ニュース
» 2013年11月12日 12時33分 UPDATE

テレビを見ながらスマートフォンでする行動は“ゲーム”が1位――ニールセン調査

ニールセンは、“生活者のマルチスクリーン利用実態”についての分析結果を発表。特に若年層で複数デバイスの同時利用が高いという結果となった。

[ITmedia]

 ニールセンは11月12日、“生活者のマルチスクリーン利用実態”についての分析結果を発表した。

photophoto デバイス同時利用率(左)、主にテレビを視聴しながら利用する機器(右)

 11月1日に販売を開始した「Nielsen Digital Consumer Database 2013(ニールセン・デジタル・コンシューマ・データベース2013)」を基にした分析で、複数のデバイスを保有するユーザーの61%が同時デバイスの利用を体験。年代別では若年層の同時利用率が高く、10代/20代では約80%のユーザーが同時利用することがある、と回答している。

photophoto 主にテレビを視聴しながら利用する機器・年代別(左)、主にテレビを視聴しながらスマートフォンで行っていること(右)

 もっとも多い同時利用の組み合わせは「テレビ」と「PC」。ついで「テレビ」と「スマートフォン」となっている。テレビ視聴中の利用機器は、若年〜中年層ではスマートフォンが多いが、30代半ばを境に逆転しPCが多くなっている。

 テレビ視聴中にスマートフォンで行なう行動としては、ゲーム(42%)が1位となった。次いで通話やチャット/メール(37%)、SNS(28%)となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう