ニュース
» 2013年10月18日 21時30分 UPDATE

日本では11月に発売:Acer、第4世代Atom搭載の8型Windows 8.1タブレット「Iconia W4」

初の8型クラスWindows 8タブレットとして注目を集めた「Iconia W3」がモデルチェンジ。後継となる「Iconia W4」は、薄型軽量化を果たしたボディに第4世代AtomやWindows 8.1を搭載する。

[ITmedia]

 台湾Acerは10月17日(現地時間)、Windows 8.1搭載の8型タブレット「Iconia W4」を発表した。2013年10月に米国と台湾で、11月に日本で発売する予定だ。米国での価格は32Gバイトモデルが329.99ドル、64Gバイトモデルが379.99ドル。

tm_1310w4_01.jpgtm_1310w4_02.jpg AcerのWindows 8.1搭載8型タブレット「Iconia W4」

 2013年7月に国内で発売した8.1型Windows 8タブレット「Iconia W3」の後継モデル。8型クラスの画面サイズを維持しながら、ボディの薄型化と軽量化を図り、Windows 8.1を搭載し、基本スペックも強化した。

 SoCは第4世代Atom 1.8GHz(Bay TrailことAtom Z3000シリーズと予想される)、ストレージは32Gバイトもしくは64Gバイト、ディスプレイは1280×800ドット表示の8型ワイド液晶パネル、オフィススイートはMicrosoft Office Home and Business 2013を採用する。

 液晶ディスプレイはIPS方式を採用し、上下/左右で各170度の視野角を確保。タッチパネルと液晶パネルモジュールの間の空気層を省く「ゼロエアギャップ」技術により、外光の反射を抑え、直射日光下での視認性を高めた。

 インタフェース類は、Micro USB(充電対応)、Micro HDMI、32Gバイトまで対応するmicroSDメモリーカードスロット、200万画素のインカメラ、500万画素のアウトカメラも内蔵する。バッテリー駆動時間はWebブラウズ時で最大10時間、動画再生時で約8時間だ。厚さは10.75ミリ、重量は約415グラム。

 そのほかオプションとして、スタンド機構付きで厚さ5.3ミリのBluetooth 3.0キーボード「Crunch Keyboard」(Micro USBで充電)や、本体の角度を段階的に調整できるマイクロファイバー製のカバー「Crunch Cover」などを用意する。

tm_1310w4_03.jpgtm_1310w4_04.jpg オプションの「Crunch Keyboard」(写真=左)と「Crunch Cover」(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.