送料無料で3年無料保証付き

ハードウェア

  • ARROWS Tab QH55の直販モデル(WQ1/M)は、スリムキーボードや拡張クレードル、専用カバーを用意
  • ARROWS Tab QH77の直販モデル(WQ2/M)は、Core i7や性能が向上する拡張クレードル、専用カバー、キーボードなしの構成を用意
  • LIFEBOOK SHUHの直販モデル(WS1/MWU1/M)はCore i7を搭載可能

ソフトウェア


夏モデルから一転、年末に向けて新ラインアップが続々登場

ARROWS Tab 目玉となる2つのWindows 8.1搭載「ARROWS Tab」

 富士通は10月8日、個人向けPC「FMV」シリーズおよびタブレット「ARROWS Tab」シリーズの2013年秋冬モデルを発表した。計7シリーズ11モデルを2013年10月18日より順次発売する。

 製品ラインアップは、タブレットの「ARROWS Tab」シリーズ、ノートPCの「FMV LIFEBOOK」シリーズ、デスクトップPCの「FMV ESPRIMO」シリーズに分かれ、店頭向けモデルと同社直販サイト「WEB MART」で取り扱うカスタムメイドモデル(購入時に仕様変更が可能)を販売する。

 2013年夏モデルは多くの機種が春モデルの継続販売だったが、今回はほとんどが新シリーズやフルモデルチェンジとなっており、タッチパネルや最新世代のCPUを積極採用するとともに、全モデルにWindows 8.1を搭載した。

2つのARROWS Tabはどちらも防水防塵、筆圧ペン、キーボードに対応

QH55/M 10.1型Windows 8.1タブレットの「ARROWS Tab QH55/M」

 特に注目すべきはARROWS Tabの2モデルだ。10.1型Windows 8.1タブレットの「ARROWS Tab QH55」は、2560×1600ドット(アスペクト比16:10)表示で約299ppi(ppi:1インチあたりのピクセル数)の高精細表示に対応。防水防塵(IPX5/7/8、IP5X)に加えて、アルコール除菌シートでふける耐薬品対応のボディを採用するほか、1024レベルの筆圧に対応したIPX2準拠の防滴ペン、指紋センサーなどを本体に内蔵する。

 インテルのタブレット向け最新SoCであるBay Trail-TことAtom Z3770 (1.46GHz/最大2.4GHz)を採用し、4Gバイトメモリ、64GバイトSSDを搭載。本体サイズは267(幅)×180.8(高さ)×9.9(厚さ)ミリで、重量は約650グラムだ。バッテリー駆動時間は約15.5時間とされている。オプションとして、持ち運び時に画面を保護できるスリムキーボードや拡張端子付きクレードル、専用カバーを用意する。

QH77/M 12.5型コンバーチブルPCの「ARROWS Tab QH77/M」

 「ARROWS Tab QH77」は、付属のスリムキーボードから画面を外すとハイスペックなタブレットになるUltrabook準拠の12.5型コンバーチブルPC。Haswellこと第4世代Core i5-4200U(1.6GHz/最大2.6GHz)を搭載し、冷却ファンも内蔵していながら、防水防塵(IPX5/7/8、IP5X)を実現しているのが新しい。防滴ペンや指紋センサー、NFCも内蔵する。冷却ファン付きの「ターボモード用拡張クレードル」(別売)を装着することで、パフォーマンスを高めることも可能だ。

 メモリは4Gバイト、SSDは128Gバイト、ディスプレイは12.5型フルHD液晶を搭載。本体サイズと重量は、タブレット単体で309.6(幅)×199.3(高さ)×11.9(厚さ)ミリ/約980グラム、スリムキーボード接続時で309.6(幅)×212.7(奥行き)×20(高さ)ミリ/約1.67キロだ。バッテリー駆動時間はタブレット単体で約16時間、スリムキーボード接続時で約13時間。オプションで専用カバーも用意する。

ノートPCは超高精細表示+大容量バッテリーの新生「SH」が登場

tm_1310fmv_03.jpg 13.3型オールインワンモバイルノートの「LIFEBOOK SH90/M(FMVS90MW)」

 LIFEBOOKシリーズのノートPCでは、フルモデルチェンジしたオールインワンモバイルの「LIFEBOOK SH90/M」が目を引く。光学ドライブや増設バッテリーを格納できる着脱式ベイ構造「モバイル・マルチベイ」はそのままに、2560×1440ドット表示(約221ppi)の13.3型ワイドIGZO液晶ディスプレイ、第4世代Core i5-4200U(1.6GHz/最大2.6GHz)、大容量バッテリーを採用するなど、大幅に仕様を強化した。

 バッテリー駆動時間は標準でも約21.1時間駆動に対応し、増設バッテリーを用いることで約28.1時間まで延ばせる。メモリは4Gバイト、ストレージは500GバイトのハイブリッドHDDを採用し、インタフェースはUltrabookで省かれがちな有線LANやアナログRGBも装備した。本体サイズは319(幅)×215(奥行き)×13.6〜19.8(高さ)ミリ、重量はベイカバー装着時で約1.48キロ、DVDスーパーマルチドライブ装着時で約1.59キロだ。

 クラムシェルのUltrabook「LIFEBOOK UH」シリーズは、3200×1800ドット表示(約262ppi)の14型ワイドIGZO液晶ディスプレイを搭載した上位機「UH90/M」と、1366×768ドット表示の13.3型ワイド液晶を備えた下位機「UH55/M」で構成される。UH90/Mの主な仕様は夏モデルと同様だが、メモリが従来の4Gバイト×1(シングルチャンネル)から2Gバイト×2(デュアルチャンネル)に高速化した。UH55/MはCPUを第4世代Coreに刷新し、新デザインのボディを採用する。

UH90/MUH55/M クラムシェルの14型Ultrabook「LIFEBOOK UH90/M(FMVU90MR)」(写真=左)と13.3型Ultrabook「LIFEBOOK UH55/M」(写真=右)

 主力の15.5型ノート「LIFEBOOK AH」シリーズも第4世代Coreの搭載とともに、新デザインのボディを採用。最上位モデルの「AH77/M」は厚さ23.8ミリ、重さ約2.5キロのフルフラットボディに、Core i7-4702HQ(2.2GHz/最大3.2GHz)、8Gバイトメモリ、1TバイトHDD、BDXL対応Blu-ray Discドライブ、タッチパネル付きの15.5型フルHD液晶などを搭載する。薄型化したスタンダードモデル「AH56/M」など、全4モデル(カラバリ除く)のラインアップだ。

AH77/MAH56/M 15.5型ノート「LIFEBOOK AH」シリーズの最上位モデル「AH77/M(FMVA77MW)」(写真=左)と、スタンダードモデル「AH56/M(FMVA56MB)」(写真=右)
富士通 STYLISTIC QH 【468*60】ESPRIMO WH 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.