ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IE 11」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Internet Explorer 11

Windowsフロントライン:
IE11サポート終了の本当の問題って何だろう
登場から27年、Internet Explorerがついに終了を迎えた。紆余(うよ)曲折を経た長い道のりだったが、そこから見えてきた“本当の問題”について考えてみよう。(2022/6/23)

Internet Explorer終了でネットに追悼の声 愛なのか怨嗟なのかよく分からない複雑な思いが入り交じる
それは追悼なのか……?(2022/6/16)

ありがとう、Internet Explorer Twitterで飛び交う“はなむけの言葉”
米Microsoftは6月15日(現地時間)、Webブラウザ「Internet Explorer(IE) 11」のサポートを終了した。その衝撃は大きく、16日のTwitterでは「Internet Explorer」が日本トレンド入り。多くのユーザーがさまざまな“はなむけの言葉”を贈っている。(2022/6/16)

IEがとうとう6月16日でサポート終了し、段階的にEdgeへ移行 IE依存のシステムに危機迫る
今のところはEdgeのIE互換モードでしのげますが、根本的な解決には……。(2022/6/14)

Internet Explorer 11 デスクトップアプリは6月15日にサポート終了
Microsoftは、Internet Explorer 11 デスクトップアプリケーションのサポートを6月15日に終了する。(2022/6/10)

IEサポート終了まで残り1週間、準備は終わった? IPAの注意喚起を改めてチェック
米Microsoftが提供するWebブラウザ「Internet Explorer」(IE)のサポート終了まで残り1週間となった。6月16日(日本時間)のサポート終了以降、IEを起動できなくなるため、IPAはIEコンテンツの利用者と提供者に必要な対応を紹介している。(2022/6/9)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(125):
サポート期限は大丈夫ですか? Windows、Windows Server、SQL Server、Office、IEの最新ライフサイクル情報を確認せよ
2022年5月から数カ月、WindowsおよびMicrosoftテクノロジーの製品ライフサイクルの終了が続きます。また半年後には、Windows 8.1とWindows Server 2012/2012 R2のライフサイクル終了が控えています。Windows 11や最新のOfficeアプリのリリース以降、サービスチャネルやサービス期間の変更もあります。最新情報をいま一度、確認しておきましょう。(2022/5/31)

無料VPNサービス「Microsoft Edge Secure Network」発表 Canaryチャネルでテストを開始
米Microsoftが、無償のVPNサービス「Microsoft Edge Secure Network」を正式に発表した。まずは小規模なユーザーを対象に、プレビュー版として提供される。(2022/5/17)

さよならIE:
待ったなし! Internet Explorer(IE)完全終了に備える【まとめ】
2022年6月、長らくWindows OSに標準装備されてきたInternet Explorer(IE)のサポートがほぼ終了する。事前に何をすべきなのか? その後はいつ何が起こるのか? どのように対策すればいいのか? トラブルが生じたら? IE終了に関する数々の疑問に答える記事やドキュメント、ブログを紹介する。(2022/5/11)

Windowsフロントライン:
Edgeブラウザの最新機能とIE11のサポート終了
今回は、Edgeブラウザに実装された最新機能と、2022年6月15日でサポート終了を向かえるInternet Explorer 11について、直近の動向をまとめた。(2022/5/9)

ニコニコ動画、IE 11のサポートを終了 開いてもサービスを利用できないように
ドワンゴが、「ニコニコ動画」のPC版で、Webブラウザ「Internet Explorer 11」のサポートを終了した。IE 11でニコニコ動画を開くと「お使いの環境はサポートされていません」と表示され、サービスが利用できない状態になっている。(2022/3/30)

PayPay銀行、Firefoxのサポートを3月25日で終了 「IEよりも先とは」と嘆きの声
IEも近日中に対象外となり、以後、Windowsでの推奨環境はEdgeとChromeのみとなります。(2022/3/18)

PR:ビジネスPCにWindows 11は導入すべきか? ハイブリッドワークを見据えた企業ITの将来像
(2022/3/3)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(119):
あの通知を消したい! スモールビジネス向けのIE 11提供終了とWindows 11非対応の通知を制御する方法
Windowsやアプリケーションがユーザーに提供する通知をエンドユーザーに見せたくない、一括で消したいというニーズは、特に小規模なビジネス環境ではあると思います。Internet Explorer(IE)11とWindows 11に関する最近のあの通知をどうにかする方法を紹介します。(2022/3/1)

Tech TIPS:
サポート終了、知らずに使い続けると危ないMicrosoft製品主要リスト(2021年/2022年版)
Microsoftが提供する製品やサービスには、サポート期間が設定されており、サポート期間中は更新プログラムなどの提供が行われる。しかし、サポート期間が終了すると、セキュリティ更新プログラムの提供が止まり、使い続けることが危険な状態となる。サポート期間は製品ごとに設定されており、若干分かりにくい。そこで、2021年にサポートが終了した主な製品、2022年にサポートが終了する主な製品を一覧表にした。(2022/2/4)

Microsoftが「Cリリース」の更新プログラムを公開 Bluetoothオーディオ停止などの問題を修正
米Microsoftは1月25日(現地時間)、Windows向け更新プログラムを公開した。今回の更新は「Cリリース」という分類に入るもので、月例アップデートに先立って機能改善や不具合修正のプログラムを提供するものだ。(2022/1/26)

Windows 11時代に突入するIoT機器向けWindows(1):
ついに登場したWindows 11、IoT機器向けでは何が変わるのか
2021年10月に正式リリースされたWindows 11。組み込み機器向けあらためIoT機器向けのWindowsは、このWindows 11の登場によってどうなるのだろうか。本連載では、何が変わるのか、そして何が変わらないのかを中心に最新情報を紹介する。第1回は、IoT機器向けWindows 10/11の全体像について解説する。(2022/1/26)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(116):
Windows 10/11の「IEモード」のサイトリストをMicrosoft 365管理センターから集中管理する方法
Microsoftは2021年11月のMicrosoft Edge バージョン96のリリースと同時に、Microsoft 365管理センターで「IEモードのクラウドサイトリスト管理(Cloud Site List Management for IE mode)」機能がパブリックプレビューとして利用可能になったことを発表しました。この機能で配布されるサイトリストは、Microsoft Edge バージョン93以降で利用できますが、どのような機能なのか歴史的な背景を含めてレビューします。(2022/1/18)

山市良のうぃんどうず日記(222):
年末年始恒例、「2022年にサポートが終了する」Microsoft製品――Windows 10は? IEは?
毎年この時期になると、筆者の連載で必ず取り上げるのが、この先1年でサポートが終了するMicrosoft製品や技術に関する情報です。2022年も多くの製品でサポートが終了します。(2021/12/28)

問題が解決するまで専任の担当者が徹底支援:
PR:Windows 11移行時のアプリ互換性に不安があるなら絶対に利用したい無償の技術サポートサービス「App Assure(互換性支援サービス)」とは
「新しいOSへの移行」は企業システムにおける懸念事項の一つだ。「Windows 11」への移行でも、アプリやハードウェアの互換性が心配でなかなか踏み切れないということもあるだろう。そうしたOS移行にまつわる不安や懸念を解消してくれる無償の技術サポートサービスがあることはご存じだろうか。(2021/12/20)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(114):
Microsoft Officeの製品サポートとサービス接続サポートを再確認
Microsoft OfficeとWindowsの組み合わせは、恐らく最も一般的な、そして古くから慣れ親しんでいる企業クライアントPCの構成です。デスクトップアプリケーションとしてのOfficeアプリは現在も提供されていますが、バックエンドとなるサービスは、以前のOfficeサーバ製品からMicrosoft 365(旧称、Office 365)へと切り替わっています。(2021/12/14)

IT担当者必見!:
PR:働き方のアップデートに「Windows 11×モダンPC」をどう活用すべき? 日本マイクロソフトの中の人に直接聞いてみた
「働き方改革」は、大企業だけでなく中小企業も取り組むべき課題である。その解決の一助となりうるのが、Windows 11を搭載する「モダンPC」だ。「日本で一番Windows 11に詳しい人」に、モダンPCやWindows 11を導入するメリットについて話を伺った。(2021/12/9)

山市良のうぃんどうず日記(216):
迫るサポート終了の日! それでもまだIEを使いたい
MicrosoftはユーザーをレガシーなInternet ExplorerからモダンブラウザであるChromium版Microsoft Edgeに移行させるため、手を替え品を替え(とは言い過ぎかもしれませんが)、積極的に、時には強引に動いています。Windows 10におけるIEのサポートは「2022年6月15日」まで続くのですから、それまではそっとしておいてください……と言いたいです。(2021/10/6)

NTT東とIPA「シン・テレワークシステム」にWeb版 無償で職場PCにリモートアクセス
NTT東日本と独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は8月5日、自宅などのテレワーク環境から職場のPCにリモートアクセスできるサービス「シン・テレワークシステム」のHTML5版の提供を開始した。また、無償提供期間を2022年3月31日まで延長する。(2021/8/6)

プレミアムコンテンツ:
Internet Explorerが終わる日 代役ブラウザの本命は
Microsoftはついに「Internet Explorer」(IE)のサポートを終了する。IEの代役として、今度はどのWebブラウザを使えばよいのか。最適な移行先や移行方法を選択するためのヒントを説明する。(2021/8/6)

山市良のうぃんどうず日記(212):
「Windows 11」の登場予告で、WindowsとWindows Server周辺は大混乱?
2021年6月後半、「Windows 11」の突然の発表により、WindowsとWindows Serverのこれからについて、Internet Explorerの今後について、誤解や混乱が生じているようです。ちょっと整理してみましょう。なお、本稿には開発中のビルドに関する情報が含まれます。正式リリース時は状況が変わっている可能性があることにご注意ください。つまり、“話半分”で聞いてください。(2021/8/4)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(104):
業務継続性確保のために、モダンブラウザ二刀流のススメ
2021年3月13日にレガシーなMicrosoft Edgeのサポートが終了し、2021年4月のセキュリティ更新までにアプリの削除と新しいMicrosoft Edgeへの置き換えが行われました。Internet Explorer 11のサポートも、1年後の2022年6月に終了することが発表されています。Microsoftが推奨するのは、新しいMicrosoft Edgeの安定版、最新バージョンということになりますが、モダンブラウザを新しいMicrosoft Edgeだけに頼るのは業務継続性の観点からお勧めできない事例に遭遇しました。(2021/7/20)

特選プレミアムコンテンツガイド
Internet Explorerが終わる日 代役ブラウザの本命は
Microsoftはついに「Internet Explorer」(IE)のサポートを終了する。IEの代役として、今度はどのWebブラウザを使えばよいのか。最適な移行先や移行方法を選択するためのヒントを説明する。(2021/6/29)

バイバイCortana、IE11 Windows 11で消える機能まとめ
Windowsの新OS「Windows 11」で削除される機能を紹介する。IEの無効化やCortanaの縮小、Skypeがクリーンインストールされなくなるなどが、主な変更点だ。(2021/6/25)

Tech TIPS:
IE専用ページを緊急避難的にEdgeの「IEモード」で開く【Edgeトラブル対策】
Internet Explorer(IE)のサポートが終了してもIE専用ページを利用しなければならない……。そんなときに便利なMicrosoft Edgeの「IEモード」をなるべく簡単に利用する方法を紹介。ワンタッチでIEモードを「オン」/「オフ」する方法も併記する。(2022/6/22)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(143):
次期Windows Server「Windows Server 2022」のプレビューISOイメージが、評価版センターから入手可能に
これまでWindows Server Insiderプログラムを通じて提供されてきた長期サービスチャネル(LTSC)版Windows Serverの次期バージョン「Windows Server 2022」のプレビュー版が、評価版センターから入手可能になりました。(2021/6/10)

Windowsフロントライン:
IE11の終了に向けて知っておくべきこと
長年利用されてきた「Internet Explorer 11」が2022年6月15日でサポート終了を向かえる。日本マイクロソフトが記者発表会を行ったので、そこから見えてきたことをまとめた。(2021/6/7)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(186):
IEサポート終了直前! Windows 10の「IEのバージョン情報」はいつ変わったの? いつでしょう?
Windows Server 2016以降のWindows ServerやWindows 10の「Internet Explorer(IE)」のバージョン情報が、以前と異なっていることに最近気が付きました。新しい「Internet Explorerのバージョン情報」は「Windowsのバージョン情報」(winver.exe)とタイトルバーを除き、全く同じものになっています。いつの間に変わったのでしょうか?(2021/6/2)

Windows 10 The Latest:
Windows 10 May 2021 Update(バージョン21H1)で追加された機能、削除された機能まとめ
2021年5月21日に2021年の上期(春)の機能アップデート「Windows 10 May 2021 Update(バージョン21H1)」の正式提供が開始された。既にWindows Updateのオプションの更新プログラムとして多くのPCに提供されているようだ。そこで、このMay 2021 Updateで追加された機能、削除された機能についてまとめてみた。(2021/5/27)

Windowsフロントライン:
IE11がついに2022年6月15日で終了へ 日本でのシェアは?
ついにInternet Explore 11のサポート終了日程が明らかにされた。その意味と今後の影響、日本におけるブラウザシェアから見えてきたことを考える。(2021/5/21)

Internet Explorer 11がサポート終了へ デスクトップアプリは2022年6月で提供終了
今後はMicrosoft Edgeへの移行を推奨しています。(2021/5/20)

Microsoft、IE(Internet Explorer)サポート終了は2022年6月15日
Microsoftが、Webブラウザ「Internet Explorer」(IE)のサポートを2022年6月15日(日本では6月16日)に終了すると発表した。「Microsoft Edge」の「IEモード」は2029年まではサポートする。(2021/5/20)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(183):
世にも奇妙な「Windows 10」
今回は、Windows 10を日常的に利用していて、最近筆者が気になっている原因不明の奇妙な挙動の数々をまとめてみました。(2021/4/14)

Webブラウザのイノベーションが加速か
「Edge」レガシー版終了へ Chromium版への移行で起こる“破壊的な変化”とは?
Microsoftはレガシー版の「Microsoft Edge」を一掃し、「Chromium」ベースの新しいEdgeにリプレースする計画だ。これはレガシー版EdgeユーザーやWebブラウザ市場にどのような変化をもたらすのか。(2021/3/21)

Tech TIPS:
サポート終了、知らずに使い続けると危ないMicrosoft製品主要リスト(2020年/2021年版)
Microsoftが提供する製品やサービスには、サポート期間が設定されており、サポート期間中は更新プログラムなどの提供が行われる。しかし、サポート期間が終了すると、セキュリティ更新プログラムの提供が止まり、使い続けることが危ない状態となる。サポート期間は製品ごとに設定されており、若干分かりにくい。そこで、2020年にサポートが終了した主な製品、2021年にサポートが終了する主な製品を一覧表にした。(2021/2/26)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(91):
2021年にサポートが終了するMicrosoft製品まとめ
前回(第90回)は、Windows 10とMicrosoft Office製品について、2021年以降のサポートライフサイクルを再確認しました。今回は視点を変えて、2021年内にサポートが終了するMicrosoftの製品/技術についてまとめます。(2021/1/12)

開発者ごとに要望が異なる:
まだまだ続くWebブラウザの非互換性、Mozillaが調査レポートを公開
Mozillaは、世界のWebデザイナーと開発者を対象とした年次ニーズ調査の結果をまとめたレポート「MDN Web Developer Needs Assessment(DNA)2020」を公開した。前回の調査に引き続いてWebブラウザの非互換性に対する不満が高いことが分かったものの、Webプラットフォームへの全体的な満足度は高かった。(2021/1/8)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(90):
今使っているWindows/Officeは大丈夫? 2021年以降を見据えて、各バージョンのライフサイクルを再確認
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響を大きく受けた2020年も残すところあとわずか。その影響はどうやら2021年も続きそうです。企業はテレワーク導入の推進を求められたこともあって、企業クライアントPCの更新管理やシステム更改に大きな影響を受けたことでしょう。Windows 10とMicrosoft Office製品について、現時点でのサポートライフサイクルを再確認し、2021年以降の計画に生かしましょう。(2020/12/28)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(130):
Azureポータルの“IEサポート”が2021年3月末で終了、その後はどうする?
最新のWebエクスペリエンスを得るには、「モダンブラウザ」と呼ばれる最新のWebブラウザを利用する必要があります。かつて、Windowsの標準ブラウザであった「Internet Explorer(IE)」はモダンブラウザではなく、IE非対応のWebサイトやサービスが多くなりました。Azureポータルもまた、2021年3月末でIEのサポートを終了します。(2020/12/17)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(89):
新しいMicrosoft Edgeの「URL許可リスト/URLブロックリスト」機能はどれだけ“使える”のか?
Chromiumベースの新しい「Microsoft Edge」は、URL許可リストおよびURLブロックリストを定義することで、許可リストやブロックリストによるWebアクセスの許可/禁止を簡単に実現することができます。(2020/12/15)

IE延命措置への依存は禁物
「Internet Explorerが終わる日」現実へ 一部サイトをIEで開くとEdgeで強制表示
Microsoftは、一部のWebサイトを「Internet Explorer」ではなく「Microsoft Edge」で強制的に表示するようにした。専門家は、現実味を帯びてきた「IEの終わり」への準備が必要だと指摘している。(2020/12/13)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(174):
Chromium版Edgeってホントに自動更新されているの? 心配なので見える化して検証
Chromium版「Microsoft Edge」は、Google ChromeやMozilla Firefoxなど他のモダンブラウザと同様に自動更新機能を備えており、最新状態に維持されるようになっています。しかし、新しいものには不具合は付きもの、Chromium版Microsoft Edgeの自動更新がちゃんと機能しているのかどうか心配になったので確かめてみました。(2020/12/3)

Windowsフロントライン:
「Flashが終わり」を迎える2020年末、そして“復活”へ
2017年の発表から2年半以上が経過し、ついにFlash Playerのサポートが終了を迎える。その現状と今後についてまとめた。(2020/12/1)

「IE限定Webアプリ」の利用期限はいつ? 終了のXデーは
Chromium版Edgeの配信開始時は、IEが前提のシステムの対応が問題となった。それから約10カ月後の「Windows 10 October 2020 Update」(Windows 10 20H2)ではついにEdgeへの本格的な置き換えが始まった。今も細々と残るIEが前提の業務アプリ類はいつまで使い続けられるだろうか。(2020/11/27)

さくらインターネット、全サービスでIEのサポートを終了
さくらインターネットが、全サービスでInternet Explorerのサポートを2021年4月1日に終了する。以降は閲覧や動作に支障が生じる場合がある。(2020/10/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。