ニュース
» 2013年12月25日 15時50分 UPDATE

マイクロソフト、Windows 7向けIE 11の自動アップグレード開始──1月2週目より順次

Windows 7向けInternet Explorer 11の自動アップグレードが1月第2週よりはじまる。自動配布を無効化するツールも用意する。

[ITmedia]
photo  

 日本マイクロソフトは12月25日、2013年11月にリリースしたWindows 7向けInternet Exolorer(IE)11の自動アップグレード(Windowsアップデートにて自動配布)を2014年1月第2週目より順次行うと告知した。

 IE 11はWindows 8.1に標準搭載されるバージョン。前バージョン比でWebサイト表示を30%高速化するパフォーマンス改善やWebブラウザ上での3Dレンダリングを可能にする標準仕様「WebGL」をサポートしたほか、セキュリティ性、信頼性の向上も果たした。

 なお、企業ユーザーなど「勝手にアップグレードされては困る」層に向け、自動配布を無効化する「Internet Explorer 11 Blocker Toolkit」も公開している。

関連キーワード

IE 11 | 自動更新 | Windows 7 | Windows 8.1 | WebGL


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.