ニュース
» 2013年11月26日 13時54分 UPDATE

アイ・オー、次世代PoE技術「UPOE」に対応した21.5型ワイド液晶「LCD-AD221PEB」

アイ・オー・データ機器は、UPOE/PoE+による給電に対応した21.5型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-AD221PEB」を発表した。

[ITmedia]
photo LCD-AD221PEB

 アイ・オー・データ機器は11月26日、「UPOE」対応の21.5型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-AD221PEB」を発表、12月上旬に出荷を開始する。価格はオープン、予想実売価格は4万7800円だ(税込み)。

 LCD-AD221PEBは、LANケーブルから電源供給を行なえる「UPOE」「PoE+」規格に対応した21.5型ワイド液晶ディスプレイで、ACコンセントの位置を気にすることなく設置することが可能だ。

 表示解像度は1920×1080ドットに対応。またブルーライトを最大60%低減できる「ブルーリダクション」機能も備えている。映像入力はDVI、アナログD-Subを装備。出力1ワット×2のステレオスピーカーも内蔵、本体サイズは507(幅)×178(奥行き)×390(高さ)ミリ、重量は3.5キロ(スタンド含む)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう