ニュース
» 2013年11月19日 13時00分 UPDATE

Win 7+アキュポイントを搭載可能:東芝、1.199キロ/22時間動作「dynabook R634」など企業向けPC新モデル

東芝が企業向けPCの新シリーズを発表。個人向けラインアップに用意されなかったスリムモバイル R632の後継となる「dynabook R634」など全8シリーズを用意する。

[ITmedia]
dynabook R634 13.3型/22時間動作の「dynabook R634」

 東芝は11月19日、企業向けPCのラインアップを一新。業界最長とうたう22時間のバッテリー動作時間を実現した13.3型スリムモバイル「dynabook R634」など、全8シリーズを2013年11月下旬より順次発売する。

 ラインアップは以下の通り。

  • 13.3型で1.199キロ、22時間バッテリーのスリムモバイル「dynabook R634」
  • 14型の1600×900ドットディスプレイを搭載する「dynabook R644」
  • 15.6型フルHD+vPro構成の軽量プレミアムノート「dynabook R654」
  • 13.3型+標準電圧版CPU+ODD内蔵の軽量長時間ノート「dynabook R734」
  • 15.6型+フルHDとvPro構成が可能な高性能ノート「dynabook Satellite B654」
  • 15.6型+多彩なBTOより選べるメインノート「dynabook Satellite B554」
  • 17.3型のデスクトップ代替ノート「dynabook Satellite B374」
  • 15.6型でフルサイズテンキー搭載のSMB向け主力ノート「dynabook Satellite B254」
  • 第4世代Core搭載の高性能デスクトップ「EQUIUM 4030」

 13.3型スリムモバイルラインのdynabook R634は、個人向け店頭モデルにはラインアップされなくなったdynabook R632の後継に位置付けられる企業向けモデル。薄型、軽量、堅牢性を重視したスリムボディに業界最長クラスとする約22時間の長時間バッテリー動作を実現した点を大きな特長とする。CPUはCore i7-4500U、Core i5-4300U、Core i5-4200Uから、メインメモリは最大8Gバイト、ストレージは256Gバイトないし128GバイトSSD、OSは64ビット版Windows 8.1 Pro、ないしWindows 8.1 Proのダウングレード権を使用したWindows 7 Professional(32ビット/64ビット版)より選択できる。ディスプレイは1366×768ドット表示の13.3型液晶、19ミリピッチ/87キーの日本語JISキーボード、ジェスチャー操作対応タッチパッドに加え、スティック操作型のカーソル操作デバイス「アキュポイント」を搭載できる。価格は25万7250円から。

 dynabook R644は、R634の薄型、軽量、堅牢、長時間動作の特長をそのままに、ディスプレイを14型ワイドに大型化したシリーズ。Core i5-4300Uの構成をベースに、メモリ容量(4Gバイト/8Gバイト)、ストレージ(128GバイトSSD/320GバイトHDD)、OS(Windows 8.1 Pro/ダウングレード権を使用したWindows 7 Professional)、ディスプレイ解像度(1600×900ドット/1366×768ドット)、アキュポイント付きデュアルポインティングデバイスなどの構成をカスタマイズできる。価格は24万6750円から。

 dynabook R654は、さらに大きい15.6型ワイドのディスプレイとテンキーを実装するパワースリムモバイルPC。vPro対応のCore i5-4300Uをベースに、メモリ容量(4Gバイト/8Gバイト)、ストレージ(128GバイトSSD/320GバイトHDD)、OS(Windows 8.1 Pro/ダウングレード権を使用したWindows 7 Professional)、ディスプレイ解像度(1920×1080ドット/1366×768ドット)、アキュポイント付きデュアルポインティングデバイスなどの構成をカスタマイズできる。価格は25万2000円から。

dynabook R644dynabook R654 ×1080ドット構成が選べる15.6型「dynabook R654」(写真=右)
dynabook R734 標準電圧版CPUと光学ドライブ内蔵可+長時間動作が特長の「dynabook R734」

 dynabook R734は、個人向けシリーズにも用意する同名シリーズの企業向け版として展開。13.3型サイズのボディに標準電圧版のCPUを採用する高性能志向の構成に、光学ドライブ、有線LANポート、アナログRGB出力端子などビジネスシーンに望まれる機能、最大17時間の長時間動作を実現する。上記シリーズと同様にOSは64ビット版Windows 8.1 Proのほか、ダウングレード権を使用したWindows 7 Professionalプリインストールの構成も選択可能。個人向け店頭モデルにはない最大256GバイトSSDの構成のほか、最大8Gバイトのメインメモリ仕様も選択できる。価格は22万2600円から。


dynabook Satellite B654dynabook Satellite B554dynabook Satellite B354 左から、15.6型フルHDとvPro構成が可能な高性能ノート「dynabook Satellite B654」(24万1500円から)、15.6型+多彩なBTOより選べるメインノート「dynabook Satellite B554」(19万8450円から) 17.3型のデスクトップ代替ノート「dynabook Satellite B374」(22万6800円から)
photophoto 左から、15.6型でフルサイズテンキー搭載のSMB向け主力ノート「dynabook Satellite B254」(SMB向けのためオープン価格) 第4世代Core搭載の高性能デスクトップ「EQUIUM 4030」(24万450円から)

関連キーワード

dynabook Satellite | vPro | 東芝 | EQUIUM | dynabook R632


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.