ニュース
» 2014年01月16日 18時00分 UPDATE

2013年PC秋冬モデル:富士通、一部仕様を強化したエントリークラスのノートPCと液晶一体型PC

富士通は2013年PC秋冬モデルに一部仕様を強化したノートPCと液晶一体型PCを追加し、1月23日に発売する。

[ITmedia]

 富士通は1月16日、個人向けPCの2013年秋冬モデルに一部仕様を強化した製品を追加したと発表した。ラインアップに加わったのは、15.6型ノートPC「FMV LIFEBOOK AH42/M」(型名:FMVA42MW2)と、21.5型サイズの液晶一体型デスクトップPC「FMV ESPRIMO FH52/M」(型名:FMVF52MW2)の2モデルだ。発売日は2014年1月23日、価格はオープン。

 AH42/M(FMVA42MW2)は、CPUを現行モデルのFMVA42MWが搭載するPentium 3556U(1.7GHz)からPentium 3558U(1.7GHz)に変更した。CPUや内蔵グラフィックスの基本性能は同じだが、新たにIntel Quick Sync Videoをサポートしている。それ以外の仕様に変更はない。実売価格は12万円強の見込みだ。

 FH52/M(FMVF52MW2)は、オフィススイートを現行モデルのFMVF52MWが搭載するOffice Personal 2013からOffice Home and Business 2013に変更した。それ以外の仕様に変更はない。実売価格は15万円前後の見込みだ。

tm_1401fmv_01.jpgtm_1401fmv_02.jpg 左が「FMV LIFEBOOK AH42/M」(型名:FMVA42MW2)、右が「FMV ESPRIMO FH52/M」(型名:FMVF52MW2)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.