ニュース
» 2013年11月08日 12時37分 UPDATE

エイサー、8型IPS液晶を備えたAtom搭載Windows 8.1タブレット「Iconia W4-820」

日本エイサーは、Windows 8.1を導入した8型液晶内蔵タブレットPC「Iconia W4-820」を発売する。

[ITmedia]
photo Iconia W4-820

 日本エイサーは11月8日、Windows 8.1を導入した8型液晶内蔵タブレットPC「Iconia W4-820」を発表、12月中旬に発売する。ラインアップは、Office Personal 2013搭載モデルの「W4-820/FP」、Office Home and Business 2013搭載モデルの「W4-820/FH」の2モデルを用意。価格はオープン、予想実売価格はW4-820/FPが4万3000円前後、W4-820/FHが4万8000円前後。

 Iconia W4-820シリーズは、1280×800ドット表示対応/5点マルチタッチ操作に対応した8型ワイド液晶パネルを内蔵したタブレット端末で、CPUはAtom Z3740(1.33GHz)を搭載。OSとしてWindows 8.1 32ビット版を導入した。

 メモリはLPDDR3 2Gバイト、ストレージは64GバイトeMMCを内蔵する。ほかIEEE802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、照度/加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス、Webカメラ2基(200万画素+500万画素)も装備。microSDカードスロットも利用可能だ。

 内蔵バッテリー駆動時間は動画再生時で約8時間/Web閲覧時で約10時間だ。本体サイズは約134.9(幅)×218.9(奥行き)×9.75〜10.75(高さ)ミリ、重量は約415グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.